トップページ - 路地裏見聞録出張所

路地裏見聞録出張所

西日本に幸あれ。

路地裏見聞録蒲郡支所



アサリに始まりサクラサク、陽気な日差しに紫陽花綻べば、人は海へと走り出す
トンボ追いかけ日は暮れて十五夜迎えし秋の夜長、積もりし落葉をかき分けて三河湾に冬来たる

1年中楽しめる蒲郡線を路地裏見聞録は応援しています。
乗って残そう蒲郡線



見聞録で撮影したところ。参考にどうぞ。

【特集】路地裏見聞録 きっぷ収集課

rojikippu1.jpg

ここでは買った貰ったきっぷを紹介していく。
主に硬券だが、その他に変わったきっぷが手に入れば紹介していくつもりである。

路地裏見聞録岡山支所

234v.jpg

JR西から新しいラッピングが告知されたので備忘録として岡山に乗り入れる車両、上郡~糸崎を走る車両を一部纏めておく。
決して末期色ばかりではない。現代の動く鉄道博物館をその目で確かめるがよい!

※このページは恒久的に更新される。

【路地裏小路袋小路】駅ノート 事務員出没地点

IMG_8671.jpg

見やすいように手直しした。
生存報告は大いに歓迎である。

※2017/03/23 因美線事務員追加
鹿児島~大井川 情報提供・共同編集者お待ちしております。
 




【第12没】愛知県名古屋市 大曽根駅~金山駅

b12v.jpg

【第12没】メガネワールド


新章前の閑話。本編に入れるほどの話じゃないけど雑記にするのも惜しい。じゃあどうする?没ネタで扱うしかないよね。

【第259話】広島県尾道市~岡山県倉敷市

259v.jpg

【第259話】旅の道づれ


尾道後半!広島編も最終回!心残りはないか?また来るけどな!

口癖はケセラセラ

20170315-1.jpg
▲まさかどちらの色も消滅する日が来るとは……

どれだけの定期読者がいてそのうちどれだけの読者がRSSなりfeedなり使っているかわからないが、先月かなりサボったおかげで来客がかなり減った()。
因みに先月一番来客が少なかったのは2/14だった。なんてやつらだ。

兎に角、色々と幅を広げたことで更新ペースがだいぶ遅くなってしまっているので徐々にペースを戻していきたいところである。
ということで今日も雑記、お付き合いください。


100均に行ってきた。
最初は【第244話】路地裏見聞録育成計画で見事に散った三河最大級のダイソー岡崎に行ってこようと思っていたのだが、見聞録本編ロケ直前に発症する「岡崎まで行くまでの交通費がもったいない」「隣町まで行くのに没にもならんネタを作りたくない」という超ドケチが炸裂したので、地元のでかいのか小さいのかわからん100均に行くことにした。
尚、今回は明確な購入物があるわけでもない。見て面白そうだったら買う。ケチなのか散財なのかようわからん。

20170315-2.jpg

ステンレス定規。前はプラスチック製の分度器やら三角定規やらがセットになったやつを買ったが、紙にプラ定規を当ててカッターで切ったら定規まで切れたとか、元々当てる部分にちょっとした凹凸があり直線を綺麗に引くのに神経使ったとかしょうもないことになったので今回はそんなことのない(だろう)ステンレスを選んだ。

下はテンプレート定規。永田師が使うとるアレじゃ!文具屋に行くと600~1500円するアレじゃ!
先日ぐっさん家でも取り上げとったな!
ちょっと描いてみよう。

20170315-2.jpg

成程……文字の詰め方には練習が必要な感じだ。
マメロンあたりのかなカナ漢字と相性よさそうね!


私には解りそうで解らないジャンルがある。それが

・ブルーハワイ味のシロップ
・マリンの香り
・ブルーオーシャンの香り

等の海系である。
抑々私にとって海というのは三河湾であり、アサリ・緑色・磯臭いを連想する。そこにはブルーの字は一切ない。一体どんな匂いなんだ、沖縄なのか、ハワイなのか、モルディブなのか。いやまあ飛行機嫌いの私に異国の島の匂いなど解るはずもないのだが。
そこで……

20170315-2.jpg

買ってやった。

20170315-2.jpg

お香タイプも買ってやった。序でに春が近づいてきて桜コーナーができていたので桜の匂いも買ってきた。
ダイソー曰くブルーオーシャンというのは青い海と輝く太陽を感じさせるさわやかな香りだそうだ。
お隣にいる春の季語をぶっ飛ばしていきなり夏である。なにやってんだ。

