Can★Do イオンモール東浦店 探訪 - 100均見聞録 2019~
DISCOVER The Inland Sea

しらたき

しらたき

20190815-1.jpg

武豊線の緒川駅の隣にあるイオンモール東浦の中の100均。
路地裏見聞録では初登場のCan★Do。別に毛嫌いしていたとかそんなんじゃなくて単に知立市内に店舗がなかったからなんですね。ウケる(実は刈谷も未出店)。
隣の安城行けば新安城のイトヨーカドーとサ・モールに、豊田行けば近くだと若林に店舗があるんですけど、成果が目に見えているレベルの店舗面積相手に交通費使うのも……という気持ちもあり、他の大手2社中心に回っていたというのもある。
その辺の100均考察は後日更新の本編にて語るとして、実は載せていないだけでCan★Do自体は出雲駅福山駅と2度ほど行っている。その時思った感想としては「大して……」だったのだが、それは駅店舗であるが故仕方のない話だったのかもしれん。イオン店舗ではどうだろうか?

みかんみたいなふせん

20190304-1.jpg


なんて言うからあるかなと思て探したけどあったのはこの画像のどれでもないみかんであった(爆)。
とは言え、正直ふせんとしての利用としてよりも付属のダンボール箱をインテリアとして使いたかっただけなのでどれでもよかったというのもある。
ゆくゆくはこのダンボールのように厚紙かクラフト紙に展開図を描き、サイドに事務員を描くことで事務員段ボール箱なんてのも作れるような気がする。

ウッドクラフト ダイニングチェアー4脚

20190304-1.jpg

路地裏見聞録におけるCan★Doの神髄。
別売りの背景ボードと合わせることでミニチュア舞台が完成する。そのままでは味気ないので色を塗ったり手芸パーツでアレンジすることが推奨されている。
現在セリアでドール界隈に注目されている背景ボードも元々はCan★Doが始めたものであり、セリア製が騒がれる前からCan★Doでは日々品薄の状態が続くぐらいには人気商品であった。
このウッドクラフトも多種多様の種類があり、絶版もあるが、一方で新商品も発売されているのでこれからの商品展開が非常に期待される。

ウッドクラフト -アウトドアシリーズ- ビーチベッド

20190304-1.jpg

水着事務員ディスプレイでなくてはならないもののひとつであるが、ビーチベッドは竹串と木製スティック、布でフィギュアの大きさに合わせた本物に近いビーチベッドを自作するのでいらんちゃいらんのだが、折角あったのだから買っておいても損はない。
因みにこの店舗では背景ボードを一切見かけなかった。売り切れだったのだろうか。

ウッドクラフト -アウトドアシリーズ- コンロと石窯

20190304-1.jpg

やっぱりね、海水浴にはBBQがあると陽キャ度が増してとてもよろしい。石窯は流石に合わんけど(爆)。

ミニチュアコレクション バーベキュー串

20190304-1.jpg

20190304-1.jpg

ウッドクラフトシリーズと合わせて本格ミニチュア!ですよ。
事務員とのサイズが合ってないなんてね、そらそうですよ。事務員のために作られたもんじゃないし。
裏面はペイントもされていない真っ白真っ平な状態何で使わなくなったら瞬間接着剤で磁石付けて磁石のインテリアとして使えばよいでしょう。最近ようやく無駄にならない使い方を学習できているような気がする(爆)。
関連記事
スポンサーサイト




面白かったらクリックお願いします!
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply