2017年06月の記事 - 1ページ目 - 路地裏見聞録出張所

archive: 2017年06月  1/1

路地裏見聞録蒲郡支所

アサリに始まりサクラサク、陽気な日差しに紫陽花綻べば、人は海へと走り出すトンボ追いかけ日は暮れて十五夜迎えし秋の夜長、積もりし落葉をかき分けて三河湾に冬来たる1年中楽しめる蒲郡線を路地裏見聞録は応援しています。乗って残そう蒲郡線。見聞録で撮影したところ。参考にどうぞ。...

  •  0
  •  0

【特集】シーグラス採集記

シーグラス関連の検索で見聞録に来てしまった人もちらほらおるので、私が拾ったシーグラスをまとめておく。海旅の序でにシーグラスを集め始めたのは最近の話なのでまだ数は少ないが、これから少しずつ増えていくと思う。バスや列車が来るまでの暇つぶし、熱中し無心になれる、宝探しの感覚……ただ砂浜を目を皿にして見ているだけなのにこれほど面白いとはいやはや参った。※シーグラス……海岸で見つかる波に揉まれて角の取れた曇りガ...

  •  0
  •  0

第2回路地裏見聞録グループ定時株主総会

2017年上半期ももうすぐ終わりそうなので上半期の行動をまとめた。今年上半期は23話、去年上半期が19話だったので4話ペースが上がった。体調はまだ全快には程遠い(というよりはもう戻らない)が十分である。尤も、最近は意識の変化で数よりも質を重視するようになったので1カ月最低1ヶ所さえ守られれば別に……という気持ちでもある。それさえもできなくなるような状況になった時が本当の危機であろう。内訳は、愛知 5岐阜 3三重 2...

  •  0
  •  0

【第264話】愛知県犬山市 明治村4丁目

【第264話】こちら路地裏見聞録出張所前回の続き。愈々4年半ぶりの明治村も後半戦。段々鉄道要素が増えているのは気のせいでも何でもない。...

  •  0
  •  0

ただひとつ守るべきは 君の未来

→決定!JR西「新たな長距離列車」のデザイナー | 特急・観光列車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準SLやまぐちの新型旧客車の技術を使った列車が誕生すると思っていただけに117系を改造した車両で運行することになるとは想定外であった。6両ということで写真のような(現在S2は魔緑じゃが)S編成が改造されることと思う。電車なので距離としては新宮、和倉温泉、城崎温泉、出雲市、下関辺りが終点として検討されるだろう。...

  •  0
  •  0

いつか変わって いつか忘れて 同じ思い守れずいる

最近また更新止まってんね。やる気あんの?ということで近況トークしていきましょう。・PCが届かないPCを注文し其れに合わせて机と椅子も注文し組み立て(路地裏見聞録出張所 世代交代の道(中))後はPCを待つだけと……2カ月待てどもPCが来ない。連絡も一切なし。流石にブチ切れて電話の対応次第では捕まっても仕方ないような事さえも口走ってしまいそうな状態であったが、来週発送準備を……と漸く送る気になったらしいので待って...

  •  0
  •  0

見聞録旅行手帖

陽が落ちるの遅くなったよね。昼間の時間が長くなったのは良いけどそれに比例して暑くなるし(寒いのは歩いていればどうにでもなる)、夜景を撮る時間が短くなるから日帰り夜景撮影も近場でないとできないね。そんな中今回は「見聞録での移動手段」の話。使える話だぞ!多分な!...

  •  0
  •  0

【第263話】愛知県犬山市 明治村3丁目

【第263話】傷心の君へ……前回の続き。再訪明治村前半最終回。人の多さ、嫌でも視界に入ってくるカップルのイチャツキっぷりに目をやられ、足に疲れも出始めた。そろそろ昼飯の時間だ、ここでまた休憩を入れるとしよう……。...

  •  0
  •  0

路地裏見聞録出張所3周年記念歓迎式典

▲事務員一派は撮らなあかんやろ?水無月である。無は今の言葉でいうところの「の」にあたり、水の月ということになる。田んぼに水を張らないといかんでな。2014年6月1日に始まった路地裏見聞録出張所も本日を以て開設3年を迎えることとなった。6月1日と言えば国鉄が発足し、関西急行鉄道と南海鉄道が合併し近畿日本鉄道となり、その近鉄から高野山電気鉄道へ旧・南海鉄道の路線を譲渡したことで南海電気鉄道ができ、名鉄では稀代の...

  •  4
  •  0