スーパーカミオカンデ ジグソーパズル 300ピース - 雑記
DISCOVER The Inland Sea

しらたき

しらたき

20190304-1.jpg

今日は5月に道の駅 スカイドーム・神岡で購入したスーパーカミオカンデのジグソーパズルの話。
「先日9月更新予定言うてたくせに……」と多重人格、痴呆を疑うかもしれないが単にハイパーカミオカンデの話が出たからである。

「ハイパーカミオカンデ」建設へ 素粒子ニュートリノ観測装置

文部科学省は21日、素粒子ニュートリノを捉えて宇宙誕生の謎の解明を目指す次世代観測装置「ハイパーカミオカンデ」を岐阜県飛騨市神岡町に建設する方針を固めた。来年度予算の概算要求に事業費を盛り込み、2026年度末までの完成を目指す。



予定は予定でしかない。
パズル自体は8/7に完成していたが、今月はもう上げるネタを決めていたので9月に回そうと決めていたのをいいとっかかりができたので8月に引っ張ってきた、それだけである。
本当はね、月に10件更新なんて固執せずに11件でも12件でも増やしていけばいいんですけど、月2桁更新と決めると途端に1とか2とかいう端数が勿体なく感じられるのです。
「先月大量更新しすぎたせいで数年続けてきた2桁更新が今月で止まってしまった」とか。贔屓の野球チームが大量得点して「明日にとっておけよ……」と不安になるでしょう、あんな感じ。

20190304-1.jpg

早速作っていこう。袋からぶちまけたときは若干時が止まったが、100だろうが300だろうが1000だろうがやることは同じ。
冷静に「外堀を埋める」という諺の如く外周から攻める。

20190304-1.jpg

内側は光電子増倍管の大きさや写真のボケと照らし合わせて各ピースを分けてから攻めた。

20190304-1.jpg

順調に半分を過ぎ「アレ楽勝では?」と調子に乗る。そんなわけがなかった。

20190304-1.jpg

無事完成。時間を計ってなかったし途中で気分転換に違うことをしていたので何時間かかったかはようわからん。

20190304-1.jpg

形を整えて付属の専用ノリを上から満遍なくぶっかける。専用ノリはこういう時にしか使わないので付属しているというのはとてもありがたく良心的。
ヘラを使ってノリを伸ばすときは外から中へ集めるように伸ばす。外側に伸ばすとピースとピースが動いてしまい隙間ができてしまうためである。

20190304-1.jpg

塗り終えたら1日乾かして完成。光沢感が増したが何やら少し反っている。額に入れてしまえば問題はないのだが。

20190304-1.jpg

そのままダイソー額縁にぶち込んでもいいのだがそれでは芸がないので少しアレンジを加える。
マット代わりに黒の画用紙と縁用にメタリックカラーペーパーを用意。メタリックカラーペーパーは任意の幅に切り揃えてある。

20190304-1.jpg

黒画用紙にメタリックカラーペーパーを縦横均等な幅の位置で貼り付ける。
一般的な台紙の作り方とは違うのだがはっきり言って額縁に入れてしまえばわからないのでこれでよしとする。

20190304-1.jpg

後は額縁付属の紐を付けて完成。そのまま入れるよりも雰囲気がある。
ウォールナットの塗料も買ってきていたので額縁を黒く染めようかとも思ったんじゃけど「不器用ド素人が調子こくと痛い目見る」と何だか危険信号が発せられたのでこれにて完成とする。楽しかった。
関連記事
スポンサーサイト




面白かったらクリックお願いします!
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply