【第6没】愛知県犬山市 明治村~岐阜県多治見市 - 見聞録:その他

【第6没】愛知県犬山市 明治村~岐阜県多治見市

bo6.jpg

【第6没】ミスったり 迷ったり
満を持して明治村登場!……のはずだったのだが盛大にやらかしてしまった。
本編に入れようにも写真が少なすぎるのでボツ入り。


私は三河国の人間である。
尾張国を「城の形をしたコンクリートビルを崇める民族」だの「名物はパクリものばかり」だの日々言いたい放題言ってステレオタイプな三河人を演じているが(爆)、これは名古屋だけの問題であって周りの知多半島や犬山には一目置いている。
知多半島は師崎まで行けば地球が丸い事を実感できるし、土管坂を歩くのもいい。花ひろばに行けば一面に様々な季節の花を見ることができる。
犬山だって城下町は風情があるし、桜や紅葉が楽しめる。モンキーパーク、リトルワールド、明治村等テーマパークも多い。

そこで今回は撮影スキルの向上を目的とした明治村探訪を行うことにした。

知立駅でてけテケと待ち合わせ犬山へ。そこからバスに乗り明治村に向かう。

……のだが……いつもと違う……何かが違う……。

これから明治村へ行くというのにバスの乗客は一言も喋らない。
しかもスーツや作業着の乗客もいる。とてもに遊びに行く様子には見えない……。
何だか笑ってはいけないシリーズのバスパートに入ったかのような感じで、乗客が皆我々を騙そうとしているのはないかという感覚に陥る。

それからバスは誰も降りることなく終着明治村へ。
慣れた様子で乗客が降りて行く。……あれは定期券……もしや従業員か?
なんでこの開園後の時間に出勤を……と思いつつバスを降りるとそこにあったのは不気味なほど静寂に包まれた明治村の正門である第八高等学校正門だった。

「……おい、嫌な予感がするぞ。まさかやってしまったのか
「やめろ、正直バスの中から嫌な予感はしてたんだ

…………

「「ナーッハッハッハッハ!!!!!!」」

なんだっそら、耐えられない。
12月、1月、2月は毎週月曜日が休村日だったのである。

バスは既に発車しとり残されたのは我々2人のみ。
事前に調べなかったほうが悪いとはいえ、これはあまりにも無情である。
途方に暮れもう笑うしかないが、同時に「これからどうすればいいんだ」という最大の懸案事項が2人に襲いかかる。

「バスはけーへんしなあ……どうするか」
「取り敢えず歩くか?次のバスまで待つか?」
「なんや、このまま終わるのもツマランな、まだ午前やし」
「しかし、どうするんだ?」
「おっ、近くに温泉があるぞ!歩いて行くか!」
「ほほう?……おいこれ岐阜県だぞ

こうして前代未聞の歩いて県境を越え温泉に入りに行くというトンデモ企画が行われることになった(爆)。


最初は始まったばかりということで余裕があった。
入鹿池沿いを歩き只管東へ。入鹿池は有名な心霊スポットであり途中赤い橋が見えてくると「あの辺りがヤバイ」とか「あの辺りに天狗神社がある」とか「入口にある像の目が不気味に光る」などとオカルト談義に花が咲く。

しかし行けに別れを告げ郷中新橋南信号に差しかかると状況は変わってくる。手に持った文明の利器の地図を見ながらこっちか?こっちか?と思いつつ県道16号を東へ。
入鹿池に注ぐ川を右手に枝や葉っぱが散らかり放題の道を進んでいく。

途中、分岐が現れる。順調に進むのならば左を選ぶのだろうが「高速道路の隣を歩く機会なんてそうそうあるもんではない」と言う理由で右を選ぶ。
最初はなんでもない道だったが途中からがけ崩れが起きた斜面に水が流れて道になったような道を歩くと言うよりは登って行く。
写真でも撮っておけばよかったが、ルート選択ミスで失墜した心と「一度決めたものは最後までやり遂げなければならない」という頑固さから写真を撮るのも忘れて只管登った(苦)。


▲この日の踏破ルート。高速道路に最接近する直前のギザギザが問題の場所である。

しかも無事登り切って右手に高速道路が見えたというのに感動も何もない。
それどころかなんだかドライバーに「何故こんなところに人がいるんだ」と見られている気がしてきて途端に恥ずかしくなってきた(爆)。
高速に別れを告げ更に歩いていくとなにやら整備された山道に出た。
どうやらここは東海自然歩道らしい(小牧・犬山市境)

とんでもない道に分け入って不安ばかりであったが、開拓者の息遣いが聞こえる道ということが分かった途端に不安は8割程度なくなった。この道を行けば適当な道に出られるからである。
亦、歩いた季節が冬と言うことも幸いした。このような山道に自販機などあるわけもなく、夏だったら虫の総攻撃を食らい水分も切らす事態に陥っていたであろう。これでは篠島の二の舞であり簡単に言えばバカである。

兎に角、道は把握できた。この市境に沿って歩けば何れは小泉駅に着く。
少し休んで更に歩く。すると開けた場所に出て山肌が削られ錆びた鉄骨が廃墟魂を擽る採石場に辿り着いた。どうやら多治見砕石と言うらしい。
あまりジロジロと眺めると不審者と思われかねないので早々に立ち去り更に歩くと少しして念願の住宅街が見えてきた。感動モノである。

そして……

bo6.jpg

やり遂げてしまった(嬉)。
時刻は12:45、まだまだ時間に余裕はあった。
ここから2駅先の姫駅へ列車で向かい、そこから歩いて天然温泉三峰へと向かった。
途中右翼街宣車の駐車場があり(当時)若干肝を冷やしたが、道に迷うことなく温泉に到着。落ち着いた佇まいで一日の疲れが癒えた。

※この3年後、三峰は全応募者ランキング上位施設の総合で1位に輝いた。行っておいてよかった温泉の一つである。


……明治村は?(爆)

No.B06ミスったり 迷ったり
場 所愛知県犬山市 明治村~岐阜県多治見市
日 時2012/02/27晴/曇
備 考博物館明治村
引 用TVアニメ TARI TARI ミュージックアルバム~歌ったり、奏でたり~
TVアニメ TARI TARI ミュージックアルバム~歌ったり、奏でたり~

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment