路地裏見聞録的これを持っておけば2015年も大丈夫だ! - 雑記

路地裏見聞録的これを持っておけば2015年も大丈夫だ!

北陸新幹線による北陸観光フリーきっぷの情報が22日に出たとの情報を友人から聞きJR東海サイトにアクセスしてみると……

・現行の値段+500円
・北陸新幹線自由席と「IRいしかわ鉄道」線(金沢~倶利伽羅)および「あいの風とやま鉄道」線(倶利伽羅~黒部)に乗車できる

なんでこんな有能な方針打ち出せるのになんで青空フリーパスは紀伊長島・下呂・二川・木曽平沢だなんてケチな商売してんだ!?

(「観光フリーきっぷ」って銘打ってるのに北陸縦断するのには別料金必要とか言われてもアレですよね……)
さて、2014年最後の見聞録出張所のブログ記事は「重宝する旅行グッズ」です。
旅行で持って行くといいもの(ポケットティッシュ、制汗スプレー・カイロ、ロキソニンを除く)を挙げてみました。
※アフィブログと勘違いされたくないので買い物は検索してAmazonで買うなり専門店行って買うなり好きにしてください。

・クリアフォルダ
20141231-1.jpg

地域のフリーペーパーや観光パンフレットは列車と並んで「究極のご当地モノ」。旅行に行った証が折れたり破れてしまっては台無しです。
それを安価に保護できるのがコイツ。整理して好きな時に旅行の思い出を振り返ることができますし、読み返してその土地に対する知識を深めることもできます。(私が最も大事にしていること)
なにより、ぐしゃぐしゃなままでは読む気力が湧きません。

・硬質カードケース
20141231-2.jpg

名の通り硬く中の紙が折れ曲がらないので大事にしたいチラシやポストカードには重宝する。
あまり枚数は入らないので特に気に入っているものを入れるといいだろう。

・軟質カードケース
20141231-3.jpg

名の通り柔らかいヤツ。イレギュラーな曲がり方をせず曲線を描いて曲がるので紙に折り跡が付きにくい。安心度は硬質>軟質>クリアファイル。
硬質と比べてやや多くの枚数を入れることができ、取り出しもしやすいので何度か使うマップパンフレットや鉄道むすめ巡りパンフレットを入れるのには重宝する。

・ファスナー付きカードケース
20141231-4.jpg

硬券や使用済みフリー切符、ちょっとしたものなど、上記各種ケースでは保存しきれない、零れて紛失しかねないものを安全に保存できる。
玄人は硬券ファイルのようなものを持っているかもしれないので必要ないかもしれない。

・手帳(100均)
20141231-5.jpg

「俺は旅行先でも格式の高い手帳を見せびらかしたいんだ!」という無駄に高い意識がなければ旅の手帳は100均で十分である。
無地・カレンダー・罫線・ミニハサミ付きファスナーフォルダ・簡易路線図など用途に合わせて工夫できる。
ルーズリーフなので保存も容易。

・時刻表
20141231-6.jpg

スマホがあるからいらない。それではいけない。
時刻表は前後の列車の時刻も詳細に記載されているので旅行の計画を立てやすくなる。前後を把握することで不測の事態にも強くなる。
私鉄時刻は簡略され地方私鉄に至っては時刻表も記載されていないがそれは地方版を買って補えばいいし、そもそも18きっぷ程度の旅行者にはJRの情報だけで事足りたり、スマホとの併用でなんとかなったり、「地方私鉄はのんびりやろう」という者もいる。
なにより電池切れの心配がないのが素晴らしい。

一度買えば小学生が地図帳を読みふけるが如く熟読することになるだろう。


・大容量モバイルバッテリー cheero Power Plus 2
20141231-7.jpg

Amazonで大人気の大容量(10,400mAh)モバイルバッテリー。
少々重いが引き換えにデジカメやスマホの電池切れの心配がほとんどなくなる。大容量、そしてLEDライト付きなので災害にも対応できる点も素晴らしい。
最近、このcheero Power Plus 2の上を行くcheero Power Plus 3が発売された。
大容量化(10,400mAh→13,400mAh)、軽量化(290g→245g)、充電時間短縮(10時間→8時間、国産リチウムイオンバッテリー使用)と大幅に機能向上しているのに値段は2より安くなっている。うーむ、そりゃ即完売するわけだ。

・グランズレメディ
20141231-8.jpg

ニュージーランド産の魔法の粉。
足の臭さが全くと言っていいほどなくなる。並行輸入品で現在1200円程度。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment