【第25話】愛知県知立市 - 愛知

【第25話】愛知県知立市

25v.jpg

【第25話】バカとアイスと扇風機
セミがけたたましく鳴き、とめどなく噴き出す汗。日本は夏真っただ中だ。
虫と暑さが苦手な私にとってはそれは地獄の季節でしかない。
そうは言いつつもノルマのため外へ出てみると、公園では盆踊りの準備が着々と進んでいた。盆踊りが終われば秋はもうすぐだ。もう少しの辛抱である。

知立市の空

8月。夏なのだから暑いのは当たり前なのだが、口から出る言葉は「暑い、暑い」。「暑い暑い言ってるから暑いと感じるんだ!」と誰が言い始めたのかわからないが、だからと言って閉口すれば涼しくなるわけでもない。実際は暑いと言う余裕があるだけマシで、無口になった時のほうが危険なのだ。
ま、それはいいとしてせっかくカメラを持っているのだから家に閉じこもってないで外に出て街の変化を観察しよう。

夏の空

ここは国道155号沿いの知立駅高架化工事が本格化する前の橋。目の前を名鉄本線が通るため写真を撮るにはいい場所だった。
昔はよくこの橋を渡って草刈公園まで野球をしに行ったものである。

イーグルボウル

知立市民、というか宝町の人にはおなじみのイーグルボウルの巨大ピン。
昔から大勢のグループで遊ぶことが苦手というかただ単に友達の少ない環境に慣れてしまっていたからか、ボウリングをしたことは数える程度しかない。抑々ボウリングはそこまで好きな遊びではなかった。

名鉄

橋を渡った先。
当時は道と線路が近かったためモロに電車からの風圧を受けていた。
写真の通りの環境なので電車を撮ることには全く不自由しない環境であり、たまにこの場所で信号待ちの為減速・停車をする電車もあった。

名鉄

電車にそこまで詳しいわけではないのでぱっと見5700系と5300系の区別がつかないが、教えてもらった情報によるとパンタグラフの位置で見分けがつくらしい。知らんがな(爆)。

当時なんて「来たら撮るだけシャッターチャンスなんて捨てろ」でやっていただけにこんな写真では到底わから……

名鉄

岐阜側先頭車にパンタグラフがないのでどうやら5700でいいらしい。
ふとした写真も消さずにとっておくもんである。

櫓

池端公園では盆踊りの準備が進んでいる。
小さい頃に一度参加したことがあったが、浴衣の姉ちゃん見ながらジュース飲んで帰った記憶しかない。当時からややおっさんであった(爆)。
※因みに写り込んでいる遊具は環境美化と遊具の老朽化で全とっかえされてしまったので現存しない。

公園の緑

第20話で紹介した桜の木も今は葉を青々と茂らせている。セミが大の苦手なくせにこういうときだけは動じずに写真を撮っている。度胸があるんだかないんだがようわからん。
それとも写真に集中すると周りが見えなくなるやつであろうか。

知立駅への道

第20話でも撮った知立駅に通じる歩道。
どんだけ好きなんだこの歩道。

No.025バカとアイスと扇風機
場 所愛知県知立市
日 時2011/08/05
備 考-
引 用バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)
バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment