恋の天気予報 晴れのち晴れになれ - 雑記

恋の天気予報 晴れのち晴れになれ

243v.jpg

先週からtopを8月用にしてある。8月と言えば路地裏見聞録では海であり、18日である。
先ず最初に断わっておくのだが、18日に合わせて本社の改装を完了させる予定だったのだがどうしようもない状況で色々とやらなければならないことが多く、どうにも間に合いそうにないので「そのうち」に訂正させていただく。


今年も海水浴ネタを準備しているのだが、台風の進路によっては良くて【第26話】さよなら台風一族、悪くて【第243話】Two Typhoons、最悪でが待っているような気がしてならない。
尚、今回は宿をとり泊まりがけの海水浴を計画しているので243話のように「雨か、しゃーないな」と機転の利く行動ができない。
台風ならキャンセルすればいいと簡単に言うが、頑固且つ面倒事を起こすのを極端に嫌う人間からすれば、一度ケチのついたもの対しては自分の意思を通してぶち壊して盛大にネタにして強引に成功させるしか選択肢がなくなる。
それは更に面倒事を起こすような気がすると毎回思ってはいるのだが、見聞録を始めて9年、プレ期間も含めると10年こんなことをやっているともうそれでいいとしか考えられなくなってしまった。なんて面倒な奴なんだ。

最早見聞録にとって天気との戦いはオカルトではない。地球という自然に住んでいる以上一生戦い続けなければならない宿敵である。
昨日の敵は今日も敵、今日の友は明日は敵の精神でかからなければならない。これは人間に対しても言えることであるが。

尚、第6章「敵は天気?」が始まってからの戦績は4勝4敗4分。それまで晴れが多かったことを考えると5割と雖も良いとは言い難い。

勝敗天気
260~266天気を見定めてから行ったため勝敗はつかないが快晴だったので限りなく勝ちに近い。
267~268当日は晴れたとはいえ、大雨に対しての代替日だったので結果的には限りなく負けに近い。
269途中微妙な通り雨にはやられたが、最後に夕陽を見られたので勝ち。
270~272想定外の雪に襲われる。ネタ的には面白いが環境は悪い。
273~275珍しく快晴。
276~279どうしようもない大雨。
280~282晴れ。但し帰るだけの日程の日に晴れやがったので莫迦にされており実質負け。
283~286厚い雲と霧。撮影環境は最悪で「桜と霧の幻想的な風景!」などと言ってる場合ではない。
287晴れの日に近所を歩いただけなので雨なわけがない。よって引き分け。
288~290なんだかこの日だけは1カ月前から晴れるような気がしていた。雲ひとつない快晴は予想外だったが。
291~292火曜か金曜かの選択だったので引き分け。
293岐阜~犬山だけ雨が降るピンポイント攻撃。私は間一髪で避けたが周辺の被害を考えれば負け。



見聞録で海と言えば三河湾である。路地裏見聞録3周年企画で弾丸やったことも今となっては懐かしい思い出だが、最近はめっきり「歩け歩け運動」をやらなくなってしまった。
現在の達成状況は以下の図である。

243v.jpg

旧三河海線区間、常滑~野間灯台、河和駅~鳶ヶ崎海岸、海陽学園~渥美火力発電所と矢鱈面倒くさいところばかり残ってしまった(苦)。
これからも吉良吉田~蒲郡間だけ埋まっていくような気がしないでもないが、機会を見つけて少しずつでも埋めていきたいものである。


去年発表された尾道ソシャゲの続報が漸く出てきた。
→ ソラとウミのアイダ




ゲームシステムがショボいとか声優が若干棒だとかそんなことは気にしてはいけない。
待望の尾道ソシャゲ、尾道アニメ、そしてなにより尾道市全面協力である。
こちらとしても尾道を愛する一人として路地裏見聞録尾道支所と共に巡礼の真似事でもしていこうと思う。



既に似たような写真を撮ってはいるものの、来年は尾道ネタが更に増えそうやね……
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment