関東化する東海の鉄道会社たち - 雑記

関東化する東海の鉄道会社たち

20140908.jpg

ちょっと前にもね、313の顔した気動車が高山や尾鷲を走るのは景観に合わないって話をしてたんですよ。
でもまぁ「新宮行きは乗り鉄のボックスシート取り合い合戦で陣取られちゃうからクロスシートのほうがいいかもね」って武豊線で走っとるやつ前提で話を進めてたんですよ。んで先日twitterで「キハ25-1000出た」って言うからおっ、と思って見てみたら……

オールロングシートなんですってね。あいつ。
まさかまたキハ75が光って見える時代が戻ってくるとは思いませんでした。
オールロングで高山や新宮まで運ばれたらたまったもんではありません。沿線風景がいいだけに静岡地区よりたちが悪い。

最近は名鉄もおかしなことをやってますよね。
ワンマン運転の三河線の6000にLED入れてドアチャイムをJR東海にしたり……
12年前名鉄の伝統をぶち壊す面白味のない銀電入れ始めてから何かがおかしくなった気がします。
3300(3代)は座席の座り心地がE231並みに最低でカーテンがないために暑くクーラーが意味をなさないため夏場は棺桶になります。そしてあのポールはなんの役に立つんだ!5000(2代)!お前もだ!

……とここまで駄文を垂れ流してしまいましたが、私の思うことは一つ。

「パノラマカーやパノラマDX、ブルーライナー、いもむしなど独創的なセンスを出して家族連れや鉄オタの注目を一身に集めていたあの頃の名鉄に戻ってほしい。」

それだけであります。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment