【新作の話】愛知県豊橋市~山梨県富士河口湖町~静岡県伊東市(下) - 最新ネタ

【新作の話】愛知県豊橋市~山梨県富士河口湖町~静岡県伊東市(下)

前回の続き
河口湖駅を後にし、次なる目的地伊豆高原駅へ向かう。

197v.jpg


ここまでいいペースで乗り継ぎができていたので後半もうまいこと行くのではないかと御殿場行きの路線バスに乗車。

いきなり8分の遅延。なんだっそら、耐えられない。

いつもなら「路線バスだし仕方ない。遅れはよくあること」で終わるのだが、この日はそうもいかない。
もし乗り継ぎが失敗し沼津行の電車を逃すようなことがあれば、その場でチャレンジ失敗なのである。
そんなことを運転手に言えるわけもなく、仕方ないので「はよせい、遅れを取り戻せ!」と握りしめたスマホの時計をチラチラ見ながら運転手に念じていると、富士山駅で乗り遅れた客を待つために1分ほど余計に停車する羽目になってしまった。なんだっそら、耐えられない。
いつもなら「地方でよく見る温かい光景」で終わるのだが、この日はそうもいかない(念押し)。

その後も続々乗り込んでくる客や降車時に1000円を両替をしてもたつく客などよくある些細な光景を見てはいらつき、ストレスが溜まって腹痛になってしまった。
今更気付いたが、この日のタイムテーブルは私の体に全く良くない(汗)。

御殿場駅

なんとか8分遅れを維持したまま御殿場駅に到着。一生乗りたくないバス路線の上位にいきなり食い込んでしまった気がする。

沼津駅

なんとか東海道本線沼津駅まで戻って来られた。ここまで来れば8割方成功したようなものである。
気分としては姫路発長浜行き新快速が何の事故もなく定刻通り米原に着いた時の安心感に似ている。

次は熱海へと向かうのだが、やってきた三島行きでは熱海まで行けないので後発の熱海行きを待つ。

熱海駅

定刻通り熱海に到着。見聞録では2012年12月(第72話)以来2度目である。

伊豆急行

次はJR伊東線・伊豆急行だ。熱海~伊豆高原980円!高い!名鉄より高い!

乗る車両は伊豆急行8000系。
こいつ、4扉のくせに車内は海側クロスシート、山側ロングシート配置の変わったやつである。しかもそのクロスシートは西武レッドアローの再利用だ。この時点で金がないことは容易に想像がついた。

電車は熱海を出発し伊豆半島を走る。もうここまで来ればアクシデントも早々起こらないだろうとタカをくくっていたら、色々と難癖をつけたのがバレてしまったのか「現在4分遅れで運転いたしております……」とのアナウンスが入った。なんだっそら、耐えられない。
伊豆高原は35分しか滞在できないのにその内の4分を取られてしまった。

伊豆急行

結局4分遅れのまま伊豆高原に到着。
よく「仕事じゃない理由で来たかった」というリゾート地を訪れた出張族の感想を耳にするが、我々の言葉で言うと「スタンプラリーじゃない理由で来たかった」かもしれない(一応カテゴリとしては旅行なのだが)。

伊豆急行

黒船が通過するも、もう感動する気力がない。さっさと終わらせて帰りたい(爆)。

伊豆急行

近くでトトロ展が開催されているようだがもう時既に17時である。

伊豆急行

改札を出て右手にある伊豆急トラベル伊豆高原にて本日の目的である鉄道スタンプを発見。ここまで長かった(泣)
尚、このスタンプ設置場所にて初めて同業者を発見した(爆)。
どれぐらいの数押したのかは確認できなかったが「ホンマにやっとる人おったんやな……」とちょっぴり感動した。

伊豆急行

伊豆高原のスタンプ台は河口湖とは違い室内にて保管され状態のいいままであったため、インクが掠れることもなく押すことができた。
文句があるとすれば、それは一考に上達しない自分の押印スキルである。(右に寄ってしまっている)

tetsumusu2.jpg

これにて8人目が終わった。
多く見積もって後6人押さないといけない。たまに自分は何をやっているんだろうと考える時がある。

伊豆急行

駅に貼ってあった夏色キセキコラボポスター。伊豆急下田にて記念入場券が発売されている。
魅せるための構図として仕方ないとはいえ制服を着た女子高生4人組が展望室の一番前を占拠しキャーキャーはしゃぐ姿は実際にあったらたまったもんではない。

ちなみに私は天邪鬼西国人なので……

nishiizu.jpg

こんなのもアリと考える。気が向いたらやるかもしれない。

伊豆急行

帰る時間になった。
伊豆高原から2両増結されるので余裕を持って着席することができた。

沼津駅

熱海で乗り換えあっという間に沼津。20分の余裕があったのでコンビニにて軽食を調達。

沼津駅

ホームに戻ると定刻通りホームライナー浜松が入線。尚、この車両は浜松から引き続き普通豊橋行きとして運行するので実質ホームライナー豊橋である。
帰ろう我が家へ……。居るべき処へ……。

こうして移動に1日を費やした旅は無事に終わりを迎えた。


~総括~

201555555.jpg

ということで無事に浜松~河口湖~伊豆高原の弾丸旅行を成功させることができた。

プラン分岐追加

今回のタイムテーブルである。一番辛かったのはやはり河口湖~御殿場の路線バスであろう。路線バスの性質上、定刻通りに到着するとは限らないと言うのが何ともギャンブルである。
また、新幹線の切符購入に手間取ってひかりを逃したり、途中で人身事故でも発生すればその場でアウトである。

このタイムテーブルは日帰りで安くスタンプ巡りする方法を思いついたからやってみたのであり、観光を目的とされる方、金持ちの方、暇人の方には不向きなタイムテーブルであるため、どうか真似されぬよう願いたい。
河口湖で1日、伊豆で1日使ったほうがどう考えても有意義である。
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

mihopapa  

乙でした~

こんばんは。
弾丸スタンプラリー、とても面白く読みました。
確かにバスを組み込むと、時間が読めないので大変ですね。
スタンプの05-09はうまく旅程を組めば短時間でゲットできそうな気がしますけど…

こっちは金曜・土曜と出張ついでの金沢観光でした。
北陸鉄道浅野川線・石川線と松任のJR西車両基地も行ってきましたので、
こうご期待! あ、先行してあすかさんちでトレーラーアップしておきました。

2015/06/21 (Sun) 21:26 | EDIT | REPLY |   

しらたきあおい  

Re: 乙でした~

こんばんは。
バスはもう正直こりごりです(苦)
関東は勘弁して下さい。これ以上ストレスで体を壊したくないのです(笑)
関東に行くぐらいならまず福岡に行く気がしますわ……。

金沢いいですね!私も今年行く予定ですがその頃は「花嫁のれん」列車で鉄オタが殺到する気がするのでのんびりと撮っていられそうにありません……

2015/06/22 (Mon) 02:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment