2015年05月の記事 - 1ページ目 - 路地裏見聞録出張所

archive: 2015年05月  1/2

【本編収録予定なし】焼肉ファクトリー

No image

オフ会は嫌いだ。一人二人での飲食が好きな私にとって大人数が集まってギャアギャア騒ぐのは耐えられない。自由にしているつもりであってもどこかではやたら仕切りたがる人間が現れるのでそこまでの自由はない。カラオケも大嫌いである。なぜ金を払って素人の歌う歌を聴かねばならぬのか。あの閉鎖空間で大音量を流されること、いと堪え難し苦痛。さてこの日は友人の庭でバーベキューを行うと言うので車を持たぬ私を拾ってもらうた...

  •  0
  •  0

【第15判】ドーターファクトリー

No image

鉄道むすめWEBを更新しました。 新キャラクター #のと鉄道 西岸まはるさんが追加されています。 のと里山里海号の車内で アテンダントしています(*^ワ^*) http://t.co/XPJtHsQmib #鉄道むすめ pic.twitter.com/g5Jvnh4Lw4— 立石あやめ【鉄道むすめ:公式】 (@tateishi_ayame) 2015, 5月 28のと鉄道にまたむすめがデキてしまった。和倉ななおに続き二人目である。のと鉄道の商魂の逞しさというか...

  •  0
  •  0

【新作の話】愛知県 城北線~岐阜県岐阜市

路地裏見聞録に於いて主要画像アップローダーのフォト蔵がややいかれてしまったようだがそのうち完全復旧するだろうとの思いからこのまま使用を継続する。……が第一の理由は移行がめんどくさいからである。さて今回は愛知屈指のイロモノ路線を紹介していく。前回の続きなので何が何だかわからない人は前回の話から読んでいただければ幸いである。...

  •  0
  •  0

【新作の話】愛知県 愛知環状鉄道~リニモ

お待たせ致した5月の新作。誰が待ったか5月の新作。2015年5月の新作は2本。まず1本目は愛知県豊田市から見聞録初登場リニモを見物する。...

  •  2
  •  0

【第14判】一言既に出ずれば駟馬も追い難し

あまり完成前に公開してオタノシミ感をなくすのはよくないが、書かないと突然逃げ出しそうなのでここに書いて逃げられないようにしておく。路地裏スタンプ最新作は一般向けである。形をどうするか悩んだが、鉄道むすめからヒントを得てカマボコだかスノードームの形にすることにした。なぜこのデザインにしたかはそのうち書くこととする。...

  •  0
  •  0

鉄のマッドサイエンティスト

鉄道の車両は動いてナンボだと思っている。そのため、性格の悪い私は名古屋にある某鉄道博物館のように「1000円払えば見せてあげるよ、動かないけどね」みたいなところは「だ~れが行くかボケェ!」と突っぱねてしまう。おかげでまだあの博物館には行けていない。勿論、車両に対する資料的価値、保存の大切さは十分把握している。メンテナンスにかかる費用も莫大であることも重々承知している。しかしだからこそ動く姿を遺し続ける...

  •  0
  •  0

死して屍拾うものなし

当ブログに於いて政治ネタというのは「柴田○恵って結構乳でかいよね」ぐらい自重すべきネタなのだが、アレに関してちょっとだけ言わせてもらうとただただ残念無念ということである。これで地方変革の風が弱くなってしまうのではないかと危惧しているが、どうやら名古屋県の御頭たちは中京都構想をまだ諦めていないようである。三河国に住む私にとっては「まだそんなこと言ってんの?」と好奇の目で見ている状況だ。いつもピックア...

  •  0
  •  0

夏がくるころ休みどき

夏は嫌いだ。死を伴う暑さや虫は言うまでもないが、本格的に見聞録を始めたここ4年だけでも・両足が攣り意識を失いかけるほど過酷な三河湾一周・スマホ紛失・乗車中事故に遭い京都まで地獄のすし詰め電車・鳥取砂丘馬の背でなぜかクワガタが服に・無慈悲にも自販機が見つからず脱水症状一歩手前まで行くと、散々な目に遭っている。もういっそ高野山で避暑と行きたいところだが、開創1200年で客が押し寄せ結局暑苦しくなると思うと...

  •  0
  •  0

【第13判】青ノリレーション

来る10月31日・11月1日、広島県竹原市にて「憧憬の路」が執り行われる予定である。路地裏見聞録としては憧憬の路以上にイノシシ追突事故のほうが記憶に鮮明であるような気がしてならないので、今年は万全な計画を練って臨みたいと思う。竹原市と言えば某お好み焼き店が某界隈で有名なのだが、去年おととしは時間の都合上食べられなかったので今年は計画に入れようと思っている。そのためには何度も言っているように「耐腸」を万全...

  •  0
  •  0

さんきゃくレシピ

No image

私を始め多くの旅人がこのGW中に飯田線へ旅に出たことと思うが、一方で、名松線を探訪した者達がいたらしい。「そらどっかにはおるやろ、三江線や木次線にもおるぞ」という話なのだが、面白いのが家城~伊勢奥津間代行バスに乗った6人が伊勢奥津での折り返しでまた同じ6人が乗り込んだということである。口には出さずとも心の中では「お前もか……」「お前もか……」と思っていたことだろう。GW中に乗り鉄専用バスの運転をさせられた運...

  •  2
  •  0