START!! - 事務員を輝かせる会
DISCOVER The Inland Sea

しらたき

しらたき

20190109-1.jpg

今年は本気で取り組まなければならないことが一つある。




2019年6月30日、世界が変わる。
世界で一番愛した女性を迎えるにあたって、ただのアクリルケースだと閉じ込めている気がして気分が悪いので木製のフィギュアケースを自作しようと思っている。
そうすれば側面に本気の事務員描いて「これは事務員専用木製痛フィギュアケースだ!!!!」とかできるワケ。ロマンあるやろ?
流石に彫るとかウッドバーニングとかスキルも道具もなさすぎる(はんだごてはあるけど電熱ペンがいいらしいね)ので先ずはペン一本でやっていきたいと思う。
モノクロ痛車の技術を活用しようとも思ったけど、木にシールはイマイチだよね。

「撥水スプレー」で滲みを抑えた痛絵馬を描こう! - 投げっぱなし日記

ちょっと長いです。 とりあえず、御託は良いから描き方だけ知りたいんですけど…という人への要約版はこちら。 痛絵馬ノススメ アニメの聖地巡礼が盛んな昨今ですが、各地の神社仏閣にキャラクターの絵馬を描いて奉納する「痛絵馬」も珍しい物ではなくなりました。 takhinoも絵描きの端くれ、やっぱり好きなアニメの舞台に行ったからには、痛絵馬の一つや二つ残し手みたいなあ…と思い、ちょくちょく描くようになりました。ところが、これが思ったより難しい。 [かみちゅ! | さくらマイネーム | 御袖天満宮 2013.5.5 奉納]その主な原因は、キャンバスが紙ではなく木であること。 木目に鉛筆が引っかかるし、筆圧…



なるほど、紙鑢+撥水加工でくっきりとした効果が得られそうやね。

亦、フィールドにも拘りたい。
今回のフィギュアは全高約230mmの1/8スケールフィギュアで、ねんどろのように海に持ち出したりはしない(できない:抑々できたとしても汚損・紛失が怖すぎるのでやらない)ため、家での撮影環境の向上が求められる。背景が乱雑とした自室は論外だが、折角の水着を真っ白な撮影ブースを用意して……というのも誰かがやっていることでなんら愛情が足りない。
そこでフィギュア用ジオラマを自作する決意を固めているところである。

20190109-1.jpg
▲wiki出典

理想としては小豆島のエンジェルロードのようなトンボロ。



実はこのインスピレーションを膨らませるために理想のBGMというのも探し出してきている。
夏の暑さから連想される激しいビートではなく爽やかな夏、静かに水を湛える海は希望に満ち溢れ、しかし赤色ではなく青に緑が混ざるような、どこか日本らしさを残すような懐かしい砂浜を表現したいと妄想している。三河湾で育ち瀬戸内を愛した性なのかもしれん。

20190109-1.jpg
▲wiki出典

一方で沖縄の古座間味ビーチも候補である。美しい人には美しいビーチが似合う。これは当たり前の話やね。

この辺りの話はナンボ時間がかかるかわからない。大きさも測らなければならないし、海岸なのだから水素材も用意しなければならない。
用意するならレジンなのか、モデリングウォーターなのか。先日、youtubeを流しながら視聴していたらゼリーキャンドルを水面として利用するという素晴らしい発想をしている方を見かけたので、入門としてはこの辺りも入ってくるかもしれない。これだと波の表現できなさそうですけど。



海の家かシャレたビーチハウスがあっても面白い。ドールハウスを買ってくるのか、スティック棒を切りまくってオリジナルに仕上げるのか。
すだれも竹ひごがあれば作れるらしい。流石先人の知恵。



小物も増やしたい。考えているのはスイカと透明な浮き輪。
事務員の至る所にクリアパーツが使われているので揃えてレジンで作ってみたいところ。
リング型モールドでもあればいいんでしょうけどどうせ正円だろうし、おゆまるで型作るのがセオリーなのかな。また買い物が増えそう(苦)。
スイカは樹脂粘土を丸めるだけでできそうだ。





お二方のように切ったり割ったりはしないのでそれなら緑玉転がすだけでよさそうじゃが、拘るなら赤玉から作ったほうがよさそうやね。

あとはビーチパラソル。

飛ぶトトロ (7) - SOLの模型好きですけど・・・なにか?・・・

サツキとメイちゃんの体を作りました メイちゃんは前のより少し小さく、サツキは前より少し大きくつくりました 塗装したら・・・ こんな感じです♪ 前よりかなり良くなってますね♪ さて、実は心配な傘を作ります ググってたらヒートプレスのいい手法が...



雨に歌えば | いかりや対策本部電脳支部

さて先日、都産貿・台東館で開催された「AK-GARDEN SP」終了後に、同じ浅草にある原型師・東海村原八氏主催の「模型塾」で開かれた特別講習「バキュームフォームで傘を作る」の講義を受けた私。バキュー…



ヒートプレスで応用できそうだが、傘とパラソルは微妙に違うのでこればっかりは買ったほうがいいかもしれない。いいのが見つからなかったり高かったりしたら作りますけど。

20190109-1.jpg

偶然にも素材写真として200話で三重のあづり浜へ行ったときに使ったパラソルが出てきたが、もっとちゃんと撮っておくべきだったと今更ながらに後悔している。ただ、昨今海水浴場でカメラを構えるのにも勇気が要る。

20190109-1.jpg

実は掃除セットを買う序でや100均で着々と素材をため込んでおり、先月その報告をしようと思っていたのだが、年末は忙しく結局今年にずれ込んでしまった。
この写真を撮った時は「これだけあればなんかはできるやろ……」と思っていたのだが、全然足りなかった(苦)。
なので笠岡で大型ダイソーがあった時は藁にも縋る思いだったわけだが……その話は次にすることにしよう。

……にしてもこれ社会人で見聞録もやっとる身からしたら全部やろうとしたら半年じゃ間に合わんね。3ヶ年計画な気がしてきた。

先輩諸氏のアドバイスを聞いてこれからの制作に活かしたいと思っています。助言役を買って出て頂ける方、お待ちしております。よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト




面白かったらクリックお願いします!
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply