知る事多き知多半島 - 雑記
DISCOVER The Inland Sea

しらたき

しらたき

20180812-1.jpg

先日イッポウで師崎プールの話をやってまして、金曜日が休みな私はオラつきながらその特集を見とったんですわ。



7年前の4月、1カ月最低1ヶ所のノルマを設定した月だったね。あんときは印象に残る出来事が多く、ノルマをたくさん設定した月だったので今でもよく覚えている。

【第19話】愛知県知多郡南知多町 鳶ヶ崎~チッタナポリ~豊浜 - 愛知

【第19話】イタリアのごとく!3月、北日本で大震災が起こり東北に甚大な被害が出た。花見の自粛だ、節電だ、セシウムだ、関東の帰宅困難者の自慢話だ騒がれる中、ここではいつもと同じ日常があった。また、この日を機に自身の旅行に対する気持ちが一つ変わった。...



ほんでその1日前の8/9にこんな拍手コメントが送られてきた。
fc2の拍手コメントは面倒くさい仕様になっておるので、この場にて感謝とともに返信させていただくと共に、とても貴重な話なので全文掲載させていただく。

※今も見てくれてるかどうかわかりませんけど、「公開されても困るんですけど!」という場合は御一報下さい。

20180812-1.jpg

そういえばチッタナポリって最近どうなったのかなぁと検索してたら、こちらの記事を見つけました。チッタナポリのついては、確かにバブルの塔で、完成した時にチッタナポリオリジナルの絵本が町内の学校に配られたりしていました。出来てからしばらく経っていますが、その割にはしっかり管理されてるのではと思ったりしてます。師崎の海水プールが現役だった頃にプールの授業でお世話になりましたが、プールの中に小魚もいて、それはそれで楽しかったですよ。父がPTAをやっていた時に海水プールの水の入れ替えを手伝っていましたが、潮の満ち引きを利用して水の入れ替えをしており、今思えば、興味深いプールでした。街にはない、少し変わったトコもありますが、住めば都でいいところですよ!


▲コメントありがとうございます!テレビでの特集を見た後に「プールの授業でお世話になった」というのを聞くと、より一層貴重な話を聞けた気がします。仕組みとしては競艇場みたいなものだったのでしょうか。内海や山海の砂浜に連れていくのではなく、それなら地元に作ってしまえというのがなんとも面白いですね。
公共の場所に小学生を大挙して押し寄せるのを避けたかったのか単に移動が面倒だったからなのか……どちらにせよ、昔は師崎にも沢山の子供たちがいたというのは想像できますね。万国旗を吊るすこともできたそうで遊び心がある一方、記念行事としての意味合いも強く、地域の宝として大切にしていこうというのが伝わってきました。
 チッタナポリの絵本は初耳です!驚きました……。あまりに地域に似つかわしくない建物ですから、周知させることで少しでも信用してもらいたかったのでしょうか。バブルの塔ももう平成の終わり、これからは耐震化・塩害修繕が大事になってきますね。
良くも悪くもこの地のシンボルになってきたと思うので、末永く白亜の塔を維持していただきたいものです。


好奇心・探究心は知識の泉である。
もう7年前の話ではあるがこのように新しい事実を知ることでまたも興味が湧いてきた。
あの時の写真、実は紹介するうえで蛇足になってしまうからと何枚か公開せずにSDカードに留めておくことにしたのだが、その後第1章までを収録した、つまりこのチッタナポリの写真が保存されたSDカードを紛失してしまったので今やオリジナルデータは存在せず、フォト蔵サーバに保存された加工済み写真だけが当時を旅した証拠として残されるだけとなってしまった。

20180812-1.jpg
▲なんてこった

あれからカメラは二度変わり、編集技術も撮影技術も人並みにはなった。
こうしてテレビで特集が組まれ、地元の方の話を聞き知的好奇心が更にくすぐられた今こそ、再訪の機は熟したと言えるかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト




面白かったらクリックお願いします!
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
先日コメントした者です  

先日コメントさせて頂いた者です。
わざわざブログにしていただいてありがとうございます。
海水プールの話もそうですが、田舎ではありますが田舎故にオリジナルの文化があり(もちろん地域特有のものであり、大抵の事は他の地域に影響を及ぼす事は無いのですが)、世間ではそれを珍しがる事もあります。
その中でも、南知多の中で「豊浜」という地域はさらにオリジナルの文化があった事最近知りました。
もし、南知多の事を知る機会がございましたら、江戸時代に栄えた遊郭「吉原」と、豊浜の地域に残る「吉原家」の事について調べてみると非常に興味深い文化を知ることが出来ると思います。
http://kyodosi-handa.net/blog/diary.cgi?no=292

2018/08/14 (Tue) 08:45 | EDIT | REPLY |   
しらたき  
Re: タイトルなし

またもコメントを残してくださりありがとうございます。
豊浜と言うと漁港のあるところですね。あの辺りも2度歩いていたのですが、知多半島徒歩一周の終わりのチェックポイント、次いでそこからと通過地点としかしてなかったのが痛いところです。

これはまた面白いですね。遊郭は知人に遊郭めぐりが好きな者が居るのでそのもの自体は素人感覚で知った気になってはいましたが、正直なところ当時は知る機会すらもなかったというのが実情です。
歳をとり「歴史を知ることはその土地を知ることであり、尊重するものである」というのは自身の戒めではありますが、ここまで専門的に突っ込んだモノとなるとまずは自分の襟を正さねばならない気になりますね。

2018/08/18 (Sat) 00:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply