ぼくたちは迷わず翔べるだろう コンパスの針さえ知らない今日の先までだって翔べるだろう - 雑記

ぼくたちは迷わず翔べるだろう コンパスの針さえ知らない今日の先までだって翔べるだろう

20160911-1.jpg

最近旅行記事を上げずに雑記ばかり上げていることに「つまらん」と思う読者もいるかもしれない。
だが此方から言わせてもらえば路地裏見聞録グループは現在オフシーズンである(オンシーズンは10~5月)。
オフシーズンに旅行記事を上げろと言われても困る。ということで今日も雑記をお送りする(爆)。


本日は先日の旅行に関する装備の充実で挙げた品物が届いたので早速レビューしていく。結論から申し上げると満点である。

Parasom R2
20160911-1.jpg

断線したイヤホンに代わるイヤホン。カープ色(爆)。
使用方法をユーザーに選ばせる斬新さ、価格に似合わない豊富な付属品と安定した音質。
スポーツ向けなので断線にも強そうだ。
丁度いい場所にマイクがついているというのも素晴らしい。亦、イヤホンに磁石が内蔵されているので非常にコンパクトにまとまるのも素晴らしい。
値段以上のイヤホンで非常に気に入ったので若し壊れてしまっても次もこれにするかもしれない。
尚、今見たら再入荷予定なしの在庫切れになっていた。危なかった(安堵)。

GTO 手帳型 カバー
20160911-1.jpg

長い旅路を耐え抜いた歴戦のスマホカバーも流石に替え時だったので序でに買い替えた。
留め具はマグネットである。



カード入れは黒い予備ポケットも合わせ5か所。札入れもあるがここには18きっぷやフリーきっぷが入ることになると思う。
なんせ私は買って5分できっぷを失くすトンデモない特殊能力を持っているためである(乗り鉄としては致命的である)

20160911-1.jpg

序でに保護フィルムも張り替えた。
今回は手元にクリーニングティッシュやブロアーなど道具が揃っていたので珍しく埃を入れることなく綺麗に貼ることができた。

20160911-1.jpg

横置きも問題ない。前と比べて多少厚みは増したものの合格点である。

Anker PowerCore 13000
20160911-1.jpg

cheero power plus 2にややヘタりを感じ買い替えることにした。ただ、cheero power plus 2もまだまだ使える上、災害時のだいようりょう予備電源兼懐中電灯としても役に立ちそうなので並行して使っていきたい。
Anker PowerCore 13000はcheero power plus 2と比べ軽く、小さくなっているにもかかわらず容量は増えている。
技術の進歩というのは恐ろしいものである。
当たり前のように付いているメッシュ袋とUSBケーブルも素晴らしい。

サンワダイレクト インナーカメラバッグ
20160911-1.jpg

今回の重要ネタ。事前に数字を見て空想採寸をしたとはいえこいつが合うか合わないかで話が違ってくる。
色はグレー・オレンジ・黒があったが、黒はリュックの中の色と同化してしまうのを避けたかったため、オレンジは目立ち過ぎる上に某賭博球団の臭いがした(爆)ので最初からグレーしか選択肢はなかった。
サイズはL・Mサイズがあるが今回はLサイズを購入した。手首少し行くぐらいの大きさである。

20160911-1.jpg

中を開いて一式入れてみる。
ミラーレス、望遠レンズ、各種フィルタ、ブロアー、予備電池……全て収納することができた。素晴らしい。
亦、ブロアーの隣の白いものはSDカードでありSDカード用のポケットが2か所用意されている。これが地味に便利である。

Leaper(リーパー) カジュアル 帆布 バッグ
20160911-1.jpg

真打登場。光の関係か珈琲色に見えないが目で見た感じは確かに珈琲色である。
この色にした理由は阪急マルーンに近かったから。
街中でこのリュックを背負って緑色のさるぼぼがゆらゆらと動いていたらそれは間違いなく私である。

さあ緊張の一瞬。さっきのインナーカメラバッグと同日購入した3代目三脚のHAKUBA 5段三脚をリュックに入れてみることにする。

20160911-1.jpg

入った(嬉)。
それどころか寸分の狂いもなく完璧である。我ながら素晴らしい。
インナーバッグの下には圧縮袋に入れた1~2日分の着替えが入るスペースもちゃんと残されており、別にA4ファイルを入れる口も用意されている。こういうのを待っていた。

20160911-1.jpg

表のポケットには絆創膏やピルケース、Anker PowerCore 13000を入れておいた。

20160911-1.jpg

サイドポケットにすぐ取り出せる老体コンデジを配備。

20160911-1.jpg

背面にもチャックがあり、A4相当の大きさの物なら入る。
ただ、この背面ポケットの使用頻度はあまり高くないかもしれない。

これでもまだ未使用ポケットが3か所もあるというのが驚きである。工夫次第ではもっと入りそうだ。
尚、このリュックには肩と背中にメッシュクッションが施されているので疲労もそれなりに軽減されるだろう。

このリュックの最大の弱点として夏場の背中の蒸れと汗があるが、これは100均のメッシュクッションで十分対応可能のようなので今度試してみようと思う。もうすぐ涼しい季節がやってくるが()。


以上のことから今回の意を決した買い物は満点であった。
私のような旅の仕方をしていて持ち物に悩んでいる読者がいたら是非参考にしてほしい。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment