ダイソー パワードーム半田店 探訪 - 100均見聞録 2019~
DISCOVER The Inland Sea

しらたき

しらたき

20190822-1.jpg

愛知県内はおろか、東海地区、いや、中部地区で一番の売り場面積1,000坪を誇る半田のダイソー。
因みにこのドーム、旧ネクステージが作ったもので所謂バブルの遺産を再利用したもの。経緯は知立アピタとそんなに変わらん(爆)。

20190304-1.jpg
▲主張が激しいので駅からもう頭が見えている。

アクセスは住吉町や知多半田からごんくるバスに乗るかJR武豊線の乙川駅から徒歩5分ぐらい。
路線図を見るに半田中央線は矢勝川近くまで行くみたいなので、季節が合ったなら矢勝川の彼岸花とセットでやるのは如何か。ここの読者にガチもんの100均オタクがおるのかは知らんが(爆)。

1,000坪以上ともなると流石に全国でも指折り程度の数しかなく、ダイソーマニア(そんなんおるんか?)の憧れの地(聞いたことはない)であり、他店で見かけないものが置いてあったり、思わずついで買いしてしまいそうになる陳列の仕方だったり。

悪い点は
  • 売り場が広いので初見ではスムーズな買い物ができないこと
  • 希望の300円サーキュレーター、卵焼き器が見つからなかったこと
  • 家から距離があるので大きい商品の購入は不向き(車なら関係ないけど)
  • 同じく家から距離があるので筋トレ用に重りやバーベルを買うと苦行になる(車ならry
ぐらいかな。この辺りは「仕方ない」の範疇。遥々三河から知多へ来た甲斐はあった。楽しかったよ。

キッチン目安計

20190304-1.jpg

初っ端大失敗、こいついくらやっても目盛りが0にならず正確な重さを量ることができなかった。石膏に水を混ぜる時に横着せずちゃんと量るようにしようと思って購入しただけに不良品を掴まされたことで「やっぱり目分量でええわ」と横着が加速しそうだ。

ゼリーキャンドル クリア

20190304-1.jpg

「アレ?これ笠岡のダイソーで買ったかなあ」と思い、家に帰ってなかったら嫌なので思わず買ってしまった。このゼリーキャンドルは贔屓の知立ダイソーには置いてないのであったら買わなければならない商品の一つでもある。
因みに家に既に一つクリアのゼリーキャンドルがあった(爆)。

超難解パズル 白の挑戦

20190304-1.jpg

ただ真っ白なジグソーパズル。
実は例のカミオカンデジグソーをこの時点でもう仕上げており(9月に記事更新予定)、中々楽しめたので何かネタになりそうなものはないかと探していたらこんなのを見つけてしまったのでつい買ってしまった。
超難解とはいうものの、規則性があるし120ピースという少なさなので慣れれば正直大したことはない。
しいて言えば100均特有の製品の粗さがこのパズルを難しくしているような気がした。

ジグソーパネル B5サイズ

20190304-1.jpg

大失敗。
上記の白パズルを飾る用とか思って買ったんですけどはがきサイズとB5じゃあまりにもサイズが違う。何で買ったんやろ、これ買うよりまずジグソー専用のり探すべきでしたよね。
ダイソーじゃジグソー専用のりも売っとるらしい。驚きだよね。

黒綿棒

20190304-1.jpg

しらたき愛用の黒綿棒。
紙軸の硬さが丁度良く、埃や耳垢をよく絡めとってくれる。黒いため取ったものが良く見えるというのも素晴らしい。
一方で絵でぼかすを入れる時は真逆の白綿棒のプラスチック軸を使う。擦筆の代用品として使っているが代用品のくせして力加減で全く風味が変わってくるのでしなりやすいほうが自分にとっては扱いやすいのである。

ひまわりボール

20190304-1.jpg

オータムフラワーの取り扱いも始まったしあるという情報も数年前の情報やしないやろな~~思っていたら予想以上に沢山ぶら下がっていた(爆)。
元気な水着の女の子を表現するにはひまわりを添えるのが一番だと思っているのでできるだけ沢山の小さいひまわりを揃えたかった。麦わら帽子のミニチュアを自作できるようになると更に夢が広がりそうだ。

ひまわりピック

20190304-1.jpg

ひまわりボールとはサイズも色もも使用用途も少し違う造花。こちらは事務員本体の飾りというよりは風景をよりよく見せるほうに使えるような気がする。

石粉ねんど

20190304-1.jpg

これからたくさん使いそうな気がしたので買い足し。

シリコンモールド 海型

20190304-1.jpg

アロマディフューザーを取り入れたいと常々思っておるのじゃが、夏に気化型のディフューザーを使って湿度を上げるのはスマートな考えではないし抑々あまり評判が良くない。そこでアロマストーン作ってそれを小型扇風機で風に乗せることで効率的にアロマの香を自身の周りに行き渡らせることを考え付いたわけです。上記の石膏粘土をいくつか丸めて小皿におけば簡単にアロマストーンが完成するわけだが、おじさんは素人がやりがちなミスを地雷に突進するかの如く遂行する人間です、普通じゃおもんない!言うてこんなもんを買ってきてしまったわけです。
石膏ネタは以前にやってるから難しくはないね。

ダイソーで石膏を買ってみた!

路地裏見聞録における直球タイトルの物足りなさを体感してください。それはいいとして去年の12月の話、石粉粘土すら置いてない地元のダイソーにいつもは見ないものが置いてあった。それがこの石膏。別に買う気がなかったのに買ってしまった。しかし出血は最小限で済むのが100円ショップのいいところ。流石買い物依存症の心の拠り所。とはいえ「塵も積もれば山となる」。あんたが必至こいて削った交通費もこの浪費で全くの無意味に...


詰め替え用ディフューザー溶液 オーシャンの香り

20190304-1.jpg

そのアロマストーンにぶっかける溶液として購入。本当は青いボトルの「アロマミスト」のほうが大容量でいいのだが、どうしてもオーシャンの香りとはいかほどの物なのかを確かめたかったのでこちらにした。ホラ、かき氷でブルーハワイの味を確かめたくて頼むでしょう、あんなもんです。

アロマディフューザー オーシャンの香り

20190304-1.jpg

折角なので本体も買ってみた。早速匂いを嗅いでみるとそこは流石100均、超ケミカルな匂い。そして色々なものが混ざった雑多な香りは何とも形容しがたい香りであった。

ガラス細工 海の生き物

20190304-1.jpg

夏なので買ってしまった(爆)。

おゆプラ

20190304-1.jpg

お前昔「おゆまる」って名前で売ってなかった?なんなん?別モンなの?それとも名称変わったの?と、何とも疑問ばかりであったがどうやら違いはないらしい。

のこぎり カッタータイプ

20190304-1.jpg

普通サイズのノコギリは家にあるのだが、使う木材や自身のDIYで使う素材と照らし合わせた結果、のこぎりカッター程度の工具で十分なのではないか、そんな結論が出たために購入。108円だと買って後悔がないのでいい。

半丸型 ダイヤモンドヤスリ

20190304-1.jpg

細部の研磨に役立つ。地味に探し回っていた品。

リメイクシート

20190304-1.jpg

背景ボード第2弾として購入。流石に1,000坪、色々な種類が置いてあったが今回は背景ボードとして活躍しそうな2種と使い勝手のいい大理石を再度購入した。

100均材料で撮影背景ボードを作ろう!

今回もね、小学生レベルの工作で話数を稼ぎます。読者は「こいつ全然旅の話せんな」とイライラしていることでしょう。おじさんもそう思います。でもね、こいつの財政状況ホンマ厳しいんですよ。散々百均散財したり約15,000円のフィギュアを待ち望んでいるヤツが言っても説得力に欠けるかもしれませんけど(苦)。今回の材料はこいつ。A3の厚紙。「買う必要はなかった」と言っていたのに早速登場。多重人格なのでしょうか。こいつを...

▲初弾ネタ。

色紙

20190304-1.jpg
なんかやるらしいですよ。

油性ペイントマーカー 金 銀 白

20190304-1.jpg

ちょっと試してみたくて購入。色々種類はあったがとりあえず一時期話題にもなったキラキラ2点とハイライト用に白。

水性ポスターカラーマーカー

20190304-1.jpg

こちらは水性。油性との比較をしたかった。

20190304-1.jpg

油性金銀は中々良い定着。油性金より水性金のほうが若干明るいかな。
油性銀の発色が良かったのでハイライトもこっちがいいかもしれん。白はちょっと薄いね。


他日用品含め計27点お買い上げ!アホ!
関連記事
スポンサーサイト




面白かったらクリックお願いします!
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply