路地裏見聞録グループ 新年挨拶 2016 - 雑記

路地裏見聞録グループ 新年挨拶 2016

2016年を迎えてしまった。
巷ではいい1年になるようにだとかまー色々と新年特有の向上心のある言葉が並ぶが、私にとっては「また苦しい1年が始まってしまった」としか思えない。
今年はどれだけの風景・誇りがセンスのないデザイン・意向によって破壊されていくのか考えるだけでも嫌になるが、今年も当ブログでは有りっ丈のクレームを見ていて不快になるぐらいに展開していくので読者にはお付き合い願いたい。

20160101-3.jpg
▲新年の抱負を高らかに宣言する管理人。どことなくいやらしい目つきをしている。



さて、去年は「時代は中国・山陰」として1年やらせてもらったが今年もそれを継続する。と言うか色々計画していたら10年計画になってしまった(爆)。

20160101-1.jpg

パッと思いつくだけ行ってみたい場所を大雑把に区分けしてみた。再訪希望の場所もある。
これを見るだけでも19回は中国地方+小豆島に行かねばならず、これだけで見聞録本編の数は100を超えるだろう(爆)。
しかも1回の旅行でテーマを完結できるわけもないので再訪は必須。もう何度行くことになるかわからない。そうなると1年で!というのは到底無理な話なので10年計画としたのである。
恐らくこうやっている間にも行ってみたい場所が増えていくので、資金と時間ができたら片っ端からやっていくべきであろう。
しかしここまでくるともうこれは移住したほうが早い上に安上がりだ(悩)。

一方の日帰りモノは滋賀県に注目していきたい。

20160101-4.jpg

春は桜。
滋賀県のシンボル琵琶湖と絡めて春の陽気な写真を撮りたい。
序でに水晶浜。春は人が少なくて水質が良い。

夏は郷愁。
日野駅を見てからというもの、滋賀南部は夏のイメージが強くなった。
復活した信楽も行っておきたい。

秋は挑戦。
残暑落ち着き絶好の旅行日和であれば、少し足をのばして沖島や多景島にチャレンジするのもいいだろう。
メインは鶏足寺。2015年は天候不順だったので今年は狙ってみたい。

冬は豪雪。
日本の白黒の世界に騒がしい都会は似合わない。


こんなところ。でもまぁ一番の目標は「これ以上体調を悪化させない」かもしれない(爆)。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment