雑記 - 1ページ目0 - 路地裏見聞録出張所

category: 雑記  1/28

路地裏見聞録創立9周年記念式典

2008年8月18日の開設から3,288日目、路地裏見聞録は9周年を迎えた。本社のほうは相変わらず更新が見られず放置のような状態に見られても仕方ないが、水面下ではチマチマとタグを打ち続けておる(私はWordPressを使わない(というよりは使えない)ので未だに手打ちとコピペ、テンプレ改造で乗り切っている)のでそのうちゲーム的に言うと大型アップデートがあると思われるのでそれまでは出張所の右カラムや巡礼ページ、検索から目当...

  •  2
  •  0

咲かせる想いはつねならむ

祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。世は無常に満ちている。どれだけ活躍しようともいつかは朽ち果て、最高のパフォーマンスを引き出すことがてきなくなってしまう。尾関山でガン宣告され余命を告げられたような状態だった14-42mmレンズが遂に果てた。28mmまでは撮れるからと騙し...

  •  1
  •  0

さかなはそらに ことりは水に

私は他人の家の料理が食べられない人間である。だが、飲食店で提供される物については何ら抵抗なく食べられるので極端な潔癖という訳でもないと思われる。ただ、言うほど掃除が好きなわけでもないのに模様替えは好きだし、外出先では自分のお里が知られないよう率先して綺麗にするしなんかもうよくわからんやつである。こいつは仮面を被って生きているのか、それともそれが人間として「やってしまう普通の行動」なのか。ネトゲなん...

  •  0
  •  0

バナナにバナナがバナナでバナナの恋バナナ

「ナンタラに国境なし」みたいなことをよく言うが国境はあったほうがいい。地球という天体に人間が勝手に引いた一本の線が特異なコミュニティーを生みだしガラリと雰囲気を変える。昨今のネットの発達や東国側の中華思想によるアイデンティティーの希薄化は著しく、産まれた土地に身を置くことの価値に気付けない若輩者が多く非常に嘆かわしいが、それでも、そんな世の中でも例えば18きっぷで旅をして「米原駅で明らかに雰囲気が変...

  •  2
  •  0

Tuesday ラッシュは掟

日当に行くに当たって、この橋の状態も気になっていた。立ち入り禁止のバリケードがなされ、後は小和田の高瀬橋の如く朽ちていくだけなのか。川の透明度に目を奪われ気持ちが吸い込まれそうになる。「あの橋から川に飛び込んだらどうなんねやろ……」死に対する興味か、飛び込むということに興味があるのか……何だかシゴフミで見たような話だが(爆)、ホームから見る線路を見た時の気持ちと高いところから川を見た時の気持ちというの...

  •  0
  •  0

恋の天気予報 晴れのち晴れになれ

先週からtopを8月用にしてある。8月と言えば路地裏見聞録では海であり、18日である。先ず最初に断わっておくのだが、18日に合わせて本社の改装を完了させる予定だったのだがどうしようもない状況で色々とやらなければならないことが多く、どうにも間に合いそうにないので「そのうち」に訂正させていただく。今年も海水浴ネタを準備しているのだが、台風の進路によっては良くて【第26話】さよなら台風一族、悪くて【第243話】Two Ty...

  •  0
  •  0

【日当】雨上がりの街虹が見えるなら 今歩き出そう何かが始まる

永田師が「描いてやったぜ!」言うたんが5月。5月は旅館やなあ、6月は紫陽花……7月やなってことで樽見鉄道行ってきたんですよ、金曜。問題は天気やないですか。1週間前は晴れとはいかないまでも雨は降ることはないみたいな感じだったから火曜よりはええか(見聞録では大体火・金が決行日となる)みたいに思ってたら、...

  •  4
  •  0

始まりの予感させる眼差しが好き

言い訳。私は一般的に効率の悪いマルチタスクをしないと気が済まない訳のわからん人間である。今日もこうしてさっさと本編を上げろと自戒しつつ言い訳雑記を書きながら音楽を聞きつつプレイリストをまとめ、イラストの構図を練り、今後の旅行計画を立てながら情報収集に勤しみ、序でにソシャゲをしながら他人の旅行計画表を作りつつアニメを見ている。おかげで全く進まない。「やることはやる、他人に迷惑はかけない」という理念が...

  •  0
  •  0

僕たちは幸せになるため この旅路を行くんだ

文月である。短冊に歌や字を書き、書道の上達を祈った七夕の行事が語源とされているようだ。 亦、稲穂が膨らむ月「穂含月(ほふみづき)」からきているともされている。七夕は奈良時代に中国から伝わった神事色の強い文化であり、縫製の仕事を司る織姫に肖って7本の針の穴に極彩色の糸を通し、捧げ物を庭に並べての機織りや縫製が上達するように祈念したというものであったが、現代日本では専ら観光客集客に利用されてしまい、織物...

  •  0
  •  0

第2回路地裏見聞録グループ定時株主総会

2017年上半期ももうすぐ終わりそうなので上半期の行動をまとめた。今年上半期は23話、去年上半期が19話だったので4話ペースが上がった。体調はまだ全快には程遠い(というよりはもう戻らない)が十分である。尤も、最近は意識の変化で数よりも質を重視するようになったので1カ月最低1ヶ所さえ守られれば別に……という気持ちでもある。それさえもできなくなるような状況になった時が本当の危機であろう。内訳は、愛知 5岐阜 3三重 2...

  •  0
  •  0