【新作の話】北近畿タンゴ鉄道 天橋立駅 臨時丹後くろまつ3号 - 最新ネタ

【新作の話】北近畿タンゴ鉄道 天橋立駅 臨時丹後くろまつ3号

v163.jpg

前回の続き。
天橋立駅で西舞鶴駅列車を待っているとまたも珍しい車両たちに出会う。


バスは途中まで快適であったが途中から課外授業だか午前授業だかの小学校低学年の団体を乗せ一気に賑やかに。うるさいわ寄りかかられるわで子供が苦手な自分にとっては苦痛だったがこちらは旅行客。我慢するしかあるまい。
天橋立駅に着くと駅前には多くの観光客が。朝利用したバス停、駅ナカの駅窓口にも長蛇の列ができておりごった返していた。
どうしてこれほど客が多いのか。その理由はこれだろう。

国鉄381系+くろまつ

臨時の丹後くろまつと国鉄381系。
この車両たちが並んでいるだけでちょっとした撮影会が始まる。こちらから撮ると逆光なのが憎い。フィルターを持ってくるべきであった。

国鉄381系+くろまつ+KTR8000形

しばらく撮っていると丁度KTR8000形が入線。いとも簡単に3車両揃い踏みしてしまった。
「旅行ついでの余った時間」という感覚でこの偶然は本当にうれしい。流石キュービック運である。逆光が憎い(2回目)。

国鉄381系

留置線に停車中の国鉄381系。
元はと言えばこいつを撮ろうということで始まった今回の旅行もいつの間にか福知山地区唯一の115系、戦前から生き抜いた車両たち、コミューター車両、そして丹後くろまつとバリエーションに富んだ旅行になった。

国鉄381系

この車両はこの後13:54に天橋立発京都行きはしだて4号として運用される。

くろまつ

一方のくろまつ。黒塗りでテカりがあって高級感を演出しているがこのテカりのせいで映り込みに更に気をつけなくてはならないのが玉にキズである。(元阪急沿線民阪急信者の私が言っていい言葉でもないし写真撮るほうの事情なんて知ったこっちゃないが)

ドアが開いていて中を撮りたくなったが流石にマナー違反なので自重。

くろまつ

ご丁寧に漢字・ひらがな・ローマ字表記である。そこまで言わんでもこの車両がくろまつであることは一目見てわかる。


くろまつ

この後この車両は丹後くろまつ3号として豊岡まで運行される。
公式サイトによるとランチコースでちょっと贅沢な料理を堪能できるらしい。
10000円と一番高い値段設定。

それにしても最近なにかあると発車標を撮っている気がする。

国鉄381系+くろまつ

国鉄381系+くろまつ

刻々と西舞鶴行きの列車の時間が近づいてきたので1番ホームに戻り顔を撮る。
工事看板が邪魔だが仕方ない。

くろまつ+KTR800形

時間になり西舞鶴行きの列車が到着。ようやく普通の(?)列車である。
細かいところまでこだわれば800形トップナンバーってのもあるけどね。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment