【新作の話】静岡県 大井川鐡道井川線 - 最新ネタ

【新作の話】静岡県 大井川鐡道井川線

2014824-2.jpg

前回からの続き。今回は大井川鐡道の井川線を車で巡る。

2014827-1.jpg

駐車場から見た長島ダム。周りの山々とマッチしないコンクリートの壁が威圧感を与える。

2014827-2.jpg

ダムのすぐそばにしぶき橋と呼ばれるビュースポットがあるので歩く。

2014827-3.jpg

しぶき橋から。今夏は雨の日が多く大井川は至る所で川の水が濁り寸又峡のつり橋を諦めることになったし、ここも例外ではない。水の色が復活するのはいつになるだろうか。

2014827-4.jpg

続いては奥大井湖上駅を目指す。5,6台は止められる駐車場から階段を上ったり下ったり……夏場はきつい!

2014827-5.jpg

橋まで降りた。ここからは線路の左側の通路を歩いて渡る。大阪の赤川鉄橋みたいですね。もちろん揺れるなんてことはないのでご安心を。

2014827-6.jpg

奥大井湖上駅の駅ノート。着いて早々確認してしまう癖がついてしまった。
ボロボロな上に落丁、ページを無駄にするラクガキが目立ち、これではすぐなくなってしまうなと思ったのでここで描くことはしなかった。やはり小和田駅のようにしっかりと管理された駅は少ないのか。

2014827-7.jpg

そうこうしているうちに上り列車が到着。すぐ横を通ると言っても速度は遅く軽便鉄道並みの斜体の小ささなので、さほど威圧感はない。

2014827-8.jpg

続いて奥大井湖上駅ビュースポットから。丁度千頭発接岨峡温泉行き最終列車が奥大井湖上駅に入線する写真が撮れた。
次は閑蔵駅だ。さすがに車で尾盛駅に行くことはできない。

2014827-9.jpg

着いて早々列車が来た。井川発千頭行き最終列車だ。
乗客たちの不思議なものを見る目に耐えつつ思い残すことのないよう撮り続け、列車を見送った。

2014827-12.jpg

低いホームとそのホームから垂直に林立する針葉樹林が他の駅にはない独特の雰囲気を醸し出していた。
薄暗いホームと列車が吸い込まれていったレールの先を見ているとどうも不安な気持ちになる。

2014827-10.jpg

閑蔵駅にも駅ノートは置かれている。奥大井湖上駅とは違い綺麗なまま管理されていた。
周辺見どころスポットが写真とともにまとめられたクリアフォルダも置いてあり、玄人向けといった感じがする。

ノートをぺらぺらとめくるとやはり一番インパクトがあるのはえきのての大海あすか氏の作品。

2014827-11.jpg

私は何も用意してなかったので咄嗟に2,3年前に練習がてら描いた落書きに宣伝を書き貼り付けた。
少々罪悪感に苛まれたが汚い文字で参上!と遺すよりはマシと判断した。

描いたあとは壁につるして戻しておこうと思ったが、今夏の雨の多さ、奥大井湖上駅のノートの惨状を鑑みてフォルダに挟んで置いておくことにした(気休め程度かもしれないが)。
ノート用にクリアケースがあると雨に濡れずに管理できていいかもしれない。

2014827-13.jpg

最後は井川線終点井川駅。入って写真を撮ろうと思ったが最終列車発車後は入口にロープが張られるようで、入るのを少しためらったのでここから数枚撮るだけにした。

帰りは県道60号をひたすら下った。緑に侵食された廃墟が点在していたのが印象的だったが、ひとつひとつ降りて確認するような体力は既になくなっていた。
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

大海あすか  

ありがとうございます!

私のイラスト、ご紹介いただきありがとうございます!
閑蔵駅、この駅すごかった。
なんというか、森の中に吸い込まれるような感じがしました。
そんな景色がすごく印象的で、このイラストを描かせて頂きました。
あおいさんのイラストも旅先でいつも楽しみにしていますよ。
井川駅、ロープが貼られているんですね。
駅にはおみやげの売店ありましたが、お弁当や食べ物系もないし、
この駅、あまり意味ないなぁと思ってしまいました。

2014/09/26 (Fri) 04:21 | EDIT | REPLY |   

しらたきあおい  

Re: ありがとうございます!

閑蔵駅は何か深呼吸したくなる駅でしたね……。
村はずれに鎮座する大きな神社を見ているようで、帰り際に思わず頭を下げてしまいました。

2014/09/26 (Fri) 16:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment