【第7話】三重県紀北町 海山区島勝浦 - 三重

【第7話】三重県紀北町 海山区島勝浦

【第7話】1秒でいいから伝えたい 天色の海を

【第7話】1秒でいいから伝えたい 天色の海を
またもや海水浴である。
今回は尾鷲の手前にあるという和具の浜海水浴場へ行くことにした。
元々は新鹿海水浴場に行く予定だったのだが、少し遠く、いろいろと心配があったので「今回は」ということでここになった。
あまり前情報を入れていなかったという名古屋城へ行った時のことをまったく教訓にしていないダメっぷりを発揮しそうになったが、今回は前情報が少なかったことが幸いし、感動的な風景を皆で共有することになる。


この日はいい天気であった。
少々気分が高揚していたのか、県道734号を通り過ぎ船津駅に到着してしまうぐらいにはテンションが高かった。
少し戻り734→202と進んでいくと前方にトンネルが見えてきた。よく見るとトンネルの向こうに真っ青な海が見える。トンネルに入り視界が暗くなると奥にその青色が見えるだけである。
いやがうえにも、期待が高まる。それはもう写真を撮り忘れるぐらいに。そして。

「ウォォーッ!」

思わず声を上げた。素晴らしいコントラストだった。愛知県では見られない光景を目の当たりにしまたも写真を撮り忘れる。何のためのカメラだ。
写真は海水浴の帰りに船越海水浴場付近で撮った一枚。
なんとここに帰る時間になるまで写真を撮ることを忘れていたのである(爆)。なんだっそら、耐えられない。
ちなみに海水浴をした和具の浜海水浴場は写真の左奥に少し見える砂浜のあたりである。人はまばらで快適な海水浴ができたが、高速道路が完成すればこのあたりに来る人も増えるのかもしれない。スルーして熊野新鹿まで行くかもしれないけど。

それにしてもまぁ、いつか撮り直ししたいものである。この景色がなくなってしまわないうちに……

--------------

→ Landscape
トンネルから見た写真が掲載されている。素晴らしい景色であるとともに撮り方がうまい(羨)。

No.0071秒でいいから伝えたい 天色の海を
場 所三重県紀北町 海山区島勝浦 和具の浜海水浴場
日 時2009/08/08
備 考和具の浜海水浴場|紀北町観光協会・公式サイト
引 用WINDER~ボクハココニイル~
WINDER~ボクハココニイル~

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment