【知立】いつか変わって いつか忘れて - 最新ネタ
DISCOVER The Inland Sea

しらたき

しらたき

2019年上半期最後の見聞録……はよかったんじゃが、男は悩んでおった。

「5月の出血が治まっておらんので6月は近場を、亦はやらない方向で調整したい……」

ほんなら近場、と言っても何でかしらんがやる気が出ない。年々体力がなくなっているのは周知の事実だが、自律神経失調症で精神的にもボロボロなしらたきさん、一度削った精神力を回復させるのにも相当な時間を要するようになってしまったらしい。
ホンマね、ちょっとは労って頂かないと。「年寄り扱いして欲しい」そんなところまで天邪鬼。

そんである日、ふと閃いて自宅から辛くない距離にある100均を挙げてみようとマップを制作することにした。



※壁の設定として「名鉄豊田線より南側」「名二環ラインを越えない」「知多半島道路より東側(りんくうは除外)」を設定。

これを見て「じゃあ大型店のあるところ亦はダイソーとセリアが近くにある場所に行ってみようか」と思案。
  1. 前後~有松の大型2店舗を攻略
  2. 最初はこれをやる気だった。有松の町並みと中京競馬場の7000撮れるし一石二鳥やし。
    でも名古屋方面に出る+既に前後のセリアは調査済み、この2点だけで何だか「そうじゃないんだよなあ~~」という気持ちになりやめた。わけがわからない。
  3. 半田の大型2店舗を攻略
  4. 愛知県で一番でかいダイソー「ザ・ダイソーパワードーム半田店」を攻略し、帰りは衣浦トンネルを歩いて碧南へ抜けようという企画。
    これは早々に候補から消えた。「出血が治まっていないのに100均で金を使うよりも交通費を出してどうすんだ」という理由からである。それにね、抑々衣浦トンネル走破なんて6年前の【第83話】とある愛知の海底道路で既にやってんですよね。路地裏見聞録舐めんなという話です。
  5. 蒲郡の大型2店舗を攻略する
  6. 蒲郡線に乗って主に三河鹿島の大型ダイソーを中心に攻め、序でに幡豆の品揃えがおかしいダイソーといつもの蒲郡駅前セリアも行くぞ、という欲張りセット。「アジサイの季節は終わった」という理由で採用ならず。
  7. ダイソー岡崎南店再訪
  8. 盛大にやらかした244話の敵討ちというかなんというか。まわりセリアトライアングルだしイオン行けばこっちじゃ珍しい3COINSあるしみたいな。3COINSはあまり信用してないんですけどね。
  9. 知立の別店舗を開拓
  10. 結局、金をかけずにとなったら地元ネタが一番なんですよね。しかも県道298より東側なんてもう10年以上足を運んでいないものですから、現状確認という意味でも丁度良かったですね。

【第371話】愛知県知立市


20190715-1.jpg

というわけで知立駅前よりスタート。写真左側の道路が慢性的な渋滞になるからという理由で昭和51(1976)年始まった事業調査採択も知立市の金不足から頓挫に頓挫を重ね、事業が採択されたのは平成9(1997)年。
当初2014(平成26)年度完成の予定だったにもかかわらず、市がポンコツなせいで工期は遅れに遅れ今では2023年完成予定になっている。
南海トラフが先か、知立駅完成が先か。「知立駅ができても南海トラフで壊されるんじゃないか」などと笑えない冗談しか出てこない都市計画は折角綺麗に立て直したビルに馬鹿の一つ覚えのように居酒屋を入れる辺りから絶望感が滲み出ている。
これから子育てやそれに伴う快適な都市づくりが求められるのにスーパーや小売は潰れ、広がる世界はシャッター街。ゾンビの如く溢れる酔っ払いに数を増やす風俗店。何が「輝くまち」なんでしょうか。絶望しかありません。

bo8v.jpg

2012/06/18、【第8没】新街区よりで撮影した知立駅前との比較。丁度7年前やね。
駅周りも開発が進み今やあの山本学園が古参の建物になる。マジか~って感じだよね。

20190715-1.jpg

区画整理……ではなく後継者不足により閉店が決まっているやまもと食堂。
幾らウド鈴木が来て宣伝してくれても時代の流れには勝てないのである。お隣の風俗ビルは若い子だらけなのにね、悲しいものです。

20190715-1.jpg

本当に居酒屋とガールズバーだらけになってしまった知立駅東商店街を抜けると目につく「昔からの店舗は区画整理で追い出されます」。時代の流れと需要言ったらそれまでやけど、ガールズバーが残ってこういう店は消えるんですよ。ホンマに嘆くしかない。

20190715-1.jpg

歩いてきた道を上から。
三河線の高架は今ある三河線のからの分岐ではなく本線を中心に一つの束になった線から曲げてくる形になるため、フジタ時計店が丁度区画整理の区域になってしまった。
写真左、ぐっさんもウドも訪れた老舗うなぎ屋の井谷屋もそのうち消えてしまうのだろうか。曲がり方からしてギリギリどかずに済むかもしれんが。

20190715-1.jpg

三河知立駅側。東知立駅の遺構は矢板の壁によって跡形もなくなってしまった。

そしてこの写真、何やら違和感が……

20190715-1.jpg

2011/08/27、【第30話】本線と三河線で撮った写真を見るとなるほど、三河知立駅前にあった民家がごっそり更地になっておる。
フジタ時計店からこの更地の区画を目で追うと高架完成図が大体想像できる。

後で詳細を言うが、三河知立駅は近々三河八橋寄りに移転される。そのうちこの一角も暫くは本線のように矢板の壁ができ視界が悪くなるだろう。

20190715-1.jpg

それにしてもこの古びた建物は一体何なのであろうか?門には看板の類が一切ないので閉鎖されているのかもしれないが、不気味なぐらい静かだ。

20190715-1.jpg

グーグルマップで上から見た工場。紡績工場だったのではないか、そんな気がしてきた。知らんけど。
知立市歴史民俗資料館行けば解決するような気がせんでもない。

20190715-1.jpg

三河八橋方面と途切れた知立連絡線。

20190715-1.jpg

が知立連絡線。
この辺りの話は【第31話】あたしの知立、明日の知立でも言っているので割愛するが、線路は剥がされ埋め立てられつつある。

そしてが三河知立駅移転場所。

20190715-1.jpg

丁度この辺り。

20190715-1.jpg

計画では三角形の森のようになっている場所を開拓し駅前広場として整備するようだ。
市公式サイトから進捗状況が確認できるので見てみると、どうやら更地にはなったらしい。

実はこの場所、【第31話】あたしの知立、明日の知立で歩いていたのだが、まさかこの場所が移転地になるとは当時はつゆも思わず、ただ歩いただけであった。8年も前の事なので仕方ないとはいえ、まだまだ読みが甘いと反省するばかりである。

20190715-1.jpg

昔からあるものなんてこんなもんぐらいになってしまったね。

20190715-1.jpg

長篠町のほうへやってきた。この辺りを歩くのはもう13年ぶりぐらいか。その時はヤマダ電機なんてなかったし、

20190703-1.jpg

コーナンや同居するダイソーもあるわけがなかった。流石に変わるね。
ここで色々と買い物を済ませる。

ダイソー ホームセンターコーナン知立店 探訪

詳しくは後日話すが「いつもと違う100均に」ってことで今回はこちら。ここのダイソーはコーナンの中にあり、レジもコーナン一体型なので100均商品でも楽天ポイントが貯まるというのが他の100均とは違うところである。ただ200円=1Pとかいうシケた率をしておるのでポイントが貯まるから100均はこっちにする!なんて考えは捨てたほうがいいね。品揃えは「こんなところでしょう」という感じ。大抵のものは揃っており、知立店では見か...



371v.jpg

序でなので表に回り旧ネクステージも散策することにした。

20190715-1.jpg

変わったような変わってないような……しかし明らかに変わったことがあり、以前より物であふれている。
これは赤字で示したようにいい意味ではない。商品が販売スペースを飛び出し通路まで出てしまっているため通路が狭く、落ち着いた雰囲気が全くなくなってしまっているのである。これは改善すべき問題である。
その代わりランジェリーショップと子供服売り場は相変わらずで、ベビーカーを通すためか通路は広く確保されたままであった。
変な話だが久しぶりに来たショッピングモールでホッとしてしまった(爆)。

セリア アピタ知立店 探訪

コーナンの反対側にあるアピタの中にあるセリア。コーナンとアピタを繋ぐ連絡通路はなく、一旦外に出てアピタ正面に回らないといけないのが面倒。セリア自体は至って標準な店舗。蒲郡には敵わないがバロー刈谷よりは圧倒的にマシ。ドミー知立店とはいい勝負だが「通路が広く、かと言って品揃えも悪くない」という点でドミー知立店に軍配が上がる。近くには独立店舗でドンキ陳列風味らしいセリア知立新池店があるので、機会があれば...



20190715-1.jpg

ついでに丁度1,000円キャンペーンをしていたので野口英世とカーネルおじさんの笑顔を等価交換。ワシも笑顔。世界平和。

20190715-1.jpg

帰りは地元の公共交通を使って地元貢献!決してもう歩く気も失せたからとかそんなんじゃないぞ!多分な!


本社:第9章「梅を招きつつ楽しき終へめ」 (作成中)

【第371話】かつて市民だった者たちへ
愛知県知立市


関連記事
スポンサーサイト




面白かったらクリックお願いします!
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply