【第261話】愛知県犬山市 明治村1丁目 - 最新ネタ

【第261話】愛知県犬山市 明治村1丁目

261v.jpg

【第261話】いざ明治村!


前回の続き。
実に4年半ぶりの明治村。はいいのだが……何だか人がめっちゃおるぞ!?大丈夫か!?

犬山駅に戻ってきたんじゃが……明治村方面のバス停になんや腐女子向けイベントでもあるかのような若い女性の列が……これ本当に明治村行きじゃろな……
私が並んだ後も列はどんどん長くなる。見た感じ女子7割、カップル2.75割、おっさん0.25割といったところ。なんでこんなアウェーなんじゃ……お前らもっと行くところあるじゃろ……いや、明治村もセンスあるけど……
バスが犬山駅に入ってきて列はバスに吸い込まれた。立ち客も出るほどの混雑であったが、私は運よく座ることができた。おっさん0.25割……というか正確には私と前髪がやや後退したおじさんの2人なのだが(爆)、おじさんは砂漠の中でオアシスを見つけたかのように私の隣に座ってきた。
女子だらけのバスじゃ座ってた方が安全なのでそうなるのも仕方ないと言えよう。

明治村

犬山駅を発ち約20分、何とか何事もなく明治村に到着した(安堵)。
引き換え券を窓口に渡し、本券を貰って入場。第一関門突破だ。

しかし予想をかなり外してしまった。明治村だ、休日とはいえそんなに人は来ないだろうと思っていたら休日だからいつも以上に人が来ていた(爆)。思えばそらそうやろ!という話なのだがまさか若者がこんなにも明治村に興味があるとは予想外だった。
名鉄の興行は間違っていなかった。間違っていたのは私だった。

明治村

この天気、絶好の紅葉狩り且つ今日はライトアップもある。どう考えても人の少ない時にゆっくりと撮りたいと考える方が間違っている。

※尚、【第46話】ALWAYS 一丁目の文化財~第50話で明治村の建物に関する説明は8割方記載しているので今回は撮っていて感じたこと中心に書いていく。

明治村

先ずは三重県尋常師範学校・蔵持小学校である。

明治村

4年半前と全く変わっていない……
いや、明治村の性質上変わってはいけないのだが、ここまで変わっていないと感動すら覚える。それだけ社会が目まぐるしく動きすぎなのだろうか。

明治村

「素人は大抵ウデもないくせにカッコよく撮りたくなるもんである」と言ったオルガン前。
4年半経っても素人のままである。ありがちな言い訳をすると写真など商業的価値を生まなければどれだけ出来が良くてもそれは自己満足の記録写真であるとの立場から記録写真なら「こんなもん」で許されると思っている。
因みに私のカメラに対する考え方は……いや、これは別の機会にしよう。

明治村

他の地域ではどうなっとんのか知らんが、小学校低学年の机というのは小学生の長年のいたずらによって開けられた穴が標準装備されており、私がクソガキをやっていた頃はよくその穴に消しゴムのカスを入れて遊んだものである。

明治村

続いて近衛局本部付属舎。

明治村

こちらも相変わらず。流石に偉人に囲まれつつ一人で自撮りができるほどハートは強くなっていない(爆)。

明治村

続いて重要文化財、聖ヨハネ教会堂。1丁目のシンボルやね。

261v.jpg

4年半前と比べて流石に色褪せ……と思って帰ってから写真を見比べてみたらそんなに変わってなかった(爆)。
陽の当たり方でそう見えただけかもしれない。

明治村

1階は日曜学校や幼稚園として使われていた教室。

明治村

2階へと上がるための尖塔はとても高く広さを感じる。白を基調としたデザインはとてもスタイリッシュでありとても明るい。
亦、快晴の青空が映しだされた窓の色はとても爽やかである。

明治村

2階へとやってきた……はいいのだが、女子大生3人グループが何やら雑談をしており居辛い雰囲気が漂っている。
どうやら博物館明治村 帝国ホテル支配人の華麗なる推理を解きつつ他愛もない会話をしているようだ。

※2丁目3丁目と行くに連れて気付いたのだがこの日の客の大半がこのリアル脱出ゲームなるものに参加していた。
人気キャラクターとのタイアップでも参加賞がレアモノというわけでもないのに何故多くの人がこれを……と思っていたら途中から客が仕込みに見えてきた(爆)。

明治村
明治村

なんや私が2階に来てから明らかに声のトーンが下がったし何だか「はよどっか行け」と言われているような気がしてしょうがない(苦)。
室内の全体写真撮ろうと思っても女子大生グループが入ってしまい、写り込むと何言われるかわかったもんじゃないので望遠でインテリアを望遠で撮ってシャッター音で威圧するしかない(爆)。

これは戦争である。はっきり言って被害妄想・思い過し・杞憂なのだが、昨今の人間共は何を考えているのかわからんので徹底した専守防衛を行うに限る(人間的にも敗戦国の末路)。

明治村

いやしかし何度見ても美しい窓である。

明治村

ここで唐突にカッコつける。とてもいいランプだ。

明治村

何だかランプを撮ったら満足してしまった(爆)ので女子大生たちより先に教会を出た。
好い風景に出会えると目先の障害などどうでもよくなるもんである。教会を出た視線に見える入鹿池がまた好い感じである。

明治村

しかし天気が確定してから決めたネタとはいえここまでの快晴は久しぶりな気がする。
青いキャンバスに赤が映えて好い感じだ。

明治村

続いて学習院長官舎。

明治村

畳の部屋はいいね!
普通の日ならこの畳部屋の中心で正座して精神統一したり大の字で寝っ転がるのだが、この日は続々とグループ連れが入ってくるので流石にできない。おのれら

明治村

学習院長官舎から見る紅葉も素晴らしいが……

明治村

重要文化財、西郷從道邸の紅葉は更に素晴らしいものであった。

明治村

葉の色づき、葉の形、落葉の状態、空との対比……非の打ちどころのない素晴らしい状態である。

明治村

もう今日これでええんちゃう?人多いし見聞録の敵(カップル)ばっかやし……

明治村

しかしこんなところで満足してはいけない。
純粋な心を持った撮影隊は雨が降ろうと槍が降ろうと挫けてはいけない。
ほら、カメラ持って一人で黙々と撮ってる姉ちゃんもおったぞ。相手からすれば同業者と思われて迷惑極まりないだろうが、今日ばかりは心の拠り所にさせていただく。許せ。

明治村

西郷從道邸の中からも紅葉を眺めることができる。

明治村

ここで頂く紅茶はさぞうまかろう。

明治村

第41話の旧武藤家別邸洋館の時のように構図を決めて写真を撮ってみようとするも客が途切れることなく入ってきて中々構図が決まらない。
休日の昼間に差し掛かり人が増えてくるのは仕方ない。合間を見計らってと思いつつ待っていたのだが、どうも途切れそうにない。

明治村

カップルのイチャツキも見せられてなんかもうこちらも虫の居所が悪くて仕方ないので構図も何も考えんと去ることにする。なんもかんもこのブサイク面と貴様らのイチャツキが悪い。

明治村

逃げるように森鴎外・夏目漱石住宅にやってきた。

明治村

のは良かったのだが……こっちのほうが人が多い(苦)。
相変わらず動かない猫を再確認できたのは良かったがその猫を入れた縁側を撮ろうものなら問答無用で人間(大半カップル)が入ってくるので撮りようがない。
人を入れて撮るのは苦手というよりは専門外であり見聞録では風景にのみ価値を見出す。後ろ姿で撮ればいいとは言っても何処かで修正を入れねばならぬし抑々盗撮である。
風景にゴミが入りこむのは極力避けたい。桜を撮るときに木の下の散らかった人間やゴミを撮る人間はそうそうおらんじゃろ?

明治村

とかなんとか思っていたら結局湯のみを撮ることしかできなくなっていた。なんというか……所詮ネットや内心で虚勢張っとるだけの小心者なのが写真からバレバレである。
写真は心を写すものと誰が言ったか知らんが、なんとなく言っていることはわかる。明治村に来てここまで撮った写真はどこか余所余所しさを感じる。
ただ、もじって「写心」は流石にサブい。

明治村

こちらは日本庭園内にある東京盲学校車寄の屋根(爆)。ベンチにファミリーがおったので全体を撮るのは避けた。

明治村

日本庭園より入鹿池を望む。漸く人間のいない風景を撮ることができた。
一番奥のうっすらと見える山はなんじゃろ、恵那山かな、わからん。
「うーんいい景色だ」と浸っていると何やら横からフワッと香水のようなにおいがしたので振り向いてみると謎の銀髪ロング、服も何処かコスプレ風味の女性集団が隣をスーッと抜けて行った。

竜巻の如く一瞬の出来事に固まる。ここは一体何処なんじゃ!?

明治村

気を取り直して鉄道局新橋工場に来た。

明治村
明治村

明治天皇御料車(6号御料車)と昭憲皇太后御料車(5号御料車)。
車両を見ていたら何だか落ち着いたがこれは豪華絢爛で格調高い作りを見て思わず息を飲んだからであって決して鉄道車両を見たら落ち着いたからではない、と思いたい。
(いやしかしD26ちゃんに愛着を持っているところを見るとコヤツもう手遅れなのでは……)

明治村
▲水平ぐらいとったらどうなの?

1丁目最後の建物は重要文化財の三重県庁舎。
威風堂々とした佇まいは相変わらずだ。

明治村

館内は広く、おにごっこやかくれんぼに最適な場所かもしれない。

……と、小学生の頃遠足で明治村に来た時も同じことを言っていた気がする。
大勢で来ていた幼き頃の自分が歳をとり一人で来ても同じことを思う……変わってはいけないモノ、変わらなければならないモノ……どっちが大切なことなのだろう。どちらも大切ならどちらがより大切なのだろう。

明治村

唐突にポエムを吐くな、まだ入場から1時間15分、明治村は始まったばかりだぞ。

因みに今回のスケジュールは入場した10時から日没とあかりの明治村が始まる16時までの6時間、各地区毎約1時間15分で回っていく予定だ。

明治村

なんだかんだやってこの建物に着く頃には1時間15分になっていたが、これからのことを考えると遅くなっても構わないが早くなってしまって手持無沙汰になるのはあまり良くないと思ったのでここで休憩を入れる。

静かな館内とは対照的に外からは団体老人客のガイド役が大きな声を出して説明していたり、園児の団体が思い思いにはしゃぐ声がバルコニーに身を乗り出さずとも聞こえてくる。

明治村

自分の小学校時代……当時はこんな目線だったのかな。流石にウン十年も経つと忘れてしまった。


次回に続く!

No.261いざ明治村!
場 所愛知県犬山市 明治村1丁目
日 時2016/11/23
備 考博物館明治村
引 用恋愛ラボ 4(完全生産限定版)
恋愛ラボ 4(完全生産限定版)
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment