あたらしい世界 とびこめ!未来がよんでる - 雑記

あたらしい世界 とびこめ!未来がよんでる

朕深ク世界ノ大勢ト帝國ノ現状トニ鑑ミ非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ收拾セムト欲シ茲ニ忠良ナル爾臣民ニ告ク

朕ハ帝國政府ヲシテ米英支蘇四國ニ對シ其ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セシメタリ

抑ゝ帝國臣民ノ康寧ヲ圖リ萬邦共榮ノ樂ヲ偕ニスルハ皇祖皇宗ノ遺範ニシテ朕ノ拳々措カサル所
曩ニ米英二國ニ宣戰セル所以モ亦實ニ帝國ノ自存ト東亞ノ安定トヲ庶幾スルニ出テ他國ノ主權ヲ排シ領土ヲ侵スカ如キハ固ヨリ朕カ志ニアラス
然ルニ交戰已ニ四歳ヲ閲シ朕カ陸海將兵ノ勇戰朕カ百僚有司ノ勵精朕カ一億衆庶ノ奉公各ゝ最善ヲ盡セルニ拘ラス戰局必スシモ好轉セス世界ノ大勢亦我ニ利アラス
加之敵ハ新ニ殘虐ナル爆彈ヲ使用シテ頻ニ無辜ヲ殺傷シ慘害ノ及フ所眞ニ測ルヘカラサルニ至ル
而モ尚交戰ヲ繼續セムカ終ニ我カ民族ノ滅亡ヲ招來スルノミナラス延テ人類ノ文明ヲモ破却スヘシ
斯ノ如クムハ朕何ヲ以テカ億兆ノ赤子ヲ保シ皇祖皇宗ノ神靈ニ謝セムヤ是レ朕カ帝國政府ヲシテ共同宣言ニ應セシムルニ至レル所以ナリ
朕ハ帝國ト共ニ終始東亞ノ解放ニ協力セル諸盟邦ニ對シ遺憾ノ意ヲ表セサルヲ得ス
帝國臣民ニシテ戰陣ニ死シ職域ニ殉シ非命ニ斃レタル者及其ノ遺族ニ想ヲ致セハ五内爲ニ裂ク
且戰傷ヲ負ヒ災禍ヲ蒙リ家業ヲ失ヒタル者ノ厚生ニ至リテハ朕ノ深ク軫念スル所ナリ
惟フニ今後帝國ノ受クヘキ苦難ハ固ヨリ尋常ニアラス
爾臣民ノ衷情モ朕善ク之ヲ知ル然レトモ朕ハ時運ノ趨ク所堪ヘ難キヲ堪ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ萬世ノ爲ニ太平ヲ開カムト欲ス
朕ハ茲ニ國體ヲ護持シ得テ忠良ナル爾臣民ノ赤誠ニ信倚シ常ニ爾臣民ト共ニ在リ
若シ夫レ情ノ激スル所濫ニ事端ヲ滋クシ或ハ同胞排擠互ニ時局ヲ亂リ爲ニ大道ヲ誤リ信義ヲ世界ニ失フカ如キハ朕最モ之ヲ戒ム
宜シク擧國一家子孫相傳ヘ確ク神州ノ不滅ヲ信シ任重クシテ道遠キヲ念ヒ總力ヲ將來ノ建設ニ傾ケ道義ヲ篤クシ志操ヲ鞏クシ誓テ國體ノ精華ヲ發揚シ世界ノ進運ニ後レサラムコトヲ期スヘシ
爾臣民其レ克ク朕カ意ヲ體セヨ


首相が靖国参拝するよりも遥かに特大級の爆弾、それこそツァーリ・ボンバ級の爆弾よりにもよってこの三河国に存在する。

それは西尾・蒲郡の三ヶ根山にある……

20160815-6.jpg

殉国七士廟である。
ここには東京裁判判決に従い死刑を執行された7名の軍人・政治家(東條英機首相・陸軍大将、土肥原賢二陸軍大将、板垣征四郎陸軍大将、木村兵太郎陸軍大将、松井石根陸軍大将、武藤章陸軍中将、広田弘毅首相)が祀られている。
こんなところに一国の首相が手を合わせようものなら手榴弾の安全ピンは外されたようなものである。

この建てるだけでも慎重になるべき案件を、気でも触れたのか、そんなに困窮していたのか、当時の幡豆町は「一躍有名になれば観光価値からいっても上々だ」と判断し建てた。なんだっそら、耐えられない。

それから幡豆町は見聞録読者ならご存知の通り、島をうさぎや猿が集う動物園にしたり全国初のミニSLを走らせたりして隆盛を誇ってきた。

……が、それは今では沿線が廃線危機になったり三ヶ根山は廃墟の聖地と言われるようになってしまったりと、最早芭蕉が「夏草や 兵どもが 夢の跡」と詠む一歩手前まで来てしまっている。これはいけない。

20160815-5.jpg
▲茶屋兼ホテル跡。見つけやすく入りやすい。

20160815-4.jpg
▲S級廃墟物件、Sホテル。中の様子・景色はS級だが、バリケードもS級。

20160815-2.jpg
▲三ヶ根山ロープウェイ跡。眼下に広がる蒲郡。
見聞録で紹介するのは 【第136話】新緑のon the hillで とだいぶ後になってしまうので、
失われたロープウェイ(vision*J氏)|三ヶ根山ロープウェイ跡
underzero(はっとし_ぜろ氏)|三ヶ根山ロープウェイ跡も参照されたい。

因みに形原あじさいの里の奥には三ヶ根ロープウェイの当時の姿を偲ぶカフェもあるので日中の紫陽花撮影に疲れたら訪れてみるのも一興である。

20160815-3.jpg

勿論作られた資源に頼らずとも、平和に感謝したくなるような素晴らしい風景を見ることができるので、バカの一つ覚えのように無計画に尾張国の首都へ行かずこのような三河国の素晴らしい観光地に足を運ばれては如何であろうか。


20160815-1.jpg

敬礼事務員。
右の人はえきのてオリジナルキャラで大海るりぃという名前らしい。
恥ずかしながら今ままで名前を知らなかったので勇気を出して聞いた(爆)。

「見よう見まねで描いたが……に……似てなさすぎる……」
「おめぇ事務員とショートボブしか描けねぇんだから無理すんな!」
「電脳コイルのイサコを柔らかくすれば少しは似るのでは……ほら……デコらへんの……(苦)」
「もうそれ違うキャラなのでは……」

少なくとも事務員を描く暇がある間は日本国も私の身辺も平和であろう。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment