通常攻撃が遠距離攻撃で自傷ダメージありのおっさんは好きですか? - 100均見聞録 2019~
DISCOVER The Inland Sea

しらたき

しらたき

「こいつ今日も高山・奥飛騨ネタかよ」って飽きてきたでしょう。なので今日は雑話。

まず最初に例の事務員箱案件であるが、熟考した結果「事務員が届いてから箱を作る」に方針を転換することにした。
最初は「先に作っておいて気持ちよく事務員を迎える」という方針であったのだが、制作時間を割くことが中々できなかったこと、全高は分かっていたものの横の幅が不明だったのでやはり実物を見てから仕上げたかった、という理由からの転換である。

 わかっている。「やらないやつは何かと理由を付けてやらない」とでも言いたいんだろう。
ただね、こちらとしては事務員を迎えるということで生半可な気持ちで準備して失敗したくないのです。ただそれだけなのです。
 わかっている。失敗したくないって言ってたって結局失敗する。今までの工作を見ていればそんなの誰だってわかる。
でも考えてみてくれ、失敗したい!と思って自腹きって工作やる変わり者なんざようおらん。誰も成功、若しくは満足できるレベルを目指して工作するだろう。
 わかっている。石橋を叩くことすら躊躇しているということは。「石橋を叩いてもし石橋が壊してしまったら責任を取らないといけない」という実に現代的な考え方をする自分に辟易するが、これも仕方ない。
よう考えてみてくれ、行き当たりばったり旅とは逆の「分単位スケジュールといくつにも分岐した危険回避ルートの制作」を日帰りだろうが何だろうが毎回やる男だ、「ちょっと作ってみるか」などとフットワークの軽いことができるわけがない。

そんなところです。来るまでは違う作業を進める予定。



先週こんな投稿を見てしまったせいで頭の中が藺草のことだらけになってしまいストレスになったので「買い物をすることでストレス解消にもなる」と理由を付けて買いに行ってしまった。
ダイソーでは藺草系商品はこの時期にしか登場しない季節アイテム。「今夏だけでも」とちょっと試してみたかったり、ミニチュアDIYとして消費したい場合に手が出しやすい値段で販売されるので非常に重宝されている。但し品質は値段相応。




20190613-1.jpg

最近近所のダイソーも自分好みに品揃えが変化しつつあり気分が良い。
茣蓙2枚と座布団1枚、枕1つを購入。おじさんも畳を作るとか、水着事務員に合わせて海の家制作の一部に使おうかと思っている。壁や屋根は簾だったりするので竹ひごを黒糸で編めば何とかなるでしょう。

参考にするといいよ
サイズ金額産地
藺草茣蓙180×90 cm300円中国
藺草枕33×16 cm200円
藺草座布団37×37 cm


20190613-1.jpg
▲めっちゃかわいい、愛してる

こいつを額面通りに使うだなんておじさんにはできん。
枕が低すぎて横向きで寝ると首に隙間ができて負担がかかってしまうし、仰向けで寝ようものならまだ治っていない肋間神経痛が左肩から左胸にかけて痛みがゆっくりと襲ってくる。
発症当初のような鋭い痛みからは解放されたのだが、やはりまだ左肩から胸にかけて負担がかかると苦しくなるので未だに右向き寝相固定で寝返りを打たない生活をしている。
ロキソニンを飲めば解放されるんですけど、トム(我が家ではシルベスターのことをトムと呼ぶ)のように大の字で寝るためだけに飲むってのもスマートな考えではない。なので最初から「素材」という目的で購入している。
100均とはいえ藺草のいい香りがするのでこれだけでも買って満足している。保存している間、ダニの発生だけ気を付けたい。

ジグソーパズルの話


20190613-1.jpg

「あんのかな?」と思いつつ探した26×38cmジグソーパズル用額縁、やはり近所のダイソーにはなかった。ただ、これについては近所のダイソーが悪いのではなく需要があまりないので型が消滅した、亦は大型店舗でしか取り扱ってないのではないかと推測している。

20190613-1.jpg

そんで困った末に買ったのが29.7×42cmのA3額縁。300円。
これだとでかい。「サイズ調整のために切ろう!」だなんて時間も手間もかかるし額縁に線が残るしどうしたもんかと検索していると……どうやらマットを使うといいらしい。
しかし「ジグソー専用額縁は高いから」ということで100均額縁を採用しといてマットは1,000円以上じゃそらおかしい。マット色もカミオカンデに合わせて暗くしたほうがいいだろうし。
暗色台紙とかウォールナットニスを用意する必要がありそうだ。また100均か!

マウスパッドの話


20190613-1.jpg

マウスパッドはカッティングマットが最適解だと気付いて早幾年、マットの使用感には何の文句もないのだが、なんだか気分転換をしたくなることもある。

20190613-1.jpg

そこで買ってきたのがリメイクシート。こいつをマットに合わせて切って貼れば安価で手軽に気分転換ができる。
亦、素材によってリアルな凹凸が施されていたり大理石のようにツルツルだったりするのでその辺りも好みで変えられるのでとても良い。
因みに周りが黒ばかりなので合わせて大理石・黒が欲しかったのだが近所のダイソーではなかったため真逆の大理石・白を購入。黒のレザー調もあったのだが、レザーは今回の気分ではなかったのでスルーした。
近々貼って試してみようと思う。ブログネタとして昇華する予定なので、旅ブログ見にきといて旅よりも雑記・100均ネタが好きになってしまった読者はお楽しみに。

メモ帳とペン立ての合体の話


メモを改造するメモ

前回肋間神経痛の話をしたじゃないですか。左肩・左胸が痛むわけですから寝返りが打てない、左肩を下にして横になることができないので右肩を下にして寝るんですけど、これはこれで問題があるのです。読者なら知ってるか知らんか知らんけどおじさんは1ヶ月で25kgの激やせをしてから体に肉も油も付かない食の細さを手に入れた病人。そこに床で寝てんじゃねーかってぐらい使用感のある薄い布団がwelcomeしとる。もうわかるね、ガリガ...



メモ帳付きペン立て育成計画の続き。

SDカードケースを考える

今日は100均工作の話。6月は愈々事務員工作に着手しなければならないということで練習をしていく。練習台に選んだのはこいつ。よくある木のトレー。実はしらたきさん、最近SDカードが増えたことによるSDカードケースの空き容量に不安があった。市販されているものは1000円超えだったり、買い合わせ対象だったり、無駄にSDカード36枚+microSDカード36枚だったり。丁度いいモノがなかったのでだったら事務員箱の練習として自作しよう...



結局SDカードケースを買ったことで全く意味をなさなくなった木のトレー。
このまま腐らしたらそれこそ無駄遣い、何かに転用できないかと考えること小一時間、

20190613-1.jpg

なんとまあこれがピッタリなんですね。後はアイスの棒とかで仕切り作ってそこにレジンで海スペース作ればいいだけ。
蝶番で開けた穴はボンドと紙やすりで出した木くずで隠せるからいいとして問題は底面の印刷ですよね。
ペン立ての構想が海系しか思いつかない以上この印刷柄とは合わないので白とか青でベタ塗りするわけだが、色がのるのか。

20190613-1.jpg

そんなこんなを考えていたらいつの間にかこんなものを買っていた。別に策があるわけでもなかったのでお得意の衝動買いだと思う(苦)。
ただ、この底面の印刷はザラザラしているので上のウッド調よりは絵の具は染み込みやすいかもしれん。
それに枠が最初から白なので、大理石・白のリメイクシートを底面に貼ってその上から青レジン流せばいい感じに揺らめく海底が表現できるかもしれんし、いっそ砂+ボンド水で底面を固めてしまってもいいかもしれん。いいぞ、無駄にならない買い物になっている気がしてきた(爆)。

――と思っていたのだが……

20190613-1.jpg

あれ?もうこれでもエエんちゃう?(困惑)

関連記事
スポンサーサイト




面白かったらクリックお願いします!
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply