からあげ丼 600円 - 雑記

からあげ丼 600円

20151006-1.jpg

あまんちゅ!のアニメ化、解せぬことが多々ありめでたい気持ちにはなれない。

それはいいとして、サークルKの StyleONE さば味噌煮。
マジでうまいからなのかステマの成果が出たからなのかは知らないがネットで検索するとこいつに対するレビューは一切なく出てくるのはセブンイレブンの鯖の味噌煮ばかり。許されない。

ということで無駄に多くあるサークルKからさば味噌煮を引っ張り出し今回食してみることにした。食欲の秋である。

感想としては、味噌よりも生姜の風味が強く感じられたと思う。身もノルウェー産鯖なので全く問題はなく、可もなく不可もなくの味。抑々、鯖の味噌煮で味付けを失敗するようではコンビニとしてやっていくのは厳しい。
他社とは違い骨を取り除かない鯖の味噌煮であるため、食べ進めると出てくる煮込まれた骨が昔給食で食べた鯖の銀紙焼きを思い出した。


昔は食事時間も削って20km徒歩移動や写真撮影に時間をかけていたものだが、最近は何かあるとすぐグルメだのお土産売り場だのすっかり丸くなってしまった。今では旅行前に土産売り場でシャツは売っていないか確認する始末である(爆)。

良く言えば旅の仕方を覚えたということだろうが、見聞録に於いて旅というものは乱暴且つ雑であり決して女ウケしない男の勉強会のようなところがあった。だからどうにも今の状態は甘ったれているようにしか見えないのである。

……とはいえ丸くなった現在と雖もやはり「河口湖と伊豆を日帰りで行ってきた」「かき氷食うために枚方行ってきた」「パン買いに茨木まで行ってきた、死にかけた」なんていうのはまだまだ一般常識とはかけ離れているようで、土産話をすると大抵半笑いされる。それでいい。その反応が欲しかった。


そんなこんなの見聞録、10月になりさあ新作を……と言いたいところであるが、ここで一つ思いきって表示方法を変えてみようかと思っている。

現在路地裏見聞録はサイトからサイトへページが遷移していく当たり前の方法をとっているが、これをブログリンクへ切り替えようと思う。要は

20151005-1.jpg

こういうことである。これによる功罪であるが、

メリット
・見やすくなる
サイトは手打ちなので一々装飾するのに手間をかけていたため面倒くさくなってやや単調な記事となってしまっていたが、ブログではやりたい放題できるので読者に見やすいページを心掛けることができるようになる。

・更新が早くなる
手間がかからなくなるということは更新が早くなるということである。
恐らく今から始めたら1年後には最新話に追い付く更新スピードになるだろう。

・検索にひっかかりやすい
サイトのほうはSEO対策やらなんやらで面倒くさくなってしまう部分があったが、ブログではそういうことを気にせずとにかく書けばいいので検索にもひっかかりやすくなる。ひっかかりやすいということは読者も増えるということである。

・ここ最近の話はもう更新済み
……ということは残り150話分ぐらいを書けばいい話なのである。
しかも45話までは丸ごと移せばいいだけである。楽ったらありゃしない。


デメリット
・サイトは過去の産物と化すのか
そんなことにならぬよう、サイトの特性を生かした特集ページを充実させるつもりである。

・一々サイトとブログを行き来させる気か
全く別のページに移ることに抵抗を覚える人もいるかもしれない。

・ブログ投稿済みの記事のカテゴリ分けはどうするのか
これが一番の問題である。
本編として使うなら記事レイアウトは統一したい。小話を挟んだ記事も多くそのまま活用することはできない。
恐らくであるが1~45話分の各府県記事は雑記カテゴリに移し、最新の話カテゴリは国鉄車両の如く段階的に廃止していくと思う。

実験として次回の【最新の話】は【第210話】にし見聞録カテゴリに投稿、統一した記事レイアウトで更新してみようと思う。

以上これからの見聞録の展望である。恐らくこの移行により今年の本編更新はなくなるが、今まで以上に見やすい記事を心掛けていくのでどうか路地裏見聞録を見捨てないでやってほしい。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment