【新作の話】本日開業の知立駅南改札口とホームを調査してきました。 - 最新ネタ

【新作の話】本日開業の知立駅南改札口とホームを調査してきました。

15年前ぐらいはね、知立駅の周りに結構書店が(比例してパチンコ屋も)あったりモスバーガーがあったり結構不自由なかったんですけど、最近は書店がどんどん潰れて今じゃ歩いて10分ぐらいのところまで行かないと書店が見つからないんですよね。

時刻表

そんな中買ってきた時刻表。去年は残り一冊で「今年は大丈夫か?」と思いつつ立ち寄ったら今年は大小多くの種類の時刻表がカウンター前のコーナーに6冊ずつ並んでた。

祝 開業ねぇ……

時刻表

ワシにゃ北陸の路線図がやせ細って悲しげに見えますよ。

知立駅

15年で変わったと言えば知立駅もその一つ。
この日は念願というかそこまででもないというか、南改札口が開業。
駅南に住む住人はこれでラッシュ時の開かずの踏切に悩まされずに通勤通学できる。

知立駅
知立駅

中はタッチパネル式券売機2台、改札機、エレベータ、そしてmanacaチャージ機。チャージ機があってほっとした。
シャッターが閉じられているところは駅員室。そのうち配置されるか、ラッシュ時のみ対応か。

知立駅
知立駅

発車標はソラリー式のパタパタ……ではなく新型。間に挟まれたJR東海のような時計が気になるところ。
(最近あんたら仲良しやな!)

知立駅

エレベーター横の窓からは猿投行き6000系が見える。近い!

知立駅

知立駅名物地下通路も知立庵もあるわけがなく、階段を上るだけである。

知立駅

一方その地下通路の旧2,3番線への路はバリケードで封鎖。
地味に地下通路のソラリー式も工事に入ってしまったのが悲しい。

この日は初日ということで階段では駅員が大きな声を出して乗り換え客を誘導していた。

知立駅

新2・3番線ホーム。仮ホームで新しくなっても2番線。
特徴としてはアナウンスに男性を採用し、両数、乗車位置の告知も入っていました。
3・4番線の放送もいつの間にか変わったみたいで「重原、刈谷、刈谷市の順に止まります。」が高浜港まで延長されてました。

知立駅

ワンマンの運転手も初日だからか、ドアの開閉には慎重になっていました。
日中の一部の運行が1分だけ早くなるダイヤ改正と5・6番線、北口からは遠くなった2・3番線。慣れた感覚で動く人たちにとってはちょっと慌ててしまう部分もあるかもしれない。

知立駅

仮ホームから延びる線路の一部は留置線として利用されている。その横を三河線でさよなら運転をした1600系の亡霊が通過。

三河知立駅

ついでなので猿投行きに乗って隣の三河知立駅へ。
流石に新線は揺れが少なく静かであった。

三河知立

三河知立駅近くのうどん屋。
土曜日にもかかわらず閉まっているということは、残念ながらうどん見聞録で取材することもこの先叶わぬ夢なのだろう。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment