結局、原因はHDDだったのか? - PC・カメラ・スマホ

結局、原因はHDDだったのか?

2019年11月16日
PC・カメラ・スマホ 0
友人らの手助けによって一命を取り留めたデスクトップPCくん。
ただこれは「直した」というより「使えるように元に戻した」だけ。強制シャットダウンによるブートバイナリの破損が原因なのはおそらく間違いないのだが、抑々要因となったDVDドライブは壊れていたのか、壊れていたなら何が原因なのかはわかっていないし、DドライブのHDDを外したらスムーズにブートできるようになった理由もよくわかっていない。結局HDDも壊れていたのか?これから追究していくことになると思われる。

20191108-1.jpg

ということでうんともすんとも言わねえHDDくんをどうにかしよう。

20191108-1.jpg

そんで買ったのがこちら、ロジテックのアルミボディ3.5インチ外付けハードディスクケース LGB-EKU3

どうしても2TBのHDDが死んだということに納得がいかなかったんですよね。fixbootが拒否られた時に中身をコマンドプロンプトでフォーマットするところまで試したのにあのザマでしたから、本当にHDDなのか怪しかったんですけどHDDを外せばスムーズにブート、おまけにインストールメディアまで通ったわけですからやっぱりHDDに問題がある。でもねー、なんか引っかかるんですよね。
単に貧乏性で「たった1年で2TB失いたくない!」ってのもありましたけど、ポンコツvistaくんのHDDは11年乱暴に使ってもピンピンしとるだけに「お前1年で死ぬの?」と踏ん切りがつかなかったのです。個体差言われればそれまでなんですけど。

そこで内蔵がだめならUSBはどうなんだってことで買ったわけです。これでだめなら諦めつくよ、どうしようもねえもん。



曰く、このアルミボディが放熱性に優れているらしい。触ると冷たかった。
そういう触れ込みで売っているのに「ホンマか?」と疑ってしまう嫌な性格。
でもこれが1万円とかだったら疑いもなく信じるんですよ。なんとアワレな……

20191108-1.jpg

ネジを外して御開帳。

20191108-1.jpg

コネクタにHDDを入れて両サイド2箇所をねじ止めして固定しアルミケースに戻せば準備完了。
素人でもわかりやすい簡単設計だが、一部層にねじ止めが面倒くさいと言って評価が低くなる層もおるらしい。そんなことまで面倒になってお前大丈夫か。

20191108-1.jpg

一方、Cドライブの480GB SSDだけは心許無いので新しく1TBのHDDを注文した。
バルク品なのでパッケージなんて上級なものはなく紙袋に丸まれてやってきた。
最初は「おい!」と思ったが外付けの箱と外付けDVDの箱の上に積み上げられる形で置かれており太い輪ゴムで固定したのちビニールで包まれていた。割とがっちりしておりこれなら配送中に暴れることはないかもしれん。エアー緩衝材のほうが見た目ガッチリしとるけどね。
こちらも精密機器の輸送に対して神経質になりすぎているのかもしれん。これ以上の梱包を求めるならツクモみたいなPCパーツ専門店で頼むか自分で店舗寄ってね、そういうことなんでしょう。

20191108-1.jpg

中身はおなじみ銀の袋に入ったHDDが気泡緩衝材に包まれて入っていた。

20191108-1.jpg

こいつを2TBに使用されていた3.5インチベイ マウンタに取り付けてPCケースへと戻す。
これで本体側の準備はよし。

20191108-1.jpg

HDDケースはバスパワーではないのでコンセントを探さねばならない。このデスクはデスク奥を1/3折り曲げるとケーブル類の収納スペースが現れる仕組みになっているので一度デスク上のものを退かさなければならないのが厄介である。その分すっきりはするのだが。
ついでにデスク上の埃を取っていたのだが気にしだすと止まらない性格、折角だからPCケースの埃も取ろうとなってしまい結局全てを終えるまで途中の休憩を含め2~3時間は要していた気がする。

それはいいのだが……

20191108-1.jpg

なんだっそら、耐えられない(苦)。電源タップが埋まってしまっているではないか。
PC電源、モニター電源、vistaくん電源、そら3個口では埋まってしまうて。6個口買ってこないといかんね。
仕方がないのでvista君の電源を移動しそこにHDDケースのACアダプタを繋いだ。
スイッチはないので通電したとたんにHDDがスタンバイする。

20191108-1.jpg

退かしたものを元の位置に戻しHDDケースも設置。縦置きできるので丁度いい場所を用意することができた。

そんで、故障疑惑の2TBくんなんじゃが……

20191108-1.jpg
▲新しいタブで画像を開くと拡大されるぞ

正常に動作してんですよねえこれが……
内蔵の1TBも正常に起動したので内部でケーブル周辺の物理的故障が起きたわけでもなかった。
「ほら見い!死んどらんじゃろ!」「やったぜ!ストレージが3TBに増えた!」なんて喜びよりもまず「じゃあなんでエラー吐いてたんやこいつ……」という疑問が増々深まる結果になってしまった(困惑)。
マジで一体何が原因で再起動ループに嵌っていたんでしょう、素人には全くわかりません。とりあえず2TBが無駄にならなくて本当によかったよ。おじさんの使い方からして合計3TBなんて使いきれん気がしてならんが。
因みにcrucialのSSD500GBは7,310円だった。そんなに使わないなら1,000円積んでDドライブもSSDにするべきだったのか?いや、SSDはツクモで選ぶべきなのか?でも別にシステムドライブでもないしだったら容量多いほうが……考えると収まりそうにない。

20191108-1.jpg
▲SATA接続した内蔵HDD 1TB

20191108-1.jpg
▲外付け化したHDD 2TB

意味あるのかどうか知らんけど一応CrystalDiskMarkを走らせてみた。
内蔵と外付けって速度に大差ないんやね。USB3.0が頑張っているのかな。いや、勉強になったよ。
関連記事
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

しらたき
この記事を書いた人: しらたき


コメント0件

コメントはまだありません