【第27話】愛知県南知多町 日間賀島 - 愛知

【第27話】愛知県南知多町 日間賀島

日間賀島

【第27話】侵略!タコ野郎
~見聞録史上最も辛い一日、開幕~
路地裏見聞録3周年企画。
「普段行かないところへ行こう」「それなら佐久島ばかりでこの2島は行ってないからとりあえずこの島を踏破しよう」ということでスムーズに計画が決定。
しかし季節は夏真っただ中。それを全く考慮しなかったために我々は酷い目に遭うのであった。見聞録初の3部作。

20140807-6

今回の航路。
河和駅から歩いて10分程度のところにある河和港から高速船で日間賀島、篠島、伊良湖と三河湾を横断していく。知立駅が起点で終点であるということを考えるとまさに三河湾一周の旅である。これを真夏に日帰りでやろうなんてバカ以外の何物でもなかった。
今回は企画乗船券「島めぐりきっぷ」を使って安く島を回る。

それにしてもこうやって図で見ると割とよく歩いているほうではないかと思う。悔しいのは15年前から始めていればうさぎ島・猿島、内海フォレストパーク、犬山橋、ブルーライナー、パノラマDXなどもネタにできていたということだ。昔のことを言うとキリがない。

日間賀島

河和港から20分ほどで日間賀島に到着。夏は海水浴シーズン、島は多くの人で賑わっていた。
海水浴場の正面には知多半島があり、【第19話】イタリアのごとく!で紹介したチッタナポリがよく見える。

日間賀島

西港にあったタコツボオブジェ。
日間賀島は「タコとフグの島」を謳う島である。意外にも過去に愛知がトラフグ漁獲量日本一だったこともあったらしい。
因みにこんな意味のわからない構図になってしまったのは正面に写真撮影の列ができていたためである。

20140807-3

どうも昔から撮りたいものを狙って計画を立てると枯れていたりまだ見頃じゃなかったりするのだが、その逆もある。
今回がそれだ。立派な向日葵が咲いている。

20140807-1

海水浴場の波消し防波堤。海水浴場を囲むように設計されている特徴的なカーブが魅力的。
このカーブのおかげで日間賀島西海水浴場では波が穏やかで子供でも安全な海水浴場を提供できるのだ。
この日は夏休みもまだ半ば、気温も35℃を超えた日だったので多くの家族連れが海水浴を楽しんでいた。
一歩間違えたら疑われかねない場所なだけに、細心の注意を払って撮影に臨む。

20140807-9

知多半島方面を眺めてみると一際高いビル、チッタナポリが見える。通称、バブルの遺産。

日間賀島

さてのんびりしている時間はあまりない。日間賀島を時計回りに回っていこう。
ゆっくりしていると篠島行きの船が出てしまい計画通りにいかなくなり本数の少ない伊良湖行きとの連絡が不可能になってしまう。

20140807-2

島を時計回りにズンズンと進んでいく。港以外は大体こんな感じの風景が続く。
尚、写真奥の木が茂っている場所には海に向かって漕ぐブランコ「ハイジのブランコ」があるらしい。家に帰ってから知った(爆)。

日間賀島

尤も、知っていたとしても当日あの場所付近は子供の声が多く聞かれたので、近寄ることもできなかっただろう(私は子供が苦手である)。

日間賀島

島の南東、日間賀島東港付近までやってきた。西港とはうってかわって人影は少なく静かだった。閑散とした道路で空しく仕事をする信号機が印象的だった。

20140807-10

ようやく正面で撮れたタコ野郎。足元のプランターの花が空しく枯れているが換えたりすることは考えないのだろうか。それとも考える必要がないほど東港に人は来ないのか。

20140807-8

タコに別れを告げ島の南側を歩く。
北側とは違い、高いところに建物が立ち並んでいる。ここまで北・西側と南・東側で風景がまったく違うのも面白い。

日間賀島

立派な車道だが、この日は車よりレンタルサイクル利用者を多く見た。盆をエンジョイしてる感がよく出ていて羨ましかった。(我々も一応盆を利用しての小旅行なのだが……)
それにしても水平線と垂直な一本道は見ていて爽快。不快な蒸し暑ささえなければ。

日間賀島

日間賀小学校南付近。向日葵が植えてあるので階段の場所もすぐに分かった。
ここの向日葵もちょうど見頃。

ひるがお

こちらは壁に繁殖するヒルガオ。アサガオに似た花ではあるが駆除が大変なため雑草扱いされる。花言葉が「絆」だろうが何だろうが雑草は雑草らしい(爆)。

20140807-7

途中、日間賀島中学校へ続く階段を上る。自然の猛威に逆らうことはできない感じがとてもいい。

20140807-6

上り切ったところから見た景色。階段を上っただけなのに達成感がある。
遠くに見えるのは海だけだが、あの【第1話】佐久島海藻物語・前編で味わった、森から海が見えて言葉には言い表せない感動のようなものをまたここでも味わった。写真では伝わりづらいがここはとても素晴らしい場所だった。

20140807-5

日間賀島中学校付近から次に向かう地、篠島が見える。近いようで遠い島だ。

日間賀島

お盆休みの日間賀小・中を通り過ぎ日間賀観光ホテルへ。下へ降りる階段があるのでそれを下りていく。

くさのみち

なにやら突然ジャングルの様相を呈してきた。虫との対決が控えていると思うと途端にかけ足になっていく。

20140807-12

上った時の階段よりも自然を感じる。セミやクモの巣が怖い(爆)。

20140807-4

虫に注意しつつ下を目指しているとだんだんと視界に海が広がってきて、また言い知れぬ感動を覚える。

東⇔西

降りたところにあったもの。中々わかりづらい案内に仕上がっていてデザイン重視なのが分かる。描かれている魚はナマズではなくフグ。

日間賀島

このカーブを曲がれば日間賀島西港。陽が高くなり大分暑くなってきた。
どうやらトイレ休憩ぐらいの余裕はあるようだ。

日間賀島
▲名残惜しいが仕方がない

日間賀島

なんとか篠島行きに間に合った。
割とギリギリだったが、それなりに見て回れたのは収穫だった。次は篠島だ。ここから地獄が始まるのである。

次回へ続く!

No.027侵略!タコ野郎
場 所愛知県知多郡南知多町 日間賀島
日 時2011/08/18
備 考タコとフグの里海 - 日間賀島観光協会
引 用侵略!イカ娘 1 (少年チャンピオン・コミックス)
侵略!イカ娘 1 (少年チャンピオン・コミックス)

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment