2017年08月の記事 - 1ページ目 - 路地裏見聞録出張所

archive: 2017年08月  1/1

【特集】温泉見聞録

若い頃(こう言うと大体「今も十分若い」と中年から石を投げられる)は移動に感けて食べるという行動をなおざりにしてきたもんだが、昨今は見ての通り生温いことをしておるので飯も食うし、ミーハー的なネタもやるようになってしまった。そんな中今も昔も変わらず続いておるのが旅終わりの温泉である。はっきり言ってこれが一番疲れるし時間を取るのだが、仕事終わりのビールの如くゴールを温泉施設にするようにして旅程を組むのが...

  •  0
  •  0

路地裏見聞録創立9周年記念式典

2008年8月18日の開設から3,288日目、路地裏見聞録は9周年を迎えた。本社のほうは相変わらず更新が見られず放置のような状態に見られても仕方ないが、水面下ではチマチマとタグを打ち続けておる(私はWordPressを使わない(というよりは使えない)ので未だに手打ちとコピペ、テンプレ改造で乗り切っている)のでそのうちゲーム的に言うと大型アップデートがあると思われるのでそれまでは出張所の右カラムや巡礼ページ、検索から目当...

  •  2
  •  0

咲かせる想いはつねならむ

祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。世は無常に満ちている。どれだけ活躍しようともいつかは朽ち果て、最高のパフォーマンスを引き出すことがてきなくなってしまう。尾関山でガン宣告され余命を告げられたような状態だった14-42mmレンズが遂に果てた。28mmまでは撮れるからと騙し...

  •  1
  •  0

【第266話】愛知県犬山市 明治村 夜景

【第266話】よりぬき夜景写真(撮り下ろし)【第265話】愛知県犬山市 明治村5丁目一連の明治村ネタも今回で最終回。最後は普段はお目にかかれない明治村の夜景を5丁目からバス停のある1丁目まで順に撮影していく。...

  •  0
  •  0

さかなはそらに ことりは水に

私は他人の家の料理が食べられない人間である。だが、飲食店で提供される物については何ら抵抗なく食べられるので極端な潔癖という訳でもないと思われる。ただ、言うほど掃除が好きなわけでもないのに模様替えは好きだし、外出先では自分のお里が知られないよう率先して綺麗にするしなんかもうよくわからんやつである。こいつは仮面を被って生きているのか、それともそれが人間として「やってしまう普通の行動」なのか。ネトゲなん...

  •  0
  •  0

バナナにバナナがバナナでバナナの恋バナナ

「ナンタラに国境なし」みたいなことをよく言うが国境はあったほうがいい。地球という天体に人間が勝手に引いた一本の線が特異なコミュニティーを生みだしガラリと雰囲気を変える。昨今のネットの発達や東国側の中華思想によるアイデンティティーの希薄化は著しく、産まれた土地に身を置くことの価値に気付けない若輩者が多く非常に嘆かわしいが、それでも、そんな世の中でも例えば18きっぷで旅をして「米原駅で明らかに雰囲気が変...

  •  2
  •  0

ソラとウミのアイダ 巡礼所

ソラとウミのアイダ配信日時2017/10ゲーム制作ForwardWorks公式サイトソラとウミのアイダ漫画(9/27~)電撃大王 べっこうリコ「ソラとウミのアイダ」ラジオ(9/3~)超!A&G+「宇宙漁師候補生がラジオやってみた!宇宙漁業団非公認!花林とほの花とももことソラとウミのラジオ!略してギョギョッとラジオ!さらに略してギョギョラジ!」ライトノベル(2017秋)電撃ゲーム文庫「ソラとウミのアイダ はじまりの物語(仮)」PC版(20...

  •  0
  •  0

Tuesday ラッシュは掟

日当に行くに当たって、この橋の状態も気になっていた。立ち入り禁止のバリケードがなされ、後は小和田の高瀬橋の如く朽ちていくだけなのか。川の透明度に目を奪われ気持ちが吸い込まれそうになる。「あの橋から川に飛び込んだらどうなんねやろ……」死に対する興味か、飛び込むということに興味があるのか……何だかシゴフミで見たような話だが(爆)、ホームから見る線路を見た時の気持ちと高いところから川を見た時の気持ちというの...

  •  0
  •  0