【新作の話】愛知県豊橋市~山梨県富士河口湖町~静岡県伊東市(中) - 最新ネタ

【新作の話】愛知県豊橋市~山梨県富士河口湖町~静岡県伊東市(中)

前回からの続き。
河口湖ライナーに乗車し、愈々河口湖駅へと向かう。

196v.jpg

河口湖ライナー

河口湖ライナーは定刻通り三島駅を出発。
乗客が10人ぐらいであったため自由席になり好きな座席を確保できるようになった。
また、途中の山中湖入り口での降車客がいないとのことで「気持ち早く到着します」とのアナウンスがあった。キツキツスケジュールの中、これはありがたい。

富士山

雨は降っていなかったが生憎の曇り空。富士山のてっぺんを拝むことは叶わなかったが……

富士山

代わりにこちらで拝ませてもらった。

富士急ハイランド

直通で富士急ハイランドに到着。
私はここで遊んだことはなかったがいつか行きたいとは思っていた。
カートゥーン・ラグーンがあったからである。
というのも私の好きなアニメキャラが、

1.シルベスター・キャット(ルーニー・テューンズ)
2.トム(トムとジェリー)
3.バッグス・バニー(ルーニー・テューンズ)
4.音無小鳥

と米国製カートゥーンに支配されているためである。
ここに来れば興奮して失神するぐらい沢山のトムやシルベスターに会える!と昔は思っていたものである。
残念ながら2012年にワーナーとの契約の関係で閉鎖されてしまったが、その後はなくなったということにモヤモヤが吹き飛んだのか「通販やアメリカ村があるしまぁいいか」と割り切るようになってしまった。
どこか面白くない冷め方ではあるが、キャラに対する愛情は冷めてはいない。
もしUSJにルーニー・テューンズのコーナーができるようなことがあれば「入場券一枚でどこまで行けると思ってんだ!」という心の声を突っ返してチケット握りしめてUSJへ向かうであろう。

河口湖駅

とかなんとか思いに耽っていたら河口湖駅に着いてしまった。「気持ち早く」のアナウンス通り、予定より10分早く到着した。

河口湖駅

券売機で入場券を購入。凸形入鋏痕とはニクい演出である。

改札を抜けると……

河口湖駅

なんだっそら、素晴らしい(嬉)。
現役車両としては残り1本となった国鉄165系を始めとした新旧のフジサン特急、そしてよく見るとホリデー快速富士山として充当されているあずさ色の国鉄189系、千葉色鮮やかなE257系500番台までいるではないか。

逸る気持ちを抑えつつ順に見ていこう。

河口湖駅

新旧のフジサン特急である。大月~河口湖駅での運用。
左が元国鉄165系であり元ジョイフルトレイン「パノラマエクスプレスアルプス」であり富士急行2000形である。
上述したが、現役の国鉄165系としては最後の生き残りであるが、2015年、つまり今年中にはJR東海371系に置き換えられ姿を消すことになる。最初の最後の邂逅なのだ。漸く出会えたのに……。

右は元小田急20000形RSEで富士急行8000形である。

河口湖駅

この紛うことなき国鉄顔!フォント!素晴らしいの一言に尽きる。

河口湖駅
河口湖駅

側面を見ていくとやはりどうしても錆が目立ちボロボロであり、無念ではあるが置き換えは止む無しと思わされる。

河口湖駅

先頭車。名鉄7000系(パノラマカー)で育った私から見ると久しぶりに恩人と再会したような感覚に陥る。
ラッピングで台無しになっている感もあるが、それでもやはり展望車両はかっこいい。

河口湖駅

もう一度揃えて撮影。

河口湖駅

こんなところで富士山の頂上を拝むことができた。

折角なので189系も見ていこう。

河口湖駅

ホリデー快速富士山として新宿~河口湖を走る189系あずさ色。
こいつも相当ガタが来ていると思われるが、E233系に乗せられるよりはよっぽどマシであろう。

河口湖駅

山梨富士号に充てられているE257系500番台とのツーショットである。
まさか山梨で初めて千葉色を見ることになるとは思いもしなかった。

河口湖駅

わかるひとにはわかってもらえるこのよさ。
これを見た後に

ワンマン飛騨古川
普 通Hida-
    Furukawa

を見るとそのセンスのなさに愕然とする。

河口湖駅

ふと振り返るとあらかっこいい並び。

河口湖駅

暫くして元国鉄205系の富士急行6000系が入線。
折角なので並んだスキに撮る。

河口湖駅

2000形との別れの時間になってしまった。
国鉄車特有の強制排気音(ボーっという音)がなんとも言えない。
乗車が完了し発射時に警笛がフィーッと鳴らされる。
最初で最後であったが今日こうして偶然にも出会えたことに感謝したい。
河口湖駅を発車し単線をゆっくりと走っていく国鉄165系の背中はどこか哀愁が漂っていた。

鉄道むすめ

さて、だいぶ目的が変わっているような気がしないでもないが、本日のメインテーマである鉄道むすめスタンプである。
外国人観光客が乱暴に扱ったのか、スタンプ台の蓋が破壊されておりインクがだいぶ乾いてしまっていたのは残念であった。

河口湖駅

駅を出る。何故かまだあるヤマノススメパネル。
ちなみに私は視聴していなかったので内容はサッパリである。

河口湖駅

駅の近くには富士急行の前身、富士山麓鉄道のモ1形が静態保存されている。1929年製。

河口湖駅

この地区にはレトロバスなんてものも走っている。

……ふとさっき撮ったヤマノススメパネルの方面を見てみるとパネル前に屈強なスキンヘッドアメリカ人が仁王立ちしていた。
こうなるとMove away!!!なんて言うことも出来ない小心者なので、さっき撮っておいてよかったとほっと胸をなでおろした。
それにしても外国人観光客は京都生活時代に慣れたものだと思っていたが、ちょっと離れただけでもうだめだ。こちらも観光客だからだろうか。

土産売り場を覗いてみるも仕方ないとはいえ富士山関連商品ばかりでありご当地Tシャツのような目ぼしいものもなかったので早々に御殿場行きのバスを待つことにした。


河口湖駅

そんなこんなで約一時間の河口湖駅滞在は終了。次は伊豆高原に向かうためまずは路線バスで御殿場駅に向かう。

……次回に続く!
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment