【郡上】三月のファンタジア「郡上世界」 - 最新ネタ

【郡上】三月のファンタジア「郡上世界」

2020年03月28日
最新ネタ 0
コロナ禍が騒がれる昨今、皆様どうお過ごしか。
おじさんは去年10月にケンさん殿にケンカ売っちゃったからね、土下座をしに北濃へ行ったよ。

【第388話】岐阜県岐阜市~郡上市




そんなわけで特別車。
おじさんは人間嫌い、人ゴミ嫌い、都会嫌いという陰キャ中二病を患っておるので朝っぱらから名古屋方面へ行く際は特別車を使うことを余儀なくされるわけじゃが、昨今の状況はそれも対策となる。



名古屋を越えれば特別車に乗る意味すらなくなるほどにガラッガラになるのじゃが、それにしてもお前らどこに隠してんだってぐらいマスクの着用率が高い。
おじさんなんかインフルエンザにも花粉症にもなったことがない人間なのでマスクの備蓄なんて考えたこともなかったので「お前ら本当はそのマスク4日目ぐらいのもの使ってんじゃねーの?」的なことを車窓から向かいのホームを見て思うわけです。
ただ、インフルエンザにも花粉症にもなったことがないとはいえ神経と胃腸機能は死んでおるので、何も知らん人間が見れば風邪としか思えんような挙動を見せたりするわけです。一々説明するのが大変だよ。
こうしてどんどんと人間から遠ざかり、知人・友人としか関わりたくなくなるわけです。ま~辛いね。
おじさんなんかもう一人慣れしとるのでなんの抵抗もありませんけど、昨今の若者は誰かと繋がっていないとやってられんぐらい軟弱な精神をしておるのでおじさんのような環境で生活するのは無理でしょう。こっちも誰かと常時接続の関係なんてまっぴらごめんですけど。



それはいいとして岐阜駅前。なんというか、何も言う気が無くなる青空だね。
今日は暑くなるらしいよ。ここめっちゃ寒いけど。
(因みにこの日の岐阜市の気温の最高/最低は20.7℃/3.7℃であった。)



折角なので金公園から移設されたモ513も見ていこう。
すんげー結露。お前はマスクをしたら眼鏡が曇ったワシか。



今回は岐阜から郡上八幡を目指す。
前回は名古屋BCから郡上八幡を目指したが、汚染都市名古屋に長く滞在したくないのに朝マクドを優雅に頂くぐらいには時間が余っていたので今回は名古屋より人は少ない岐阜から行ってみようという算段である。



岐阜駅から郡上八幡へ行く際は予約が要らんらしい。
きっぷ前払いか完全車内清算かわからんかったので岐阜バスターミナル旅行センター行ってみたら郡上八幡行専用で券売機があったので往復で事前購入。往復で買うと帰り分が310円割引されるんだね。知らなかった。嬉しい誤算だ。

因みに知立から名古屋ルート、岐阜ルートをそれぞれ選んだ場合にどれだけ金額に差が出るのか調べたところ、
名古屋ルート 1,020+4,100=5,120円
岐阜ルート 2,020+2,790=4,810円
で差額は310円であった。名古屋ルートにも往復割引が適用されるので割引がなければ名古屋と値段同じ!というわけではない。





斯くて郡上八幡駅着。駅前に停車してくれるのも今回岐阜ルートを選んだ理由の一つでもある。
名古屋ルートは終点が城下町プラザで駅前行ってくれんのだわ。

さて、北濃行きが来るまで約1時間あるので色々なことができる。駅の中にあるものを一つ一つ潰していこう。



なんか駅ノートがあったわ。2018.11に来た時はこんなもんなかったのに。
有人駅でNo.2が置かれるほどってことはちゃんと許可とってんだね。
こういうことやる鉄オタって自分の自尊心と自己顕示欲を示すために平気で誇張とウソをつくザコが沢山おる(鉄オタに限らん話じゃが、似たようなのをtwitterで散見されるよね)ので「許可をもらって設置しました!」とか言われても信じないんじゃが、ここは大丈夫みたいだね。



ケンさん殿おるやんけ!と叫ぶ。



元ネタは明らかにコイツやね。
おじさんは読者ご存じの通り昔からおよしちゃんを知っていたので「何故今更自ら蒸し返した?」という感想しかなかったんじゃが、どうにもこのツイートで結構な反響があったらしい。



尚、およしちゃんの設定では「およしちゃんは人柱故に郡上八幡駅までは来られない」という設定があるので厳密にはこの絵のようなことは起こらないのだが、それを指摘するのは無粋というものだろう。



それはエエねん、今回態々郡上八幡駅に寄り道した理由はこれだよ。



2月下旬に北濃へ行こうとしていたのを急遽3月上旬に持ってきた最たる理由がこれである。
近くまで行って「発足当初から追ってるコンテンツに動きがあった」ってなったらそら日程合わせるよね。






しかも観光案内所と公式公認のノート付きである。アカン、描くもんができてもうた。

実はこの話が出た時にじゃあ用意したろ、とは思っていた。ただ約1週間しかない。皆さん知っての通りおじさんは付箋にちっさい絵を描くだけで平気で1時間かかるド遅筆なので1週間「しか」ないのだ。


で、考えるわけだよ。最初はいつものピンバッチ方式にしたろうかなって思ったんじゃ。でもキャラ5人描くとしたらバッチ方式じゃ詰込みでキャラだけになっちまう気がした。やっぱりね、どっかにランドマーク的な風景入れたかったんだよね。



そんで前回の南紀勝浦テンプレを拝借しようと思ったんだ。これならまだいけると思ったんじゃがこの構想で既に1日消費。
おじさんこれでも働いてますんで、帰宅して色々アレコレやってから取り掛かるので正直描く時間なんて1日2時間もない。
で、下描きに1~2日、1キャラ1日でもう1週間。間に合わんね。だから今回は描くのをやめた。

そらね、やろうと思えば30分ぐらいでそれなりには描けますよ。でもおじさんは時間がないからって質の低い絵を残して自らの評価を下げる粗製濫造行為は卒業しましたんで、これはもうまたの機会。しかし、繰り越したからには南紀勝浦レベルのものを用意しなければならないのは必至。また自らハードルを上げてしまった気がしてならない(苦)。



およしちゃんの専属画家鼻ノ心殿の生絵が見られたので個人的には満足である。
おじさんもこう、ケンさん殿や鼻ノ心殿みたいに直感的に描けたらいいんですけどね。なんか性格的にいらんこと考えてしまうんですよね。



まあ待っとってくれ、近いうちにそれなりに心を込めたものを持ってくるよ。



郡上八幡は食品サンプルで有名。
まだ現地で買えるバンめし♪グッズもない(ような気がする)のでここでキーアイテムのおにぎりや鮎を買っていくのもよかろう。

388v.jpg

目当てのポストカードを貰うついでにマンホールカードも頂いた。
貰う時に交通手段も聞かれたのでこれからの参考にするのかもしれんね。



まだ時間があるので郡上八幡駅舎カフェにて明宝フランクを頂いた。
まだ時間外なので今回はいただけなかったが、おにぎりセットは実質バンめし♪飯なのに良心的な価格でとてもいい。オタクから搾取するためのボッタクリ飯ばかり見てきているだけに。



時間が近づいてきたのでホームに向かうこととする。



なにやら切り替えの故障が起こったらしく美濃太田行きが10分遅れておるらしい。
今日みたいなあまり時間に追われない日だったら10分だろうが30分だろうが心穏やかに待つことが……いや、30分はちょっと考えるかもしれん。



北濃行きは時間通りの到着。来たのはナガラ502「川風号」であった。第三セクターを侵食する水戸岡車やね。

【第389話】岐阜県郡上市


389v.jpg

北濃の一つ前、白山長滝駅で降りたわけじゃが……いきなりこれだよ。テンション上がるよね。



折角なので長瀧白山神社へ参拝。
今季は大が付くほどの暖冬と言われとるが、豪雪地帯に来るとまざまざと実感させられる。
【第82話】SNOWY THRILL*では膝が埋まるほど積もっていた雪が全くない。それどころか暖かいを通り越して太陽の直射日光は暑いの一歩手前の体感。なんなんだ。



拝殿にて参拝を終え散策。この拝殿にて1/6に六日祭(花奪い祭)が行われる。天井から吊るされた花笠を人間が櫓を組んで奪い合うアレである。東海地方在住の人はニュースで見たこともあるかもしれん。
2月以降じゃなくてよかったね。間違いなく中止になってたよ。

奥で女性宮司さんがラジオをかけながら作業をしている長閑な郡上市北部。
挨拶をして「今年は本当に暖冬ですね~」などと他愛もない話で盛り上がる。やっぱりこいつは旅先で誰かと話している。



それでは次のチェックポイントへ……と言ってもすぐそこなんだよね。
歩を進める毎にだんだんと迫る冠雪した白山が非常にアツい。
5月の奥飛騨でもよく見られる、おじさんが一番好きな構図です。



チェックポイントの道の駅 白山文化の里長滝。詳細は先に書いとるのでそっち見てね。

【26駅目】道の駅 白山文化の里長滝

基本情報地図公式道の駅 白山文化の里長滝路地裏所感国道158号線、長良川鉄道と長良川に挟まれた道の駅。奥には白く染まった白山が見え、大変ロケーションが良い。アクセスはバスだと白鳥交通「北濃長滝」バス停かな。長良川鉄道の白山長滝駅からも徒歩7分程度の場所なので公共交通でのアクセス難易度は低い。尚、火曜定休。いつものように火曜にやっていたらまた火曜日のカルマに引っかかるところであった。駅隣接の清流長良川あ...




更に北濃駅へと歩を進める。
道の駅は白山長滝と北濃の間ぐらいにあるので北濃はそれほど遠くない。道の駅から徒歩10分ぐらいかな。



途中、乗ってたガラガラながらが北濃から折り返してきた。
これで次の美濃太田行きまで86分あるわけじゃが、色々とやることを決めておると86分なんてすぐである。



斯くて終着北濃駅。
全く疲れておりません。それどころかこの快晴と陽気な気温と白山の冠雪でキメたかのようにテンション高めである。



前と一番変わった点はやっぱり花まんまからリノベーションされた終着北濃駅かな。



ホームも変わらずかな。駅名標の落書きのようなスプレー跡も健在でどこか懐かしい。



で、これだよこれ。
相変わらず駅ノートにおける「許可」は説得力がないが、これ見たところ筆跡が郡上八幡と同じやね。
ということはそこら辺の野良鉄オタが置いたわけでも……と言っても美濃赤坂とも筆跡が一致しとるのでまだ何とも言えん。安易に信用してはならん。



で、今回の旅の目的はこれですよ。
10月19日に上げた記事で「事務員描くなら北濃とか東栄でやれや!」とケンカ売ったその2週間後の11月2日に描かれて完全敗北したアレです。

【大阪~鳥取】満ち足りた日々よりも足りてないくらいがいい

最早毎年恒例となった猛暑も彼岸に入り一段落。動きやすい気温になってきたらさあ今度はこちらのターンだ。今年もこの時期恒例の山陰旅行を開始する。いつものようにチラ見せだが、最早本編レベルで長くなっているのは内緒だ。【第373話】愛知県 新豊田駅~大阪駅~若桜鉄道 隼駅今回の始まりは名古屋ではなく豊田。320話で使ったJAMJAMを使ってまずは大阪へ出る。因みにこの日は豊田スタジアムでラグビーがあったようで三河線は増...


描いてくれたことの感謝と「あんたロム専でおったんかい!」でなんと表現したらいいかわからなかったんですけど、とりあえずこの目で確認することが一番の感謝になるであろうとは思ったので今回ここまで来たわけだね。
勿論、ノートネタだけではセンスがないのでこうやって岐阜駅前とか郡上八幡とか追加したわけである。



場所はここやね。「なんや不審者(抜作先生)がおる!目合わせたら危険じゃけ、ミラー越しに見たろ!」的な感じを思い描いたのかな。でも普段人の少ない待合室にハゲ2人おったらこんな表情で済まない気がしないでもない(爆)。
それにしてもこのミラー窓は実に厄介じゃ。自分が写りこまないようにしながらも絵と実際の風景を合わせるのに若干手こずった。



事務員はこの絵あたりを参考にしてますね?

それじゃあお前はどうなんだって話でこんなのを今回は描いたわけである。



もうおじさんと言えば描ければオッケーの単純思考でなければ、車で乗り付けて「何もない」言って帰るような浅い人間でもないじゃないですか。そうなんです、無駄に凝った。
今回描く上で苦労したのが越えるべき課題を多く設定してしまったことである。
  1. レイアウト
    最初は前回手応えのあった南紀勝浦テンプレをためそうかなとも思ったんじゃが、あれって複数のものを一つにまとめる時は中々いいレイアウトになるけど、今回みたいな風景だけじゃない、キャラだけでもないって時にはまとまりが悪いんですよ。おじさんの表現力がクソなだけかもしれんけど。
    なんて言えばいいのかイマイチわからんけど、まとまった一つのセルを組み合わせる時はいいんですけど、今回みたいな一つ一つが独立したパーツだと嵌らないんです。そんで結局戻していつものリボンバッチにすることにしたんだ。やっぱりおじさんの表現力がクソなだけだと思う。
  2. 長良川鉄道であることを強調
    これは大事だね、鉄道駅だし。これに関しては今回はながらを描くことにしたよ。ネコロジーとかGJ8マンとかもあったけどわりと面倒だしこれ以上キャラ増やしたら死ぬ。
  3. 終着北濃駅を応援するイラストにしなければならない
    最近のおじさんのコンセプトは「ガンバ絵」ですからね。これは最重要項目である。
  4. ハゲ2人と事務員を登場させる
    これが割と難しい。どう足掻いてもギャグにしかならん。最初は転車台で描こうとも思ったんじゃが地味だし転車台で遊ばせるのもちょっと違うし、転車台で抜作先生のケツ見せるのも違う(というかそれって長良川鉄道を侮辱してないか?)。



▲ガンバレ!ナカムラくん!

最初はケンさん殿も転車台で描こうとしていたようだね。理由は日没みたいですけど。
そんでじゃあ白山長滝神社の花祭りにするかとも思ったんじゃが、ワシの中でラインがあって白山長滝までが白鳥、北濃からは石徹白・ひるがのって勝手に思っておるのでなんか違うなあとなるわけです。これが白山長滝駅ならよかったんですけど。

じゃあってんで出したのが阿弥陀ヶ滝だった。
ちなみに別にこの絵、滝つぼに入水するハゲ2人を見てドンビキする事務員ってわけではなく、頭の「禊」の文字からもわかるようにこれは阿弥陀ヶ滝禊祭りの様子を描いたものである。
最初は吹き出しを付けてそこに事務員の表情を描いてやろうとも思ったがそれでは説明的だし、ケンさん殿の絵でいつも出てくる便底眼鏡おじさんも今回は後頭部のみで表情を伺い知ることができなかったので、そのあたりも合わせて「見てもらった人に表情を想像してもらおう」という意図を込めることにした。ただ描いてるように見えてかなり考えてんですよこれ。

おじさんはもう社交辞令のような「かわいい」とか「上手い」とか人によって変わる単純な感想なんて求めてはおらん。
是非見てもらった人にはここにはこんなものがあるのかと勉強してもらった上でこの作者が一番伝えたかった事・力を入れたところはどこかを推理してもらいたいのである。
そういう見方をしてもらえるとこちらとしても「よく見てくださってるな」「その通り!自分の表現力もちょっとはまともになったか」と判断できるし、もし自分の考えと違っていても「そういう見方をするのか」と反省材料にもなる。
勿論見る側の知識にもよるが、一つの指標としては十分だ。それが見ただけの誰でも言えそうな一言で終わってしまってはこちらとしては何の材料にもならないのだ。



ちなみに無駄に力強い書体はここから拝借。終着北濃駅応援とか言っといて終着北濃駅要素ここぐらいなんですよね。
失敗らしい失敗って言ったらそこかなあ。もう少し配慮すべきだった気がする。

20200319-1.jpg

そんなわけで終着北濃駅で昼飯。おじさんと言えばそうだね、麺類だね。
こんな場所ではあるが、平日にもかかわらず人が入れ代わり立ち代わりで入ってくるので一人で麺を啜るという感じにはならなかった。長良川鉄道の運転士の休憩場所にもなってそうだね。

それより驚いたのがトイレに無造作に手ピカジェルが置いてあったこと。
マスク強盗やトイレットペーパー買い占め野郎がおる中ここは超平和である。素晴らしい。



お帰りはナガラ300-304。



実に平和だよ。車窓からは畑仕事をする老夫婦がおれば、水を入れる前の田んぼに向かって畦道でゴルフしとるおじさんとかおるし。何だか世間が騒がしいのが馬鹿らしくなってくるよ。

この後郡上八幡に戻るわけだが、実はその前に日帰り温泉をやろうかと画策していた。
しかし「湯の平温泉」まで行くにしてもバス時刻がシビア、「美人の湯 しろとり」は公共交通機関がない、「やまと温泉 やすらぎ館」は美濃白鳥に着く時間に丁度いいバスがない、「子宝の湯」はそこまで下ってしまっては意味がないし定番すぎて面白くない……などと旅前から考えておったわけじゃが!





結局そのまま郡上八幡に帰ってきてしまったね(爆)。



折角なので土産を探しつつ郡上八幡を散策するわけじゃが、前回みたいに中国人や修学旅行の団体もおらん状態だったので非常に平和に、心穏やかに散策できた気がする。



お帰りは郡上八幡城下町プラザから。帰り券を忘れずに。



割と郡上八幡と岐阜市って距離があるもんで、帰ってきたら暗くなり始めておった。
折角なので「朝は結露状態だったし」ということでもう一度モ513を見に行ったらなんかライトアップしていた。こいつ光るんだね。

最初は金公園から移設する時に「どうせ岐阜市は扱いが雑」だとか「屋根が付いてない」とか色々言うたが金公園であのまま段ボールハウスの住人のような扱いを受けるぐらいならこうして多数の人の目に見える場所で余生を送るほうがマシなのではないか、そう考えるようになった。





ブルーモーメント到来、カメラの設定を変えて撮影してみると顔色が変わる。
朝の結露姿が月曜日のサラリーマンであるならば、これは宛ら高層階のたっかい店で一人でワインかカクテル飲んでるやり手のおっさんか。渋くて好い。



そんでキャンドゥ寄ったり岐阜ロフトのガチャコーナーにバス降車ボタンのガチャねーかなーとかやってたら結構時間を食ってこの時間。
丁度名古屋を通過する時間帯が帰宅ラッシュにあたるので帰りも特別車……というか岐阜から帰るときは一般車がガラガラであろうが気分で特別車乗っとるわけじゃが、この日はなんか知らんが展望席の一番前が取れた。たまにはそんな日もあってもいいか。

土産情報

【郡上八幡】忘れがたき土産選び

今回の旅の目的は郡上八幡ではなくあくまで北濃だったんだが、折角来たんだからということで地域貢献に協力。その結果土産が郡上八幡で買ったものばかりになってしまった(爆)のでタイトルも郡上八幡にした。さるぼぼさんのスイートポテトケーキ大量生産品は買いたくない!しかし何だか甘いものが食べたい気分だ!そこでクッキーを買わずにスイートポテトだったら許されるという謎ルールが発生、購入に至る。類似品に黒ごまスイー...

関連

【26駅目】道の駅 白山文化の里長滝

基本情報地図公式道の駅 白山文化の里長滝路地裏所感国道158号線、長良川鉄道と長良川に挟まれた道の駅。奥には白く染まった白山が見え、大変ロケーションが良い。アクセスはバスだと白鳥交通「北濃長滝」バス停かな。長良川鉄道の白山長滝駅からも徒歩7分程度の場所なので公共交通でのアクセス難易度は低い。尚、火曜定休。いつものように火曜にやっていたらまた火曜日のカルマに引っかかるところであった。駅隣接の清流長良川あ...

Can★Do 名鉄岐阜イクト店 探訪

名鉄岐阜駅隣接の商業施設の中にある。キャンドゥの大型店を三河にも作りなさいよ!ってマジで思う。数年かけて調査して距離に対して品揃えが一番なのはやっぱり地元のダイソーというのは結論が付いたけれども、それでもキャンドゥにしかないものって光って見えるほど魅力的なんですよ。たかが100円なのにね。EVA クッションシールあると何かと便利なクッションシール。ロジテックの外付けHDDの振動を少なくし音を小さくするために...



本社:第9章「梅を招きつつ楽しき終へめ」 (作成中)

【第388話】共鳴性白染仮面主義
岐阜県岐阜市~郡上市
【第389話】どうにかなる日々
岐阜県郡上市



関連記事
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

しらたき
この記事を書いた人: しらたき


コメント0件

コメントはまだありません