路地裏見聞録出張所2020 出張予定表 - 備忘録

路地裏見聞録出張所2020 出張予定表

2020年01月04日
備忘録 0
20200104-1.jpg
▲お前遂に死ぬらしいな

今日は2019に書くと言って書かなかった2020年の計画票を出す。
その前に路地裏見聞録出張所2019 出張予定表と見比べて、去年は計画通りに行ったのか確認してみようではないか。



こう見ると去年は中々予定通りだったように思う。
何で6月に事務員があるのか最初考えたがそういえば当初事務員の発売が6月だった。発売が3か月後の9月になったことによって事務員祭りが二週連続になったんだね。
10月の山陰が9月になったのは秋パスで行こうとしていたところに山陰フリーの発売が決まったからやね。
大阪発やくも帰りの日程になったことで鳥取側の移動が大半になり島根側はスルーという形になってしまった。一応松江は行ったけどあれは入った内に入らんやろ。

竹原は予定通りというか毎年恒例。尾道が美作三湯に変わったのは間違いなく温泉むすめの台頭やね。
というか、1、5、9、10、11月とネタの大半が温泉むすめ関連なのは如何なものなのか。そろそろ一般的なネタも入れたいよね。とかなんとか言いつつ今月も温泉むすめなの非常に申し訳ないんですけど。

ということで今年の予定表ドーン。



そんなに変わらないんですよ。
仕事納めの時にも言いましたけど、固定ネタができてしまっているので新規を入れるのが中々難しい状態になってしまっているので中々新規が入りづらいんですよね。
やめたらええがなって思うかもしれんけど、旅先で頂いた縁をそんな簡単に捨てられるかって話ですよ。おじさん人間不信で顔面が見えないネットのネタなんか公式でもない限り信用せん人間じゃけど、義理だけはアホみたいに堅い。自分で言うのもアレじゃけど。
だから2月に北濃へ行くわけです。まさか見とるわけもないやろと思って冗談で嗾けたらマジで北濃に事務員が現れてしまったので、じゃあ言ったことは守らなかんなというわけで行くわけです。真冬、雪深いであろう北濃に日々胃腸・自律神経で悩むおっさんが行って本当に大丈夫なのか、ホワイトのキャンバスに茶色の絵の具を垂らすことにならないか正直不安だらけではあるが、そんなことは事務員の前では口にしてはならんのです。やると言ったらやる、それが義理なのです。
幸いなのは今年は暖冬ということかな。SNSを見とると北濃周辺は全く雪がないんですよね。平湯ですら「もう一降りすればリフトが回せそう」という状態だそうで、結構ダメージありそうですね。
しかし暖冬と雖も雪が全く降っていないというわけではないし、暖冬だろうが寒いもんは寒いので(苦)、それなりの対策はしていこうと思う。

3月はいなべに行こうと思っている。
令和が万葉集の梅花の歌から取られたものであるように元来日本人にとって花見というのは桜ではなく梅であった。
じゃあ来年は梅で花見をしてやろう、そんな感じやね。令和令和と騒ぐよりよっぽどスマートな楽しみ方だと思う。
因みに路地裏見聞録第9章の副題「梅を招きつつ楽しき終へめ」も万葉集第5巻収録の「正月立ち春の来たらばかくしこそ梅を招きつつ楽しき終へめ」から取られている。適当に考えているようでこれでも時代背景に沿って考えてんですよ。
ただ、これはやらんかもしれん。どうなるかちょっとわからない。

3~4月はいつものOKAYAMA起点。リョービが回数券を廃止したことで3月下旬~4月上旬の運賃が跳ね上がったのが実に残念。
最初は4月の中盤にして新庄村のがいせん桜を中心に撮っていこうと思ったのだがここにきて尾道城と土堂小学校の件、そして10月に尾道に寄らなかったことで北前亭の店長に挨拶をしなかったので尾道に立ち寄る必要性をこのところ感じている。その場合は瀬戸内の気候に合わせて行くのを早めに設定しなければならないし、ここにきて道後温泉に行ってみたい機運が高まっておるのでどうなるかは全く不明。決定打が欲しいところ。

5月は毎年恒例のやつ。消費増税があったので少しランクが下がる可能性がある。
候補としてはまだ何とも言えんが紀伊半島と北アルプス周辺に沢山候補があるのでそのあたりになる気がしてならない(こういうこと言ってると大抵全く関係のないところに決まる)。

因みに今年で5回目になるが、今まで城崎→奥飛騨→城崎→奥飛騨と来ている。

夏は全くわからん!
海水浴をやるにしても正直年々おじさんが虚弱になっていっているというのに海水浴をやる体力があんのかという話だし、年々過酷さを増す夏の気候におじさんが耐えられるのか、心配しかないからである。おじさんは冬より夏が苦手だ。
逆を言えばこの機を見て御嶽とか開田高原、乗鞍とかある程度マシなところで精神を安定させようというのはスマートな選択になるかもしれない。
後なんか今年の8/18は(火)みたいなんですよね。干支一周記念!とかウケる?ウケんか。

10月は秋パス山陰。恐らく今年は使い勝手のいいきっぷは出んだろうということで秋パスでの利用に戻す。
2019は鳥取に時間を割いたので2020は島根・山口に全力を出す。秋吉台に行きたい機運が高まっておるので拠点は益田の緑ホモかなあ。帰りが夜行名古屋になる可能性が高いので最終日を松江・出雲周辺にして急なアクシデントにも確実に対応できる日程にする可能性が高い。サラダもあるけど梅田止まりだし梅田から名古屋帰るのがまー面倒なのでそれなら出雲でいいかなという感じ。早売5の運賃そんな変わらんしね。

今年の竹原は日曜日が11/1なので11/1~2となる。以降紅葉狩りとか冬の日程とかは全く不明。
体調がすぐれない日も多いしインドアに事務員ケースとか例の鳥取砂丘ジグソーとか、工作に勤しむんじゃないかな。2019年にできなかったしね。
関連記事
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

しらたき
この記事を書いた人: しらたき

コメント0件

コメントはまだありません