【路地裏備忘録】行ってみたい駅100選 広島編 - 備忘録

【路地裏備忘録】行ってみたい駅100選 広島編

20150715-0.jpg

本日は18きっぷ購入のため刈谷に出陣した。別に買うだけなら旅行当日に緑の窓口へ行けばいいのだが、それでは気分が乗らないので毎度効力前に買わせてもらっている。
必要な情報が集まったのか今回はアンケート券が付かなかった。

それにしても嵐の前の静けさか、腹の立つぐらいの夏の空であった。
ただ、テレビで騒がれているほど暑くはなく、32,3℃ぐらいであったと思う。
それよりも“あつかった”のは通路の真ん中で肩がぶつかった、ぶつかってないで口論になっていた若者と爺であった。
なんだっそら、耐えられない。
早く人の少ない場所に行って都会の喧騒を忘れさせる旅行がしたいものである。この世はあまりにもストレス社会過ぎる。

18きっぷを買っただけで帰るというのもアレだったので100均や本屋にも立ち寄ったが買いたいものが全くなかった。
仕方ないので三河安城まで出張。
某店にて某美女がガレキに埋もれていたので……

20150715-1.jpg

救出・救済した(清)。


本日は広島編である。
1-101.jpg
38.(食)JR西日本福塩線 備後矢野駅
この駅はB級感溢れる駅である。
駅舎内にさまざまなポスターや額入り写真が飾られており旅人を驚かせる。
駅には「かすりや」といううどん屋があり、福縁阡うどんといううどんがある。
これはうどんにヨモギ、キビ、ウメの3色餅を入れたもので555円なのだが、これに25円を追加すると「二重のご縁」を願う駅名の焼き印が押されたお守りが付く。280円には「福縁(290円)が2倍」という意味も込められているそうである。

亦、福塩線府中~三次間は9時から14時の間列車が一本も来ない空白時間がある(日によっては13時台1本あり)上、かすりやの定休日も水曜・木曜その他曜日も不定休となっているので計画の際はなんだっそら……とならないような計画を立てる必要がある。
→ ぼれぇで府中!!~bore-de Fuchu~: ご利益いっぱい!? 福縁阡(ふくえんせん)

39.(食)JR西日本福塩線 上下駅
銀山街道の宿場町の一つであり、天領だった上下町の最寄り駅である。
駅自体は大したことはないが2013年に移転開業した蕎麦屋「そば処 四季」が盛況のようである。
備後矢野駅の項でも記載したが、列車の本数が限られているため綿密な計画を練りたいところ。
→ 上下駅・そば処四季 ( 飲食店 ) - 撮り鉄チャリダーのフォト日記 - Yahoo!ブログ

40.(秘、ノ)JR西日本芸備線 道後山駅
駅事務室が消防車に乗っ取られた駅。
1日3本という本数の少なさは小和田駅が楽勝に見えてくるほどのまさに秘境だが、新見方面から来た場合備後落合折り返しの列車に乗ればいいので難易度は下がる。備後落合から来た場合は知らん(爆)。
※リンク先によると1日5本のバスかタクシーを使えば脱出できそうである。まあ、こんなところまで来る玄人なら色々計画を練っているだろうから心配はないだろう。
→ 道後山駅日記

41.(秘、ノ、食)JR西日本芸備線・木次線 備後落合駅
夏草や 兵どもが 夢の跡
現代に色濃く残る繁華の跡、牛山氏に「日本一の秘境ターミナル駅」と言わしめたこの駅は私が日本で最も訪れたい駅である。

冬は駅から歩いて10分のところにあるドライブイン落合にてかつて駅で提供されていたおでんうどんを食べることができる。
雪が降りしきる中辿りついた先でおじさん・おばさんの笑顔を見ながら食べるおでんうどん。これ以上に温かいものはないだろう。
→ 備後落合通信事務局のブログ

42.(秘、ノ)長谷駅
ただでさえ本数の少ない三江線で一部列車が通過するというトンデモ駅。
下りの最終列車は午前9時台、上りの始発列車は午後2時台という時刻設定もすごい。
ノートは牛山氏が管理。三江線存続の為にも来訪は列車で(苦)。

→ 三江線:秘境駅と呼ばれる「長谷駅」(広島県三次市) | 安芸の国から


次回は最大の難関、島根編である。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment