【第226話】静岡県 小和田駅~長野県 中井侍駅 - 最新ネタ

【第226話】静岡県 小和田駅~長野県 中井侍駅

226v.jpg

【第226話】僕しかいない駅
前回の続き。
飯田線のヌシに会いに来た。今回こそは誰かおるもんであろうと覚悟していたのだが……あれ?

小和田駅

大嵐から1駅、また来てしまった。

小和田駅

4度目ともなると感動よりは友人宅に押し掛けているような気分だ。

小和田駅

「今回は流石にワシと同じく下車するモンがおるやろ」と思っていたら今回も一人だった(爆)。

パイプ椅子に腰かけると夏焼第二隧道のダメージが予想以上に大きかったのか、椅子に接着剤でもくっついているかのようにケツが椅子から離れなくなってしまったので笑ってはいけないシリーズの如く先ずは引き出しチェックをする。

小和田駅

前回男性用自家発電装置の空箱など色々詰め込まれていたが、今回あったのは天浜線キーホルダーぐらいであった。
調べてみると天竜二俣駅で500円で売られているらしく、39駅全部の駅名キーホルダーを作ってしまったらしい。なんだっそら、耐えられない

小和田駅

机の上は今までと違い箱が設置されており、すっきりとした印象になった。

先ずは前回4月以降に書(描)かれたものをチェックしていく。

小和田駅 ノート
大海あすか氏

小和田駅 ノート
▲あやぱんだ氏

小和田駅 ノート
▲HisanoWorks氏

HisanoWorks氏の水彩イラストは流石である。

ほんならワシもちょいちょいと書いていこう……と思ったが、陽が落ち始めた2月の山はそれはもう寒い

雨や雪が降っていないだけまだましであるが、机が置いてあるのは扉のない入口の隅。
風だけでも十分に残り少ない体力を奪うには十分であった。

小和田駅 ノート

いつものように貼った。
来てから気付いたのだがこの事務員、背が高すぎる(爆)。
背景の描き方は最後まで納得いくものが描けなかった。山は苦手だ。
左は木を描こうとして悩んだ結果アドバイスを受けて筆ペンで只管点を打っていったら出来上がった。そのためあまりに山とリアルさがかけ離れてしまい山火事が起きているようなイラストになってしまった(爆)。

後はこの日の感想をちょいと書くだけだったのだが、そうもいかなかった。
ある日私は小和田駅を清掃している御仁のブログを見つけたのだが、その中で小和田駅でゴミの入った袋(たばこの吸い殻つき)を見つけてがっかりしている内容の記事があったのだ。
この駅に来てノートを見ていたらその無能な旅人、鉄屑に対する気持ちがメラメラと湧いてきたので、お節介ながら説教で残り半分のページを埋めてしまった。
不快に思った鉄屑やボンクラ無能旅人に落書きされたりするかもしれないが、そんときゃそん時だの気持ちで書いた。私は間違ったことは書いていないという確固たる気持ちがあったからである。

お陰で滞在時間の3分の2をノートに充てるハメになってしまった。
今回は駅に来た序でに小和田池之神社に参拝しようと5円を3枚用意してきたのだが、残念ながらそれもできなくなってしまった。
尤も、夏焼第二隧道のダメージもあったのでどちらにせよできなかったかもしれないが(爆)。

途中、ポーンポーンと列車接近音が鳴ったのでカメラを持ってホームに向かう。

小和田駅 伊那路

本日3度目の伊那路。
いわれのない中傷を受けながらも颯爽と伊那路を駆け抜ける。JR東海稀代の名車キハ85系に比べたら大したことのない車両なのになんかカッコよく見えてきたぞこいつ……。

手が震えてきた。通過時の風圧のせいで(苦)。

小和田駅
小和田駅
▲早咲き桜?

斯くて電車到着の時間になった。
この日は一人であったが、もうすぐ18きっぷシーズンが始まり秘境号も走るので駅に活気が戻るであろう。一人一人がゴミは持ち帰ることを徹底し気持ちのいい駅利用をしてほしいものである。

小和田駅

ということで来た電車に乗る。


中井侍駅

1駅で中井侍駅へ。

中井侍駅

ケースが引き出し型のものに交換されていた。

中井侍駅 ノート
▲冷静に見たら異様である

小和田同様、訪問後に書かれたものをチェックしていく。

中井侍駅 ノート
大海あすか氏

中井侍駅 ノート
▲HisanoWorks氏

中井侍にもHisanoWorks氏の水彩イラストが残されていた。見事である。

中井侍駅 ノート
▲空白部分に感想を書いたが加工しておいた。

中井侍は滞在時間が約20分しかないのでさっさと書いてしまおう。
中井侍には汎用事務員を貼った。前に3枚描いたことでペンのインクが無くなり用意する時間も然程残されていなかったので、仕方なく筆ペンで思いのまま描いたのだが、今日貼った4作品の中で一番マシな作品だったかもしれない(爆)。

中井侍駅

これにてノルマ達成。
夏焼集落のやり残しができてしまったが、概ね満足している。

青空フリー

今回も大いに役に立ってもらった。
帰りは豊橋から名鉄でさっさと帰るか刈谷で名鉄に乗り換えて帰るか迷ったが、730円と230円で差が500円もあるので今回は刈谷経由で帰宅した。



真ん中が歯抜け状態やな……

No.226僕しかいない駅
場 所静岡県 小和田駅~長野県 中井侍駅
日 時2016/02/21
備 考-
引 用僕だけがいない街 上(完全生産限定版) [Blu-ray]
僕だけがいない街 上(完全生産限定版) [Blu-ray]


関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

大海あすか  

古民家風小和田駅

今日和、大海あすかです。
小和田、中井侍は飯田線の鉄板ローカル駅ですね!
小和田は駅ノートイレがボックスになっているんですね。
前回着た時は気が付きませんでした・・・

あやぱんださんのイラストは、見た感じ一発描きですね?
さらっと描かれているように見受けますが、すごい画力ですよ。
そしてHisanoWorksさんの水彩画、お見事としか。
弟子入りしたいくらいです。

しらたきさんのイラストは、版画のような仕上がりがすごく素敵!
黒か白か。
この、鮮やかな色対比が好きです!
次の作品も楽しみにしています!!

2016/03/17 (Thu) 22:36 | EDIT | REPLY |   

しらたき  

Re: 古民家風小和田駅

この2駅は鉄板ですね。
小和田駅のボックスは駅に着くまで私も全く知りませんでした。
ボランティアか管理されている方かはわかりませんが態々木箱を駅に持ってくるぐらいですから、相当に愛着があり思い入れがあるのでしょうね。素晴らしい。

いやー、HisanoWorks氏の水彩画には驚きました。
これ見ちゃったらもう「あぁ、白黒一本で頑張ろう」と言う気分です。
今回の旅でインクを切らしてしまいましたが(笑)。

2016/03/18 (Fri) 09:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment