大理石マウスパッド製作 - 100均見聞録 2019~
DISCOVER The Inland Sea

しらたき

しらたき

20190613-1.jpg

本日の話題はこいつ。

通常攻撃が遠距離攻撃で自傷ダメージありのおっさんは好きですか?

「こいつ今日も高山・奥飛騨ネタかよ」って飽きてきたでしょう。なので今日は雑話。まず最初に例の事務員箱案件であるが、熟考した結果「事務員が届いてから箱を作る」に方針を転換することにした。最初は「先に作っておいて気持ちよく事務員を迎える」という方針であったのだが、制作時間を割くことが中々できなかったこと、全高は分かっていたものの横の幅が不明だったのでやはり実物を見てから仕上げたかった、という理由からの...


前ね「近々貼って試してみようと思う。ブログネタとして昇華する予定」なんて言ったんでやります。
「有言実行できる男はかっこいい」そう聞きましたが全くモテません。顔が不良品だったせいかな。

それはいいとして気分転換がしたかった。前も言った通りカッターマットの使用感は抜群にいいのだが、色が深い緑
なんかねー、気が乗らないんですよね。事務員の髪の色や事務服の色、ライフガードや私のtwitterのテーマカラーなんかは緑なんですけど、マウスパッドの色としては何だか中村精神病院の壁の色を見るかの如く不安な気持ちになってくるんですよ。

20190613-1.jpg

使うものはリメイクシート。108円でやりたい放題できる人気商品。

20190613-1.jpg

こいつをカッターマットに合わせて切るだけ。シート裏面には升目もあるのでカットが非常に楽。
亦、カットーマットがA4の30×22cmでリメイクシートの商品サイズが約30cm×80cmなので、余すことなく使えるのがとても良い。

20190717-1.jpg

不器用なおじさんでも難なく完成。素晴らしい。

20190613-1.jpg

小学生レベルの初心者工作なんじゃが、失敗なく、見た目が映えるようになったのでとても気分が良い。
表面が滑らかなのでマウスが滑るのではないか、そんな心配もあったが寧ろ適当な加減がありとても使い心地は良い。
布製マットと違い水滴が染みになることもなく、気分で張替えもできるし、裏面はカッターマットのまま使うこともできる。素晴らしい。是非お試しあれ。
関連記事
スポンサーサイト




面白かったらクリックお願いします!
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply