【第269話】愛知県名古屋市 熱田神宮~名古屋駅 - 最新ネタ

【第269話】愛知県名古屋市 熱田神宮~名古屋駅

268-v.jpg

【第269話】しらたきくんのリベンジ


2017年の路地裏見聞録が始まった。先ずは熱田神宮に参拝し一年の安全を祈念する。

※本編は次255話だが、最近色々とやることがあって公開は当分先の話になりそうなのでこの話だけ特別先行公開とする。
269話が公開され次第加筆修正する。

神宮前駅

始まりは0635神宮前駅。
この日は8時に名古屋駅で待ち合わせだったのだが、時間に合わせて家を出ると朝ラッシュに巻き込まれ地獄の苦痛勤電車に乗る羽目になる。
私は職場がラッシュの流れと逆で苦痛になるほどのラッシュをあまり体験したことがなく、且つ、見聞録の始まりに通勤電車に乗るのは意地でも避けたかった。

そこで、2017年の路地裏見聞録もうまくいくよう早朝参拝も兼ねて先ずは神宮前にて途中下車することにしたのである。


熱田神宮

ということで愛知県で一番有名な神社、熱田神宮にやってきた。1月も下旬、流石に初詣客もおらず、参拝客は早朝ランニングの序でや出社前のリーマン等朝のルーティンとなっている者たちが多い。

因みに遠方の大きな寺社への初詣が大々的になったのは鉄道普及により交通網が発達し参詣鉄道として興行した明治中期であり、比較的新しい風習である。
江戸時代までは大みそかの夜から元日の朝にかけて氏神の社に籠る「年籠り」はあれど、遠方の大きな神社に態々参拝するということはなく抑々「初詣」という言葉すらなかった。
因って別に「三が日に初詣をしなければならない」と強制されるものでもない。大事なのは詣でる気持ちなのである。


熱田神宮は12代景行天皇43年(西暦113年)に創建された神社とされ、2013年には創祀1900年を迎えた。
古くは織田信長が桶狭間の戦い前に戦勝を祈願した神社でもある。
主祭神は熱田大神。これは熱田神宮の御神体である草薙剣であり天皇の地位を示すとされる三種の神器のうちの一つに当たる。
この草薙剣は別名天叢雲剣(アメノムラクモ)とも言い、日本神話に於いて素戔男尊(スサノオ)が出雲国で八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治した時に大蛇の体内から見つかったものとされ、スサノオはそのアメノムラクモを持ち帰り高天原にいるスサノオの姉天照大神(アマテラス)に献上した。
アマテラスはその後天孫降臨(高天原から日本に降り、治めること)の際に自分の孫である天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命(ニニギ)に授けた。

それから天皇から天皇へ受け継がれ、12代景行天皇の時に12代景行天皇の皇子である日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が倭姫命(ヤマトヒメノミコト、第11代垂仁天皇の第4皇女で天照大神を伊勢神宮に祀った皇女)より草薙剣を授かり東征を行い東国平定した。
この際に駿河国にて火攻めを受け絶体絶命のピンチになるが、草薙剣を草を刈り火打石で火を付け敵を焼き尽くした。これが焼津の起源である。

東国平定後、尾張に入った日本武尊は尾張国造の乎止与命(オトヨ)の娘、宮簀媛命(ミヤズヒメ)を妃に迎える。
やがて伊吹山に荒ぶる神を退治するため宮簀媛命に草薙剣預け「我が床の守りとせよ」と言い残し家を出たが、伊吹山にて神の化身を無視したことで氷を降らされ失神。意識が朦朧としたまま下山し居醒の清水にてようやく正気を取り戻す(醒ヶ井の由来はここからとされる)が、病身になり能褒野(三重県亀山市)にて命を落とす。

宮簀媛命は深く嘆いたが、日本武尊が出陣の際に宮簀媛命に告げた「我が床の守りとせよ」を忠実に守り、この尾張の地に熱田神宮を創建し草薙剣を奉斎鎮守したのである。

この事から熱田大神は草薙剣を御神体とする天照大神であるとする一方、創建の歴史から日本武尊であるとする説も根強いとされている。

熱田神宮

手袋を取り、身なりを正しいつものように5円を3枚用意し拝礼。好い音をと心掛けて気合いの込めた二拍をしたが冬の早朝であることを忘れていた(爆)。
手が赤くなるほどに強く叩いた手は痛みが引くのに若干の時間を要した。

熱田神宮

拝礼後は授与所にて恒例の御神籤である。
1年の初めの御神籤は路地裏見聞録の道標。それが日々お世話になっている天照大神の御導きとあれば反故にするわけにはいかない。

因みに熱田神宮の御神籤には凶関連がない。
つまり大吉、吉、中吉、小吉、半吉、末吉ということになる。中吉以上ならばよしか。

200円を支払い念を込めつつ六角形の御神籤箱を左右に数回振りひっくり返す。
出た数字はホイ!25番!

御神籤

であった。

鏡の如く心に一点の曇りなき人には大吉なり。少しでも利欲心ある人には大凶なり。明鏡止水の如く慎み励むべし。
利欲心の塊のような人間に其れを言うか。

御神籤

・願望 心正せば叶う
どうやらこの御神籤、何が何でも私の利欲心を正したいらしい。

・学業 学び方を考えよ
実はPCを新調し落ち着いたら独学でUnityを勉強しようと思っている。

・方角 西と北よし
西は言わずもがなである。
北というのは蝦夷や陸奥ではなく、見聞録にとっては能登・越中・飛騨を指す。

御神籤
▲当ブログの大まかな方角区分である。但し中濃は気分で変わる。路地裏見聞録を知るための必須知識。

北は前回トライアングルでやっているので代替の知識は持っている。
飛騨にしても飛騨路フリーの出番が愈々あるかもしれない。

・待人 やがて来る
誰も待ってない(爆)。

・失物 暫くしてから出る。
人生で失ったものが多すぎる(爆)。

・旅行 堅実な計画を立てよ
読者ならご存知であろう。行き当たりばったりなんてクソくらえと言わんばかりの計画野郎である。

御神籤

・商売 急げば損あり
商売と関係あるかどうかわからないが、現在PCの買い時を見極めているところである。

・争事 少々むつかし
勇気ある撤退を

・転居 早い方がよし
転居の予定はない。あるとすれば居ではなくPCである。

・縁談 思いがけなく調う
抑々縁がない。

・開運色 赤色
カープ カープ カープ 広島

・病気 次第に治る
マジっすか!?

熱田駅

参拝を終えJR東海の熱田駅に来た。
神宮前から金山や名古屋で乗り換えるのはラッシュの人ごみもあり若干面倒であるためである。

熱田神宮

熱田は普通しか止まらないがラッシュ時は4本。十分である。
……が、4両のため時間帯によっては新快速より混雑する罠がある。7時台だし仕方ないか。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment