出たな!臓物オバケ! - 雑記
DISCOVER The Inland Sea

しらたき

しらたき

普通西側へ旅行するよね?
とかなんとか言っていきたいんですけど、仕事はあるし休みがあったところで体のメンテナンスに時間を費やさないといけないのでそれどころではない。
抑々、猛暑の本格化に伴いより一層の体調管理が求められるだけに無理ができん。一般人が「体調管理に気を配れ」と忠告してきても既にこちらはその3倍気を使って生活しておるのです。肉体的にも精神的にもボロボロなわけですから。「その無駄な忠告がワシをイライラさせる」そんなところですね。気を使ってください。


そんなわけで本日は超雑記。何の価値もない近況をぶちまけるので興味のない読者は早々にネットサーフィンに戻ることをお勧めします。

7月期見聞録、梅雨に散る


けったいな消化器異常を起こしている身ですから、食生活もそれなりに気を配らなければならん。アイス一切禁止とか辛い物は一切食うなとか。元々辛い物は好かん人間だったので香辛料を使った料理の制限に関しては然程苦はないのだが、それよりも昨今どこもかしこも激辛を謳った商品ばかり新発売で出てくるのでそちらのほうに腹が立っており、対応に苦心している。

 そんな中最近のマイブームが卵料理である。卵は栄養の宝庫であり食べやすい食材且つ胃にも負担が比較的少ないとされておるので重宝している。
卵料理で好きなのは出汁巻きとオムライスである。寧ろそれしか食わん。
世には卵かけごはんというものがあるが、温かい白米の上に冷たい生卵を乗せグッチャグッチャとかき混ぜるその美的センスのなさに距離を取らざるを得ない。
ゆで卵も基本は食べない。卵を溶いて作った料理こそ至高と思っているからである。ラーメンに煮卵が理解ができない人種でもある。
 卵焼きも甘すぎるのは論外である。「お前の家はパンケーキで白飯を食うのか!」とブチ切れしてしまうからである。故に日本の出汁文化を上手く利用した出汁巻きこそ至高なのである。
 オムライスは真ん中からトマトソースを垂らした基本形こそ至高である。亦、葛折りにケチャップをかけた形も良い。
何故そこでデミグラスソースをかけるのか。お前はチキンライスにトマトソースがかかる「追いトマト」の良さがわからん凡人なのかと。面倒臭いからこんなやつと一緒に飯食いに行くべきじゃないよ(爆)。

20190729-1.jpg

とは言ってもね、おじさんも人間ですから同窓会や結婚式の出席を「自分がいないことで何かが変わるわけでもないし、自分に利があるわけでもない」と一切断ってきていたとしても「ポシャッた見聞録の代わり」が理由なら断り切れん。

今回の食事会、元々は7/14に鳥羽へ海水浴へ行く予定だったのだが、てけテケの都合で翌日の7/15にならんかという問題が発生。こちらはとしては急に月曜祝日に空きを求められても仕事の性質上無理があるとのことでオシャカになったものの代わりである。こちらの仕事が終わり次第、ということで割とハードなスケジュールであったが、毎回仕事終わった勢いで竹原まで車を走らせるてけテケに比べれば大したことではない。

20190729-1.jpg

今回の焼肉店、実は去年の路地裏見聞録10周年記念で行き損ねた、「この地区で一番うまい焼肉店」である。
私のポリシーとして焼肉を食べる際はチェーン店には絶対に行かず、地元で好評を得ている個人経営の焼肉店だけに照準を絞っている。
地元で焼肉店が何十年もやれている。理由は何かと言ったら居心地の良さと肉質の良さ、これしかないだろう。

「例の10周年記念焼肉店」「見聞録の代わり」なので本編……とはいかないまでもボツネタとして昇華したかったところだが本当に肉を食っただけなので没にもならない。理由が本編級なだけに残念である。

20190729-1.jpg

先ずは塩タン、人気のカルビと各々肉にも好みがあるとは思うが、私の場合は「コブクロコブクロハツハツコブクロ」である。これだけあればよい。どれだけ食べられるか分かったもんじゃないので食べたいものを集中的に食う。まずは○○、なんて余裕はない。
逆を言えば、この2種のどちらもない焼肉店は幾ら地元で長くやっていようがアウトオブ眼中である。きつねうどんのないうどん屋には入らないのと同じである。信用ならない。

ハツ(この店では単純に心臓と書かれていた)は先ず食感がとても良い。適当な処理と適当な焼き加減のハツはこんにゃくゼリーを凍らせたような食感というか、筋繊維に歯が心地よく入っていく食感が堪らなく良い。
亦、ハツはビタミンB群、鉄、銅が豊富で中でもビタミンB12に富んでおりビタミンB12は神経の機能を正常に保つために必要なビタミンであるので積極的に食べたい肉である。
コブクロはもうわかるよね。しらたきさんと言えばコブクロ。こちらも食感が最高である。大腸小腸と比べ脂肪も少ないので油にやられたなんてことにもならない。亦、コブクロもビタミンB12とナイアシンの含有量が高い。
スーパーで取り扱ってる店なんかほとんどないし近場に精肉店があるわけでもないので焼肉店で見つけたら兎に角食べなければならない。

 因みに周りが心配するほどに食が細くなった現在、「食べろ」と言われても食事が苦痛なのでそんなド素人の指摘がストレスのもとになると意に介さず自分のペースを貫くことを心掛けているが、そんな状態が続いているのでB12だけでなく全体的に栄養不足も慢性的に続いている。
正直いっそガンと診断されたほうが治す過程が明確になるのでそっちのほうが良いとすら思っている。「確立した治療法がないので寛解期が長く続くように注意」これがとても厄介だ。
そんな中で現在気を付けているのが亜鉛。亜鉛は正しく摂取すればストレスによる胃潰瘍の抑制に効果がある一方、亜鉛が不足すると厄介なことに味覚障害、貧血、口内炎の増加、食欲低下、慢性下痢、体重減少、精神的無気力、神経感覚障害、認知機能障害等トンデモないことになってしまう。そして面白いことに私はそのほとんどに罹患してしまった(苦)。
しかもこの亜鉛の厄介なところは消化器疾患を抱えていると亜鉛の吸収を抑制してしまうため亜鉛不足に陥りやすい傾向にあるそうである。
ただでさえ摂食量が減っているのに食ったら食ったで下痢として流れるわけですからそら負の連鎖にもなる。やってらんれんね。

成人男性の亜鉛摂取推奨量は11mgだが、私の1日の平均摂取量は恐らく1~3mgしかない。
では少ない量でも多く含有されているものを食べれば良い、となるが生牡蠣など避けるべき食材のトップだしウナギは高い。食いたいけど。豆類はきな粉を除いて消化に悪いので避けたいしカニなんてそんなに食う機会もない。残るはレバーや赤身肉、卵黄。それ抜いたらもうサプリや薬に頼るしかないよね。
だからこうして気兼ねなく牛肉が食べられる機会はあまり逃したくないんですよね。今回食ったの臓物ばっかですけど(爆)。

何はともあれ、どちらもあるこの焼肉店「水車」は本当に素晴らしい。これから見聞録ミーティングは水車でやりたいので飲食関連で「水車」というワードが出たらここのことだと思ってほしい。

因みに見聞録における主な略称・愛称は
18青春18きっぷ
秋パス秋の乗り放題パス
事務員音無小鳥
緑ホモグリーンホテルモーリス
スホスーパーホテル
です。ちょっと考えればわかるよね。


20190729-1.jpg

Google アナリティクスというものを採用してもうすぐ1ヶ月になるが、ちょっと晒してみようと思う。
路地裏見聞録で最もよく使われているデバイスはモバイル……というか、昨今の普及を考えれば当然と言えば当然か。
当ブログは世の中の流れに倣ってIEユーザー排斥をしているのでそれも関係……しとるのかしとらんのかは知らん。

20190729-1.jpg

地域毎は大体予想通りやね。愛知が多いのは当然、後は大体人口の多いところから来る。もっと西側の読者を獲得したいね。
関連記事
スポンサーサイト




面白かったらクリックお願いします!
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply