【路地裏備忘録】行ってみたい駅100選 近畿編 - 備忘録

【路地裏備忘録】行ってみたい駅100選 近畿編

私は別にそこまで鉄道が好きなわけではない。
ただ鉄道というものは旅行をする上で必要な移動手段であり、旅における一番手軽なご当地モノである。亦、鉄道に関して正しい知識をもたねば有事の際に対応できないし「無知は無礼である」というポリシーがあるためある程度の勉強をしているだけに過ぎないのである。

……ただ最近単なる鉄の箱に愛情が芽生え、そこらのような鉄道オタクが言うようなクレームフレーズが出てきたり、キャラクターとのコラボにまんまと乗せられたりと、冒頭の一文が必死にアニメオタクであることを否定する中学生のような文章になってしまっている点については反論の余地がない。






もしかしたら来年は嵐電方式で京都地下鉄と北神急行も来るかもしれない。群馬方式で京阪神スタンプラリーもあり得るが。
Come back 米原はるか & 但馬みえ!

※ちなみにピンク色の会社に移譲したことによりリストラされた雰囲気のある但馬みえだが、ある方によると移譲前の3月に行われた万博鉄道まつりのKTRブースにてスタンプが投げ売りされていたらしい。なんだっそら、耐えられない。

20141011-2.jpg



前置きが長くなってしまったが、本日は「行ってみたい100選 近畿編」を特集する。
※(廃)→廃駅 (ノ)→ノート (秘)→秘境 (食)→名物料理

1-101.jpg

17.(秘、ノ、食)JR東海紀勢本線 波田須駅
波田須駅もいいがこの駅に至るまでの紀勢本線風景、リアス式海岸の変化に富んだ車窓は一見の価値があるので是非キハ25に代わる前に堪能して欲しい。自宅から日帰り旅行ができるギリギリのゾーンである。
この駅にはアニメ巡礼を主とした駅ノートが存在する……が、現在もあるかどうかはわからない。
亦、駅から数分歩いた場所に天女座カフェという喫茶がありここにも交流ノートが置いてあったそうである。
もう1年以上経ったし飽きられてしまっただろうと思いきや8月に「第7回凪のあすからファン交流会」が開かれるようでまだ交流は続いているようである。
そして……


なんだっそら、ぶったまげた。

→ 波田須駅(JR東海・紀勢本線・波田須駅)

18.JR西日本紀勢本線 湯川駅
ホームから砂浜が見える駅。好みの都合上、シーサイドステーションは評価が上がる。
なお日帰りの場合、このホームを54分眺めただけで帰宅時間になる。なんだっそら、耐えられない。

→ 湯川駅(JR西日本・紀勢本線)

19.JR西日本紀勢本線 串本駅
本州最南端駅。
ちなみにJR東海経由で日帰りで滞在できる駅の南限が古座駅(列車交換なので滞在時間は0分に等しい)のため、串本は泊まりがけになる。
→ 08夏18きっぷの旅【11】 本州最南端の駅など(・∀・)

20.JR西日本紀勢本線 田子駅
タコ駅。ただそれだけの理由である(爆)。
なお、JR西日本経由で帰りに近鉄特急を使ったとしても日帰りで滞在できる駅の南限が紀伊田辺駅(滞在約12分、紀伊田辺以南14,15時台に電車がない)だったため紀伊田辺以南は泊まりがけになる。
→ 海の近くの「田子駅」

21.JR西日本紀勢本線 和深駅
シーサイドステーション。青く澄み渡った日には一杯やりたくなる。
紀勢本線・・『特急くろしお』を追いかけて! part4

22.(ノ)JR西日本紀勢本線 見老津駅
シーサイドステーション。なぜか駅ノートが設置されている。
→ えきのて 駅ノートイラスト JR 紀勢本線 見老津駅

23.JR西日本紀勢本線 周参見駅
この駅から西に行ったところにすさみ温泉ホテルベルヴェデーレというのがあるのだが、その温泉に入ってみたいのだ。
→ 南紀和歌山すさみ温泉 露天風呂付き客室 | ホテル ベルヴェデーレ公式サイト

24.紀州鉄道紀州鉄道線 西御坊駅
駅舎は改修されキハ600形は動態保存になってしまったが、それでも日本で唯一の営業用2軸気動車が見られるというのは本当に価値があることである。
→ 【まったり駅探訪】紀州鉄道・西御坊駅に行ってきました♪|歩王(あるきんぐ)のLet'sらGO!

25.(秘)南海電気鉄道高野線 紀伊細川駅
木造駅舎……住みついた猫……和歌山弁の駅員……眼下に広がる集落……言うことのない100点満点の駅である。
第10旅第5章:紀伊細川駅|もこ太郎の平成阿房列車

26.(秘)南海電気鉄道高野線 上古沢駅
紀伊細川駅に負けず劣らずの雰囲気のする駅である。
折角なので2010年に設置された中古沢橋梁展望デッキまで歩いてみるのも楽しいかもしれない。
→ 『中古沢橋梁』(和歌山県)へ。 : 後藤健太郎のブログ

27.(食)JR西日本加古川線 小野町駅
駅自体は大したことはない。しかし駅舎に同居している「ぷらっときすみの」の蕎麦が麺・出汁共に絶品であると評判のようである。
全国駅そば選手権管理人・鈴木アシュラフ弘毅氏も絶賛するぐらいなのだから、間違いない店なのだろう。
今日も蕎麦を食べに多くの人がぷらっときすみのを訪れる。

→ Wakkyの毎日 【ぷらっときすみの】@JR小野町駅

28.(秘)JR西日本山陰本線 居組駅
集落から離れた山の中にある駅。風格漂う駅舎が緑と調和し、素晴らしい風情を醸し出している。
亦、集落にある居組海岸の景色(春夏秋冬 旅歩記・中国の旅)もとても美しい。
夏の思い出づくりをしたくなったらここに来ればいい。素晴らしい場所だ。
→ 山陰本線 居組駅


次回は岡山・鳥取編である。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment