【20枚目】2016年7月12日 東栄駅 - 小鳥のアトリエ

【20枚目】2016年7月12日 東栄駅

2019年12月04日
小鳥のアトリエ 0
draw20.jpg

基になった風景

draw20.jpg

記録


なんと20枚目。正直ようやるわ、ヘタクソのくせに。
「こいつは何時になったら上手くなるんだろう」そう思っている読者も数多くおるだろう。ワシもそう思う。
ただ、ワシが常々申しておるように絵というものはセンスを具現化したものであると思っている。上手くなろうと努力するのもスイッチの入れ方のセンスだし「ここをこうしたらもっと上手くなれる」と閃くのもセンスである。これってあらゆることに言えることだと思うんですけど、絵というものが導入自体は幼児からできるものとあって「自分もあの人のようになれる」と勘違いしやすいものなんでしょうね。
こう言うと「私はセンスという言葉が嫌いだ」とか言ってくる奴が一定数おるんですけど、結局のところ人によく見られたい、下層に対して当たり障りのないこと言って支持されたいだけで心の奥底では……もうこれ以上言わんでもいいか。

とりあえず言いたいのは、おじさんにはセンスがないので上手くなることはありません。悪しからず。
そんで自己採点というかセルフ赤ペン先生じゃけど、先ず腕が細すぎるね、左腕なんか幽霊の鎌かって感じだよ。
右腕もぎこちないギミックと不自然なシワの入り方をしておるね。ちゃちゃカフェカードを持つ手もド素人丸出し。最悪です。
全体的に影を入れてないからか、メリハリが全くなく、乳は垂れて老婆のよう。ここも不自然ですよね。

最も不自然なのが紙を埋め尽くす黒い蝶。余白を作るのが怖かったのか知らんが、だったらもっとデザイン考えて描けよ、そう言いたくなる。
今なら「ガンバレ!ちゃちゃカフェ!」を添えてアレを描くと思う。アレだよアレ。行った人ならわかるじゃろ。

結局のところ駅に関係あるのは駅名標と昔の駅名とちゃちゃカフェカードのみ。抑々この駅名標もこんなにでかく描く必要なかったよね。
素人は1枚の紙を存分に使おうとして無駄にデカく描きがち。皆さんもノート見てて思うでしょう「この程度の絵、1P使って描く必要あんのか」と。そういうことです。俺の絵見てくれアピールするならもっと上手くならないとね。

draw20.jpg

因みにここのノート、来年で10年。最初に置いてったTONNYとかいう人は間違いなくもう忘れとるだろうけど、ちゃちゃカフェの人は「東栄駅の歴史」と捉えて好意的に見てくれとるよ。よかったね。

猛暑の暑気払いと、駅ノート | ChaCha*日記

猛暑の東栄駅です。暑くて暑くてクーラーはつけっぱなし。 そんな中、2、3日前近所のおばちゃんが夕方流しそうめんをやるから食べにおいでと声をかけてくれました。 やあうれしい。 5時過ぎてちょっと日が陰ってから歩い

※そんなこともあって10/19更新の最新ネタで某氏向けに「東栄か北濃か選べ!」みたいな生意気なこと言ったんですけど、まさかその2週間後の11/2にあんなことをやられるとは思ってもみませんでした。尊敬というよりはおじさんはそれほど早く日程決めて決断できる人間ではないので面食らってしまい、まるで別の生き物を見るかのような思いになりつつ(爆)、「流石だなあ……」と感嘆しておりました。この件に関しては2月に責任をもってネタにさせていただきます。詳細は年末発表致します。

draw20.jpg

因みにこの日は「火曜日のカルマ」が絶好調。
ちゃちゃカフェが火曜定休なのは知っていたのでそれは良しとしても、

draw20.jpg

ついでに行ったとうえい温泉がボイラー故障で臨時定休、

draw20.jpg

終いには竹原で買ったストラップが経年劣化で壊れるという悲劇に見舞われた。
さあ皆さんご一緒に。なんだっそら、耐えられない。
記入日2016年7月12日
登場話【第242話】からかい上手の赤鬼さん
関連記事
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

しらたき
この記事を書いた人: しらたき


コメント0件

コメントはまだありません