【第228話】大阪府吹田市 千里万博公園~兵庫県伊丹市 伊丹空港 - 最新ネタ

【第228話】大阪府吹田市 千里万博公園~兵庫県伊丹市 伊丹空港

228v.jpg

【第228話】三河の国からこんにちは
全国鉄道むすめスタンプラリーが終わりほっとしたのも束の間、今度は関西鉄むすスタンプラリーが始まった。
やるんですか?やっちゃうんですか?様子見るんじゃなかったんですか?

米原駅

山はうしろに立ち去りて 前に来るは琵琶の海 ~♪
ほとりに沿ひし米原は 北陸道の分岐線 ~♪


ダイヤ改正有れどもこの風景は変わらず。一足早いが今年度もよろしくお願いしますと言ったところか。
いつもの定位置でポケ~ッと突っ立っていると友人が突然「2016年だ!」と言いだした。
何のことだと指差す方向を見てみると連結器が2016だった。
なんちゅうところに気付くんだ。街中で古いバスを追っかけまわすと眼が獲物を狙う鷹の如く発達するのか、メガネやけど。

次いでいつもの新快速が入線。
両サイドの客が中々開かないドアに困惑する中、慣れた手つきでボタンを押し颯爽と乗車する姿はベテランの風格(爆)。
誰もが通る道、「自分も最初はああだった。」その言葉、後何回言えば気が済むのだろう。

※尚、この日の目的は鉄道むすめスタンプラリーであったが、途中に天照大神参拝も兼ねていたので機嫌が良かったのかこの日に限っては晴れやがった。

高槻駅

今回は高槻駅で乗り換えという珍しいパターンであるが、去年散々高槻やら茨木やら名前を出したのでイマイチ珍しい感じがしない(爆)。
今春から供用開始された新快速・特急専用6番ホームから快速に乗り換えるため向かいのホームへ。
その昔住吉駅で見た転落防止用ロープ柵が6番ホームには設置されている。効果のほどはようわからんが、神戸新聞曰く好評らしい。

茨木駅

やってきた快速に乗り茨木へやってきた。そろそろ見慣れた光景にノミネートされてもいい(爆)。

ここから阪急バスの急行エキスポシティ行きのバスに乗り万博公園を目指す。
車内は平日にも拘らず満員。道中前に座った如何にもコスプレが趣味そうな女子2人(失礼)が旅行の話をしており、その中で「佐久島行ってみたい!」と話をしていたのにはびっくりした。いや、びっくりしたというよりは笑えて来た。
あなたの後ろにいる男は3度佐久島を歩いていますよ」と言う勇気など微塵もなく終始会話を盗み聞き。なんて嫌な男だ。
それにしても高槻で佐久島の地名を聞くとは、若しかしたら離島コスin佐久島の影響が出ているかもしれない。
佐久島はイベント抜きにしてもとてもいいところなので、是非足を運んでいただきたいものである。
遠路遥々やってきた若者に対して冷たく当たる島民は誰一人としていないだろう。

急行万博公園行

斯くてエキスポシティに到着、ゾロゾロと客が降りていく。

着いて早々スタンプを押して次の場所へ……はあまりにもナンセンス。
折角なので太陽の塔と去年の秋開業したばかりのエキスポシティを散策して……

万博記念公園

なんだっそら、耐えられない。
まず最初に目に入ってきたのは観覧車ではなく長蛇の列。
あまり人の多い場所は好かない性格故、これほどの長蛇を見るのは愛・地球博以来であった。

列を追ってみるとどうやらこれ全部海遊館プロデュースの水族館「NIFUREL(ニフレル)」の客らしい。
何が何だかよくわからないが、熱気を帯びた長蛇の列は避けるに限る。
私としては、真っ暗な部屋で数匹のミズクラゲがプカプカと浮いている姿さえ見られればもうそれでよい。

一方の私たちはららぽーとEXPOCITYへ。所謂複合型大型ショッピングセンターである。
ちなみに隣国尾張国も2017年に地下鉄名港線東海通駅と港区役所駅の中間あたりでららぽーと名古屋なるものを開業させる気でいるらしい。全く興味が湧かない(爆)。

話を戻すとこのららぽーと内には鉄道模型店があったり駄菓子屋があったり我々でも楽しめる店がいくつかある。

駄菓子

折角なので買おう、駄菓子屋見聞録は生きている。

ガチャガチャ

折角なのでガチャガチャもやろう、誰が言ったかガチャガチャ見聞録は生きている(爆)。
コロコレ デスクトップガーデン【多肉植物】2の中のビクアリナタというやつらしい。
砂利がリアルで水が不要。これで200円は中々のものである。

尚、時間に余裕があったので……

あさりきのこうどん

久しぶりにうどん見聞録もやった。
讃岐うどんまごころのあさりきのこうどん。
あさりと聞くと食べたくなるのは三河湾に育てられたからなのかなんなのか。
味は可もなく不可もなく、変な言い方をするとこの味はここなら十分。

万博記念公園

食べ終わった後は太陽の塔を見に行く。
桜はまだ蕾であり華がない。尚、この写真は柵の隙間からカメラを差し込み撮影するセコい方法を使った(爆)。
というのも別にケチったわけではなく、入場券売り場に人だかりができていたためである。
掃けるのを待っていたら乗る予定のモノレールに間に合わなくなってしまう。今日は結構カツカツスケジュールなのである。

万博記念公園

こんにちは こんにちは 西のくにから ~♪
こんにちは こんにちは 東のくにから ~♪


はっきり言って地元開催だった愛・地球博のテーマソングより耳に残っている(爆)。
抑々当時から「何が愛だ」と屈折した人生を送っていただけに愛・地球博のテーマソングはまったく心に響かなかった。

大阪モノレール

引き返してくると丁度頭上を大阪高速鉄道1000系 EXPOCITY/ららぽーと号が通過。
思えば215話、尾道からの帰りにこいつを見て「落ち着いたらそのうち見聞録で特集してみたい」と決意した。
半年経ってからの伏線回収であった。

万博記念公園駅。

豊川まどか

この日のチェックポイントである。

→ 関西鉄道むすめ&萌えキャラスタンプラリー|鉄道むすめ~鉄道制服コレクション~

先日も触れたが、全国が続くようなら様子見だと考えていたところにまさかの関西限定
関西限定と言う言葉に弱い私をうまいことピンポイントに釣った卑怯なイベントである。

豊川まどか

大阪高速鉄道株式会社フロアアテンダント 豊川まどか。
鉄道むすめと言えば20台後半から30代前半のネジが外れかかった独身女がよくある設定であるが、これまた妖艶で優しそうな感じである。
言えば事務員よろしく大人のエロスである。

しかしこの板、どこか違和感がある。
いつもと違う……何かが違う……

豊川まどか

よく見ると修復痕が見られる(苦)。
ある日の腰折れともかほどの痛々しさはないもののこれを見るとアテンダントも楽ではないなと思わされる(本当か?)。

大阪の消防団

こちらはホームにあったポスター。
大阪の消防団活動をPRするポスターである。

このオフショルダーのお姉さん、間違いなく弟持ちで酒好きだろう。私が一番好きな属性だ(爆)。

大阪モノレール

そんなこんなをやっていたら大阪高速鉄道1000系03編成が入線してきたのでこれに乗り大阪空港へと向かう。


そんで大阪空港(伊丹空港)へ来てみたものの……

伊丹空港

友人がレアだなんだと若干興奮気味であったが、全く分からない上に飛行機には全く興味がないので温度差がすごい。

伊丹空港

遠くに見える機体が「天草エアラインの~」という説明で漸く「ああ、ニュースで特集されてたアレ……」と理解できる程度である。

旅ブログ/鉄道ブログ目当てで見聞録出張所に来た読者が、繰り広げられる無駄な鉄道/アニメ知識を見て「こいつジャンルと全く違うこと書いてやがる……」とブラウザバックしていくのもこういうもんだろう。
後悔はするが反省はしない。読者に選択の自由があるのだから、此方も自由があってよいだろう(だから読者が増えない)。

伊丹空港

ちなみに私が飛行機嫌いなのは別に高所恐怖症だからではなく、数トンもある鉄の塊が宙に浮くという奇奇怪怪な事案なだけでも恐ろしいのに、その狭い鉄の塊の中に閉じ込められた我々は不測の事態が起こっても自分の力だけではどう対処することができず、死を待つだけという事象に耐えられないからである。

旅も日常も、地に足付いた生活がしたいものだ。

伊丹空港

こちら伊丹空港名物パタパタ。
知立駅にもあったアレである。

伊丹空港
伊丹空港

飛行機は乗らないと雖も、行き先のロマンは夜行バスや鉄道と変わらないものがある。
この中では出雲と隠岐が一段と輝いて見える。

そして伊丹空港もう一つの名物が……

酒自販機

空港銘酒蔵にあるこの自動利き酒マシンである。

御猪口

カウンターから御猪口を持って来たら自販機にセットし100園を入れて呑みたい銘柄のボタンを押すだけである。
カウンターではちょっとしたツマミも用意できるらしく、ハマってしまうと搭乗に遅れてしまうという何とも罪な店だ。

酒自販機

置いてある銘柄は全て関西の地酒30種。甘いものから辛いものまで多種多様あり、1杯100円で気に入ったら買ってくれというシステムはとてもいい。ワシ酒飲まんけどね(爆)。


次回へ続く!

No.228三河の国からこんにちは
場 所大阪府吹田市 千里万博公園~兵庫県伊丹市 伊丹空港
日 時2016/03/29晴/曇
備 考日本最大級 大型複合施設 EXPOCITY-エキスポシティ-
引 用三波春夫 ベスト TFC-611
三波春夫 ベスト TFC-611

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment