サバとサービス - 雑記

サバとサービス



鯖の煮付。近畿地区のセブンイレブンでのみ取り扱っている。
近畿限定であること、類似品である鯖の味噌煮が全国展開であること、あまりにもセブンを褒める記事が多いためステマを疑う(失礼)コンビニ商品紹介ブログの書き手に東国人が多いこと、やたらひっかかるアフィブログのせいでこの鯖の煮付レビューが検索に引っ掛かることは皆無である。

尚、私は鯖は幼少期から「うまいものである」と意識付けられているため、味噌煮だろうが煮付だろうが塩焼きだろうが食う。
ただし生ものや冷食は苦手なため鯖寿司は食べない。
温かいそうめんであるという長浜の鯖そうめんはそのうち挑戦してみたいものである。



20150819-2.jpg

先日、武蔵国へ出でて何やら色々とやってきた親友同志より色々と戦利品なる土産物を戴いた。
この場を借りてもう一度御礼申し上げると共に、その土産の一部を紹介する。

20150819-3.jpg

ヨコハマのおいしい水である。
なんだっそら、……しかしまだ耐えられる。
当ブログでは何度も出てきている立石あやめアカウントがやたら宣伝をしているので存在は知っていたが、実際に見るとなんだか……なんだか……である。

ただ、この商品はシーサイドラインの駅自販機で販売しており、アニメオタク相手に抱き合わせ商法で水を高く売るような真似はしてないだけ好感は持てる。




若干その好感も冷めた(爆)。


このただの水、いくら「ヨコハマのおいしい水」と雖も、まさか横浜市の水道から直接ボトル詰めされたわけではなかろうと採水地を確認してみると……

20150819-4.jpg

なんだっそら、耐えられない。
横浜市どころか神奈川県内ですらなかったではないか。
西国偏向情報ブログ管理人にとって道志村と言われてもどこやねん!という感想しか出てこなかったため、山梨県南都留郡道志村(やまなしけんみなみつるぐんどうしむら)について文明の利器を使って調べてみた。

道志村は日本でも有数のキャンプ場密集地らしい。
それだけ自然豊かな場所なのであろう。2012年には「日本で最も美しい村」連合に加盟が認定されている。
横浜市との関係は古く、1897年に横浜市水道が道志川から水道原水の取水を始めたところから始まっているようだ。
ただ、あまりに密接な関係になりすぎたためか2003年に村民たちが住民発議し横浜市に合併を申し入れて断られている。
村に対する誇りはないのか。


それはさておき、採水地が山梨な理由は理解した。
つまりは「大阪市の水や!うまいで!」「それ琵琶湖の水やろ!」みたいな話だろう。

貴重な水資源、大切に。

tetsumusu150818.jpg

助けもありだいぶ減ってきた。
残りは12、13、14、15、20、22であろう。
最初は「1年は長い、余裕がある」と思っていたが、どうにも絶妙な期間であるような気がしてきた(爆)。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment