【第214話】広島県竹原市 憧憬の路 - 最新ネタ

【第214話】広島県竹原市 憧憬の路

204v.jpg

【第214話】最後のたまゆらの日
前回の続き
この日の為に竹原に来たと言っても過言ではない。
雨雲の襲来に怯えつつも無事に開催された今年の憧憬の路。
今年はたまゆらの日と重なったこともあり去年のようにマッサン合同ではなくたまゆら一色であったように思う。



竹原市

本土へ帰ってきた。
何とか予定通りに進んでおり時間に余裕があったため、憧憬の路が始まる前の竹原を散策する。

※昼間にやったことは大体以下の動画(憧憬の路後広島ローカル放送された特集)の通りである(爆)。いわせ書店のおじさんも元気そうでよかった。




憧憬の路前からグッズや関連商品をたくさん買い込みどんどん財布が薄くなっていくのを肌で感じつつ商店街をぶらつく。

竹原市
竹原市
竹原市
竹原市

商店街を歩いていると唐突に現れた等身大人形。
衣料品店の人たちがこの日に合わせて作ったのかと思いきや店主曰く有志からの提供だそうだ。なんちゅう愛だ。
友人を隣に立たせたが、どうやら身長も設定に合わせて精巧に作られているようでそれはもう素晴らしいと言わざるを得ない。
疑問があると言えばこの8体の人形をどうやってここまで持ってきたのだろうということである。さよみ姉さん如くミニバンに8体の生贄(人形)を載せニヤニヤしつつ運んでいたとすれば失礼ながらキモイと言わざるを得ない(爆)。

竹原市

こちらはメッセージボード。
「○○から来ました!」や「○回目!」と自分を誇示するメッセージが目立つ中「松来さん早くよくなって」といったような相手を気遣うメッセージも散見された。
一般人おろか主役の声優にすらこの時は松来さんの死を知らされていなかったため、仕方のない事とはいえメッセージを受け取るべき相手がこの時既にこの世には居なかったというのは辛い気持ちになる。

竹原市

巨大ももねこ様。勝てる気がしない。

憧憬の路

商店街の一角にはももねこ様おみくじなるものがあり1回100円だったので「おう、凶引いたるわ見とけ」と言いつつ100円を投入すると……

憧憬の路

なんだっそら、耐えられない。
本当に凶を引いてしまい唖然とする。
私はこういうものをアテにして方針を決めたりすることもあるぐらいには信じてしまうタイプでありその結果一つ一つに乾いた笑いしか出なかった。

憧憬の路

・ももねこ様のお言葉
や、や、むや、むや、むむむむ。
(好調そうに思えますが、足下が不安定になりやすい時期です。通常ペースを守って自分自身の力を養いましょう。)

今年一年、体調を崩したせいで足下が不安定どころか足場が崩れ落ち崖でしがみ付いている状況である。
通常ペースを守ることなど至難の業でしかない(爆)。

憧憬の路

・願い事
叶うと信じることが大切ですが、必ずしも叶いはしません。

当たり前のことだが夢も希望もない(爆)。

・進学 就職
時間はかかりますが自分の力を信じてがんばりましょう。報われるもあります。

こいつ若しやドS神籤ではなかろうか?若干の毒舌要素がある。

・恋愛
誰にでも軽い言葉を言うのは禁物です。モテなくなります。

軽い言葉を使うのはギャルゲーの時ぐらいである。

・健康
医師の助言を素直に聞き入れることが大切です。

まるで今年一年の私を見てきたような書き方である。
天道様はお見通しとはよく言ったものだ。心に刻むべき忠告であろう。

憧憬の路

・家庭
心を開いて、問題を話し合いましょう。

今家に問題は抱えていない。
これから起きるのかもしれない(苦)。

・行動
読書が吉です。とりわけ恵本(絵本?)を読むことがいいでしょう。

ここまでの誤植何とも「こいつ人の運勢良くする気ないやろ」と思わざるを得ない(爆)。

・金運
出し惜しみは金運を下げます。

金運下がるから竹原で金使っていけということならこいつ中々の策士である。

・賭け事
自信を持ち、信念を貫くと、失うものが多いです。

年末ジャンボ宝くじの購入は諦めろ、だから竹原で使っていけということだろうか小奴め。

竹原市

道の駅たけはらに向かう途中、かおるがウェディングプランナーになることを決意させた建物も発見する。

憧憬の路

道の駅たまゆら2F。去年と変わらぬ並び……ではなかった。また、器用にもぽっての頭の上にももねこ様が乗せられている。
ここで日々世話になっている友人への土産を購入する。流石にピンク色のTシャツをプレゼントするわけにもいかぬので、無難にキーホルダーを選んだ。

憧憬の路開始時刻までまだ時間があったのでもう一度町並み保存地区を歩く。

竹原市

朝の時点では片づけられていた竹の茶屋の影絵も営業開始に伴い店先に飾られていた。

竹原市

向かいにも切り絵。

竹原市
竹原市
竹原市
竹原市

照蓮寺には夢灯りが並べられており、一般人に紛れて出演者のものも置いてあった。


駐車場へ戻り一旦土産やグッズを車内に置き身軽になる。
カメラ財布フィルター折りたたみ傘……そんぐらい。人の多い場所も3時間歩くのに不必要な装備は邪魔でしかない。

憧憬の路

夕刻、陽は落ち愈々憧憬の路が始まる。
始まりは去年と同じ場所から。
他人より良い写真を撮ってやろうとは思ったのだが、老体コンデジが現役バリバリの一眼に勝てるわけもなく、抑々素人なので自分の良いと思ったものを淡々と撮っていくことにした。
20時30分頃旧笠井邸で落ち合うことにし友人とは別れ、個々で撮影を楽しむ。

憧憬の路
憧憬の路
憧憬の路
憧憬の路
憧憬の路
憧憬の路

憧憬の路

げにめでたき和楽器の音色と共に和装美人のやっさっさ流し踊りが街を縦断。
久しぶりにフラッシュを使った。


憧憬の路
憧憬の路
憧憬の路

憧憬の路

本家より美しいスカイツリー。今年は色が付いた。


憧憬の路
憧憬の路
憧憬の路
憧憬の路

いつもの場所。人の多さも毎度のこと。
今更気付いたがここは人が減り出す20時15分以降撮影したほうがいいと思った。
今年は20時になり雨が気になりだしたので早めに撮っておいて正解だったとは思うが。

憧憬の路
憧憬の路
憧憬の路
憧憬の路
憧憬の路
憧憬の路

憧憬の路

照蓮寺。良い感じに奥に影が入ってくれていいシャッターチャンスに巡り合えたと思っている。

憧憬の路
憧憬の路

輪切りの竹を並べて花にしている。センスがあり素晴らしいと言う他ない。

憧憬の路
憧憬の路

憧憬の路
憧憬の路
憧憬の路

今回一番時間を割いた場所かもしれない。
もっといい角度があるであろうに何故か私の後ろで三脚を構える同業者が続出し申し訳なく思った。

憧憬の路

雨が路面を濡らすほどには強くなってきたので「一足先に笠井邸に行くわ」とメールで連絡、すると友人も同じことを思っていたようですんなりと落ち合うことができた。

たまゆら
(友人提供)

友人はcafeたまゆらの中を撮影していたようだ。

旧笠井邸

ここで老体コンデジの電池が切れる(爆)。
去年と全く同じ所で力尽きるとはと嘆きつつ友人のカメラを拝借、なんとか撮影。
大学生になり男の味を覚えたかなえ先輩が眩しい。

旧笠井邸

友人もカメラ使うし何度も借りられない。
斯くなる上は最低ランクのカメラ性能を持つXperia Z Ultraの出番である。酷い。

旧笠井邸
(友人提供)

斯くして長い一日は終わりを告げる。
後半雨が降ってしまったものの無事に開催され問題なく一日を過ごせたことはとてもよかったと思う。


憧憬の路

宿は中国地方旅行ではお世話になっているあのホテルである。
道中行き交う車両よりもイノシシの飛び出しのほうが気になって仕方なかったが、今回はそんなこともなく無事にたどり着いた。

憧憬の路

今日一日の整理と明日の準備を終え、大浴場で一風呂浴びコーヒー牛乳を買って帰ってきた。
ここの瓶コーヒーはありがちな明治ではなくご当地の山陽コーヒーであった。
表示の通りまろやかな味わいで引っかかりがなく飲みやすかった。
白バラコーヒーといいご当地コーヒー牛乳の開拓もいいもんだ。

次回へ続く!


No.214最後のたまゆらの日
場 所広島県竹原市 憧憬の路
日 時2015/11/01曇→雨
備 考安芸の小京都 きてみんさい竹原
引 用TVアニメーション たまゆら~もあぐれっしぶ~ ボーカルアルバム うたとせ
TVアニメーション たまゆら~もあぐれっしぶ~ ボーカルアルバム うたとせ

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment