さんきゃくレシピ - 雑記

さんきゃくレシピ

私を始め多くの旅人がこのGW中に飯田線へ旅に出たことと思うが、一方で、名松線を探訪した者達がいたらしい。
「そらどっかにはおるやろ、三江線や木次線にもおるぞ」という話なのだが、面白いのが家城~伊勢奥津間代行バスに乗った6人が伊勢奥津での折り返しでまた同じ6人が乗り込んだということである。
口には出さずとも心の中では「お前もか……」「お前もか……」と思っていたことだろう。GW中に乗り鉄専用バスの運転をさせられた運転手は一体どう思っていたのだろうか?少し気になるところではある。


三脚に対しての考え方を再考中である。
今私は最大180cmまで延ばせる三脚(2代目)を使用しているのだが、重い。
単に体力不足、筋力不足なだけなのは否めないがその点を除外しても県内程度の行動範囲では出番がない。
そして何より解せないのは上に載せているのはボロボロのコンデジ(IXY DIGITAL 930 is)なのに、三脚はかばんに入り切らないサイズを持ち歩いているということだ。
ブラブラ歩いて片手で写真を撮っているような人間に背負うほどの三脚が必要だろうか?

20150507-1.jpg
(京都 京北)

20150507-2.jpg
(京都 伏見)

20150507-3.jpg
(岐阜 馬籠)

20150507-4.jpg
(広島 竹原)

考えてみれば今まで全高をフルに使ったのは竹原ぐらいであった。他は大体50~120ぐらい。
もうかばんに入るぐらいのサイズで軽量化を図ったほうがいいのでは?
ということで候補となり得るものを調査してみる。


☆ゴリラポッド
JOBY ミニ三脚 ゴリラポッド マグネティック ブラック/レッド 001513
JOBY ミニ三脚 ゴリラポッド マグネティック ブラック/レッド 001513

見た目が地球外生命体のような軟体生物のような不気味な形であるが、この形にすることによって巻きつけたり角度のある傾斜に対応したり変幻自在の動きを展開することができる。
また、先端が磁石になっているので金属にくっつく。そして安い。
重量は約325g。

20141231-7.jpg

ちなみにこいつが395gだった。こいつより少し軽いようだ。
不安な点は

・このタイプは自由曇台ではあるが水準器がついていない
やはり水準器は欲しい。価格が高い・眼レフ用だと水準器がついているようだ。逆にこれより安価なものは自由雲台すらない。対策が必要になるだろう。

・巻きつけや磁石の強さはやっぱり不安
試してみないとわからないところがあるし、ある日突然ゆるくなってカメラごと落ちてしまうかもしれない。その怖さはある。


☆Velbon 三脚 ULTREK
Velbon 三脚 ULTREK 6段 中型 自由雲台 アルミ製 UT-43Q
Velbon 三脚 ULTREK 6段 中型 自由雲台 アルミ製 UT-43Q

縮長27.2cmは素晴らしい。
私の使用している鞄が横30cmなのでスッポリと入る。それでありながら全高155cm!
不安な点は……

・雲台に水準器がない
やはり水準器は欲しい(2回目)。
取り外しが可能なので水準器付き雲台に付け替えることでクリアできそうだ。

・高い
高い。今なら52%OFFの13,999円!
お試しで使うにはリスクが高い。


☆Velbon 三脚 レバー式 EX-440
Velbon 三脚 レバー式 EX-440 4段 小型 3Way雲台クイックシュー付き アルミ製 301482
Velbon 三脚 レバー式 EX-440 4段 小型 3Way雲台クイックシュー付き アルミ製 301482

amazonベストセラー1位商品。
今なら74%OFFの2,772円。安い!
ちょうどいい高さと軽くないけど重くもない重さで中々活躍してくれそうである。
残念ながら鞄に収まるサイズではないが、これなら納得できる。


☆Manfrotto ミニ三脚 PIXI
Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B
Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B

よくわからんが人気のあるミニ三脚。
これで結構強く、安定するらしい。
開脚時高さ:13.5㎝
格納時高さ:18.5㎝
コンパクトなのは優秀。


☆Velbon 三脚 CUBE
Velbon 三脚 CUBE 8段 小型 自由雲台 アルミ製 306500
Velbon 三脚 CUBE 8段 小型 自由雲台 アルミ製 306500

縮長24cm、全高94cm、重量390gと持ち歩くには素晴らしい特徴を持つ。
……が、三脚の脚が恐ろしく貧弱らしい。


このあたりであろうか。
皆さんの中でこんなものを使っている、だとかこんな三脚がオススメだ、というものがあれば是非教えていただきたい。
縮長30cm以下、全高80cm以上で脚が其れなりに頑丈であると嬉しい。
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

mihopapa  

それって、結構条件ハードです

こんばんは。
軽い、安い、しかも水準器付!(ジャパネットタカタの前社長の声で再生されそう)
の三脚ですが、自分の持ってるやつが参考になれば…

オーディオテクニカ ATV-491
 伸長 : 1160mm 縮小 : 430mm 重量 : 700g 水準器付

出張で使っているキャリーバッグにギリ入ります。
このキャリーバッグは駅の普通サイズのコインロッカーに入るサイズです。
ただ、軽いのが裏目に出ることもあり、少し風があるときに屋外で夜景を撮ると
自分のキャノン40D(740g)+タムロン28-300mm(420g)の望遠側でレンズを延ばすと
風の影響を受け、間違いなくブレてしまいます。
が、あおいさんはコンデジなのでそれを気にすることはなさそうですね。

2015/05/15 (Fri) 21:34 | EDIT | REPLY |   

しらたきあおい  

Re: それって、結構条件ハードです

こんばんは。
書いておいて言うのもアレですが確かに「これはハードル高くないか?」と思いました(汗)
そんな三脚があったら有名になってここで紹介しているでしょうね(笑)

情報ありがとうございます!
軽く持ち運びやすいだけがとりえのコンデジ(130g)を使っていますので、仰る通り重さによる風の影響は然程考慮しなくてもいいかもしれません。
やはり「コンパクトにはコンパクト」で脚や全高より鞄に入るサイズや軽さを第一に考えたほうがいいですね。

2015/05/16 (Sat) 00:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment