【第260話】愛知県犬山市 - 最新ネタ

【第260話】愛知県犬山市

260v.jpg

【第260話】水曜日は犬山から


新章1本目はあかりの明治村と紅葉を目当てに明治村に行くことにした。
実に4年半ぶりの再訪となるが変わりなく?その前に……


知立駅

ウヒャー。こいつ朝から知立駅5番ホーム立ってますぜ。

2016年11月23日(水) 勤労感謝の日。
普段はまず休みではない水曜、しかも祝日に何故か休みが入ったので【第46話】ALWAYS 一丁目の文化財以来4年半ぶりの明治村で紅葉を撮ることにした。
明治村にした理由は2つ。
先ず、実はこの先週に鶏足寺で紅葉を撮る予定だったのだが荒天でポシャってしまい(おのれ引きこもりババア)、代替日は用意したものの紅葉の状態がやや心配でピークの写真が一枚欲しかったこと、もうひとつがあかりの明治村で紅葉のライトアップが見られる事である。
普段撮れないモノが撮れたらいい、それぐらいの気持ちであったが再訪ネタとしても使えるので丁度良い。

そういうわけで朝っぱらから知立駅の5番ホームに立っている。
知立駅の朝というのはとても混雑し、毎朝6番ホームからその混雑っぷりを見ては「アッチ方面には通勤したくねェ」と思ったものだが、いざ自分が朝の通勤時間帯に5番ホームに立つとこれほど憂鬱なことはない。何故見聞録のスタートを通勤電車で始めねばならないのか?

時刻は7:20。これでも明治村開村時間より1時間ほど早い到着になるが、できるだけ早い時間に出て少しでもストレスを和らげようと思った。しかしこの時間でも「もしかして満員電車を味わうのではないか」と内心ビクついていたぐらいだ。
そして早く着いた分は犬山城下町の散策で潰す。成程、我ながら良い計画である。
5番ホームに人は疎ら。今日は祝日、通勤客の姿が幾分少ない。特別車の窓側がスムーズに取れるわけだ。

時間旅行きっぷ
▲岩津天神も【第32話】日本國神社物語エマで訪問しているぞ!

本日は名鉄の企画乗車券「明治村 時間旅行きっぷ」を使う。
全線有効の1DAYフリーきっぷと犬山→明治村までのバス、明治村入村券、乗り物券等全てひっくるめて3,800円
普通に買うと知立⇔犬山×2=1,960、犬山⇔明治村×2=840、明治村1,700、乗り物1回500円で5,000円になるのできっぷを買う方が安上がりな上にその都度支払う必要もなく便利なのである。

因みに名鉄の企画乗車券を買うのは初めてだったので名鉄の窓口はどんな対応をするのか興味津津であったが、知立駅の窓口は懇切丁寧且つスピーディに発券してくれた。見直した。

名鉄

気持ちの良い対応と静かな車内で気分を良くしたので普段は食べない朝飯を食う。
カロリーメイトはチョコ味しか食べない。一番まずいのは昔東国かどっか(見聞録的に言うと【第3没】青年よ地元愛を貫け)で食わされたポテト味。あんなものを好きな奴の味覚が信じられなかったが、どうやら現在は淘汰されたらしい。よかった。

犬山駅

斯くて知立から特急で51分、犬山駅に到着した。
犬山で下りるのも【第6没】ミスったり 迷ったり以来だからこちらも4年半ぶり。えらく昔の話である。

犬山城下町

約1時間待ちがあるとはいえ駅から城下町まで徒歩12,3分、犬山城までは15~20分。往復で考えると悠長に写真を撮る時間はあまりない。
まだ開店前の店ばかりな上にゴミ集積車を抜いては抜かれを繰り返しトンデモない臭いに鼻がやられそうだったので写真もそこそこに写真奥に見えている犬山城へ向かう。
写真の少なさとこの呆気なさは一歩間違えばボツネタ行きである。

亦、一部石畳があるとはいえ大半がアスファルトなのはガッカリした。竹原を見た後だっただけにその思いは強かった。

針綱神社

犬山城下までやってきた。
見えている灰色の鳥居は針綱神社。
厄除、安産、長命の神であり濃尾の総鎮守且つ犬山城の守護神である。
濃尾の総鎮守とされるのは主祭神の尾治針名根連命が、尾張氏の祖先神が一宮の真清田神社の祭神でもある天火明命の十四世孫にあたることからだそうである。
尚、天火明命は名前の通り太陽の光や熱を神格化した神であり太陽神、農業神として信仰が篤い。引きこもりはほっといてこっちに祈念したほうがええんちゃう?(爆)

亦、犬山城築城主である織田信康が手彫りの狛犬一対を奉納して安産祈願したことから、戌の日に安産祈願すると良いと言われているらしい。

三光稲荷神社

厄除けや太陽神は兎も角安産祈願なんて縁ないしこっちでいいね、三光稲荷神社。
鳥居が連なる稲荷神社と言えばうか様こと宇迦之御魂神。もう説明は要らんね。

三光稲荷神社

ご丁寧というかそこでええんかというか、参道の真ん中に「犬山城へ近道」。

三光稲荷神社

なんや金とリア充の匂いがしてきたで……大丈夫かこれ……
なんでこんなことになっているのか調べてみるとどうやら姫亀神社が元凶らしい。
芸道・家庭円満・厄除の神様大宮女命を祀り男女良縁、家内円満、夫婦和合にご利益があることからハートの形したピンク色の絵馬を奉納するらしい。

大宮女命は芸能の神。一番わかりやすいのは車折神社のアレである。
亦、天照大神が傍若無人なスサノオに嘆き天岩戸に引きこもった時に裸踊りをして八百万の神を爆笑させ、気になって顔を出した天照大神を引っ張り出した神である。
儀礼の一種ではあるものの現代で言うところの痴女である。なにやってんだ。

犬山

歩いていくと道を逸らしたか、針綱神社の境内に来てしまった。

紅葉

振り返るとあら立派な紅葉。明治村も期待できそうである。

犬山

御神馬。
子供の守り神、子育てのご神馬様らしく、お供えした豆を食うと歯ぎしり、ひきつけが治るそうだ。
おっさんが食ったほうがええんちゃうか?(爆)

犬山

犬山城の入り口に来たことろで散策終了。
というのも理由があってここから先は入場料が必要になってくるのである。本日は明治村メインであり犬山城目当てではないこと、時間が来ているので入場料を支払ったところで踵を返すことになり払い損、そして何よりまだ開門前である。

昨今の見聞録らしくない、というかレギュレーション違反一歩手前のやってはいけない軽い終わり方だが、元々やる予定ではなかった話と思って納得することにする。

6章の最初がこれならやはりボツでもよかったのでは……




続く!

No.260水曜日は犬山から
場 所愛知県犬山市
日 時2016/11/23
備 考犬山観光情報
引 用月曜日は2限から 1 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)
月曜日は2限から 1


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment