【悲報】路地裏見聞録出張所、開設2000日を迎えてしまう - 雑記
DISCOVER The Inland Sea

しらたき

しらたき

20191121-1.jpg

先月、福山SAで見かけたもの。
ネットでは広島県民に「広島焼き」と言うと怒る、とかなんとかネット上の都市伝説のように囁かれているが、やっぱりアレはネット上のノリだったんでしょうか。
それとも店主が「備後と安芸は違うんじゃ!」という血の気の多い備後国民なのか、「バカな観光客でもわかりやすいように」という配慮なのか。SAという立地上後者のほうがあり得る話ではあるものの、態々下に広島お好み焼きと書いているわけですからそんな説明も要らんでしょう。そうなると「店名広島焼きにしたろ!」みたいなことになってくるわけじゃが、どうやら前の店名は「福焼」だったらしい。ウケる。
備後には具に砂ずりを使った「尾道焼き」豚バラの代わりにミンチ肉を使った「府中焼き」なんてもんがありますから「あー。じゃあ元々福山焼きなんてものもあったのかな」と思って調べてみたら、そんなものはなかった(爆)。

売れればなんでもいい、そんな感じなのかな。知らんけど。


20191121-1.jpg

前回、電源タップが埋まっていたためにコードをひとまとめにすることができなかったので、新しく6個口の電源タップを購入。オーム電機の6個口。どこでも売っとるやつやね。
しらたきさん、矢鱈100均を褒めるので電源タップもきっと100均で……!なんてね、そんなわけありません。流石に怖すぎる。口も足りないし短いし。

ほんで収納したんですけど、プラグが挿さらずこのまま力づくで挿したらぶっこわれるんじゃないかと思ったり、電源コードが硬くて太いのでうまいことまとめようとしても暴れたり、デスクのふたを閉めようとしても収納スペースが浅いのでうまくふたが閉まらなかったり、割と難儀していた。


20191121-1.jpg

ところで路地裏見聞録出張所が開設2000日目を迎えてしまった。
月に1,2回の頻度での更新だったら「そんな過ぎ去っただけの時間に価値などない」とスルーできるんですけど、出張所の場合微妙にようやっとるということでギリギリ価値のあるものと言って良いでしょう。自分で言うのもアレじゃが。

因みに路地裏見聞録の始まり2008/8/18から計算すると本日は4113日目、本当の始まりである2007/3/25から計算すると4625日目である。
人生的にはこんなものに4000日も時間を取られて……というか、2008年前後に人生の方針を決めた時にまーこんなしょうもない人生になってしまうとは思っていなかったので、記念日を確認するために日を数える度に「これでよかったのか」と考えてしまう。もう考えても手遅れだし、こうなった原因は見聞録と全く関係ないところからのストレスなので考えても仕方ない話ではあるのだが。

今後の方針は前回話した通り、月10件を目安に投稿を維持していきたいと思っている。
今月はまだ復旧段階ということもあり投稿がランダムになっているが、来月は恐らくまた隔3的な規則性のある投稿に戻ると思われる。

20191121-1.jpg

今年も後約1か月、来月はyahoo!ブログ完全終了という大イベントが待ち構えている。やることやって備えましょう。
出張所もそろそろレイアウト変えないとマンネリ化するよねー。google先生の要求にも対応していかないといけないので、積極的に考えておきます。
あとお年玉ください。アマギフでいいので。
関連記事
スポンサーサイト




面白かったらクリックお願いします!
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply