11年前のノートPCを掃除する意味 - PC・カメラ・スマホ
DISCOVER The Inland Sea

しらたき

しらたき

またも去年の話。年末はクリスマスだけ休みという不細工独身に対する最大級の嫌がらせを頂いたのでその日は一日大掃除に充てることにした。

ただ、大掃除と言ってもやるのはPCの清掃及び身の回りのちょっとした整理。
PC掃除も半年経ったし、何かしらアクションを起こすポーズをとっておかないと一生やらない。
PCは人によって掃除するタイミングが違うとは思うが、私としては半年に1回が最適解だと思う。ペットおらんしタバコもやらんが埃だけはえらく溜まるんだ。
それに見た目綺麗なほうが精神上いいでしょう。清掃したほうが壊れにくい!ってのは人それぞれだと思う。掃除してる時に壊す人おるし。

2019010-1.jpg

序での身の回り整理は本当に少しだけ。というのも、普段から使うものは手が届くところか視界に入る場所に入れておきたいというほどの物を無くしやすい劣った人間なので、変に片付けるとどれがどこに行ったか分からず紛失物が増え更にストレスが溜まる結果になるし、その都度買い足す羽目になって後日カッターが3本出てきたりする結果になる。



なので、流石にツッコミどころのあるものだけを片付けることにする。
写真で言うとこの辺り。

2019010-1.jpg

読者からそれぐらい普段から片付けろよと指摘されそうじゃが、正直ワシもそう思う。
でもやる気にならないと本当にやらない。

2019010-1.jpg

掃除道具はこんなもん。後写ってないけどスコッティのウェットティシューも使ってます。





2019010-1.jpg

先ずなんとなくこのオンボロノートPCから綺麗にしたくなったのでこいつからやることにする。

2019010-1.jpg

ノートPCで面倒なのがキーボードの隙間に入った小さな屑を取ること。
一々キー外して掃除してると日が暮れてデスクトップが掃除できず本末転倒ということになるので表面上をなぞる程度に留めておく。

2019010-1.jpg

ひっくり返すと飛び込んでくる2007-11。よくもまあここまで使い込んだものである。

2019010-1.jpg

恐らくコンセントなしでは1分ももたないであろうバッテリーを外してみると隙間から「メキメキメキ!」と異音がして魂消る。
見てみるとバッテリーの縁をなぞるかのように赤茶色の粘着性のある何かが端子の近くまで付着している。なんやこれは……

手を止め少し考えた結果、こいつはこぼしたコーラが染み込んで長い時間を経て固着したのではないか?という考えに辿り着いた。要はカラメルソースである。

2019010-1.jpg

良く故障せず使えていたな……と思いつつ綿棒にウェットティッシュを巻き付け強くこすって赤茶色の物体を除去。

2019010-1.jpg

次いでメモリ周りの埃を飛ばす。仕様メモリはsamsungの512MB メモリ2枚、合わせて1GB。今こんなメモリジャンクショップでも売ってんのかどうかわからん。

実は一時期このPCのメモリとHDDを換装して少しでも快適に、と思ったことがある。
ただ、こいつOSがWindows VistaでCPUがインテル® Core™2 Duo プロセッサー T7250(2GHz)なのでHDDをSSDに!メモリを4GB!としたところで意味がないのである。
そんなところに金を使うならちょっと積んで4~5万ぐらいの新品ノートを買うか、ハードオフかどっかで2~3万の良品を拾ったほうがいいような気がする。

こういうのね。youtubeで出てくる値段4桁のノートPCなんかおじさんみたいな素人が手を突っ込んで引けない。結果安物買いの銭失いが見えるからである。

そういう現実的な考えから換装をしないと決断をするまでそう時間はかからなかったのだが、決定的だったのがいくらねじを回しても外れないHDDを覆っている蓋であった。ねじは回っているのに一向に上がってこないので面倒臭いことになっているのは確実、HDD換装不可と見て改造計画は物理的に消えたのであった(爆)。

ま、こう言ったらアレじゃけど、ぶっちゃけ今は約25万円のデスクトップPCと約13万円のスマホがフル回転してくれとるのでどちらにせよノートPCの出番はあまりないわね。投資は大事やね。

次はその25万のPCを掃除していく。
関連記事
スポンサーサイト




面白かったらクリックお願いします!
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply