【21枚目】2016年10月18日 宇都井駅 - 小鳥のアトリエ

【21枚目】2016年10月18日 宇都井駅

2019年12月07日
小鳥のアトリエ 0
draw21.jpg

基になった風景

draw21.jpg

draw21.jpg

記録


21枚目にして今までとは気色の違う真面目な絵が登場。
列車を入れて描くのは大嵐に続き2例目ではあるが、キャラなしで描いたのは恐らくこれが初めてと思われる。
当時は廃止が決まった三江線でこの宇都井駅の扱いはどうなるのか、ということも注目されていたので一文を添えた。
廃線遺構として残るなんてよっぽどのことがないと残らないし三江線は距離が長い路線ですから、管理するほうとしてはさっさと更地にして問題を解消したいと思うのは当然ですから、廃止になって駅が壊されていくのは悲しいけど予見できることではありますよね。そんな中でも宇都井は注目度の高い駅ですから、数少ない地域の観光資源として残すべきだろうと思っていた。

因みにログを漁るとこんな戯言を残していた。

今回はしっかりとしたメッセージ性を持たせることにし、万が一テレビに映ってしまっても恥ずかしくなく、且つテレビを通じて訴えることができるイラストを、と真面目に考えた結果、事務員が消えて風景だけになった。

貴重な観光資源である三江線が廃線となるとこの地区は寂れる一方になってしまう。
幾らINAKAイルミというイベントを企画しても列車がなければ臨時のバスにでも頼るしかないし、抑々この宇都井駅を取り壊してしまうようではその魅力も半減である。

この過疎化の時代、時代の流れに抗うことなくただ指をくわえて衰退を待つのみではそれこそ先祖に申し訳が立たないのである。
どうにか先祖が残した土地や歴史を風化させることなく残してもらいたい、その一心で描かせてもらった。

所詮よそ者の戯言である。「初めて来たくせに何をエラソーに」と思われるのも尤もである。
ただ、我が地元にも蒲郡線という同じ道を歩もうとしている路線があるためにどうしても他人事にはなれなかった。
各所で言われているように鉄道が無くなって栄えた街はない。
鉄道は無くなってしまったけれど代替バスがあるから大丈夫、なんてこと言っている場合ではないのである。


案の定代替交通バス路線の田津線が廃止になるそうで。観光客って煩雑な経路を嫌うんですよ。
ただでさえ地元住民は車を使うのだから観光客に利用してもらって維持しなければならないもんなんじゃが、廃線前は鉄道という太い線があったのに廃線後は煩雑な路線図と乗り換え機会の少なさでどうしようもなくなってしまった。
そらあんた、隣に広島 - 石見川本 - 石見銀山 - 大田市の高速バス走ってたらそっち使うでしょうよ。

後日談として、漸く真面目に描いたのに某界隈にキャラがおらん言うてガッカリされた(苦)。
えーって感じだよね。常識的に考えて真面目な訴えに事務員なんて出せるかよって話である。

記入日2016年10月18日
登場話【第248話】私が行かないでどうすんだ
関連記事
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

しらたき
この記事を書いた人: しらたき


コメント0件

コメントはまだありません