焚いてみると何とも形容し難い香りがしてくる。少なくとも100均の香なので爽やかさよりは煙が勝る(爆)。
恐らく本物の海の爽快さを感じたければアロマオイルでやれ、それか旅行しろということなのだろう。
言っといてアレだが「本物の海の爽快さ」って何だ。海の爽快さの9割ぐらいは視覚から来るものではないだろうか?(黙)

因みに2000円以上するアロマオイルは成分にラベンダー、ライム、ユーカリ、ペパーミント等をブレンドしているらしい。
やっぱり解りそうで解らないジャンルである(爆)。


最近すっかり消しゴムはんこネタやらなくなりましたね。
そんな言葉が聞こえてきそうなやつ。

20170315-2.jpg

ダイソーの消しごむはんこである。
その存在は知っていたが、地元100均で見るのは初めてだったので思わず買ってしまった。
見聞録でいつも使っているのは500~600円はするほるナビのかためだが、こいつはほるナビに比べて薄くやわらかい。
故にかために慣れている私としてはこれは彫れ過ぎてしまう可能性があり若しかしたら扱いづらい消しゴムかもしれない。

20170315-2.jpg

小腹がすいた時の4番打者。駄菓子屋やスーパーでは1つ60~70円するが100均は2つで100円。
100均で数少ない「損をしない食料品」である。

20170315-2.jpg

此方はセリアで買った色紙。通常の色紙の1/4サイズの121×136なので持ち運びしやすい。
何に使う気だ!?

20170315-2.jpg

また買ってしまった……(爆)。
というよりは前回の回数券の期限が3/26まででそれまでに使いきらなければいけなかったので尾道の桜をやろうとしたらどっちにしろ買わなければならない。
期限は一応夏の18までもつが、夏は出不精により18を使い切れる気がしない。
岡山まで行った後上郡まで上り、夏の関西1デイパスを使うという強引な方法はあるものの、姫路で新快速を使ってしまうと米原まで降りたくなくなる罠(畿内に留まると帰りはアーバンライナーにしたくなる)があるので昼まで岡山で過すとかもう上郡から和歌山まで行ってしまうとかそういう使い方になるような気がする。譲るでもいいけどね。

ほら少しずつ 見える世界を増やしていこう

20170312-3.jpg

18きっぷ1回分で自宅からどこまで行けるのか?
一度は考えたことがあるだろうこの疑問、私も何度か考えたことがあるのだが、これをやると駅という存在が単に乗り換えるためのためだけの存在になってしまう。
何度も言っているように鉄オタが大袈裟に言う完乗は多くが「移動しただけ」「通過しただけ」であり、その行為自体に何の価値もないと考えているので、見聞録では18きっぷというものは単に格安移動手段の一部であり乗ることが目的という訳ではない。

とはいえ妄想するだけならタダである。やってみるとしよう。

20170312-1.png

赤は事実上の終着(三次に関しては三江線最終列車浜原行きがあるが三次止まりにした)、青は次の日の体力、周辺の宿状況、時間を見て判断した現実的な終着駅である。

やはり小倉・博多辺りがラインのようだ。しかしはっきり言って余程金がない、頑固でなければリョービやさぬきといった夜行バスで予め目的地までの距離を縮めておいた方がいい。
亦、これを言ってしまっては元も子もないのだが、九州に行くならもう18より夜行+旅名人でいいし四国なら夜行+JR四国の各種フリーで間に合うしリョービで岡山から四国へ18で入国してもいい。

ほら、ワシに18きっぷ移動オンリーは不向きやないか……

名古屋→岡山~倉敷 6,700~6,900 回数券 4,400×4
名古屋→鳴門~高松・坂出・丸亀 5,600~7,600 割14 4,100~5,600
名古屋→高知 9,300
名古屋→松山 7,000~11,000
名古屋→三次・広島 7,050~9,050 割 6,400~
名古屋→米子・松江・出雲市 8,350~9,250 割21 6,300~7,000
名古屋→小倉・博多 7,500~11,500
名古屋→長崎 12,580
名古屋→熊本 8,000~12,500

(名古屋発南紀白浜行夜行欲しくない?)

20170312-2.png

見聞録ではおなじみとなりつつある岡山起点で考えるとこうなる。萩長門津和野ぐらいの距離だと余裕が出てくるので道の駅・自販機・駅巡り等の時間もありそうだ(というか見聞録はそちらがメインだが)。



青が刈谷から、黄が岡山から始めた場合。
一番大事なのはいろんなものをうまく使うことなのだろうと思う。

【第258話】広島県三原市 三原駅~尾道市

258v.jpg

【第258話】ふられる


広島2日目。先ずは恒例となった尾道散策から。

【第257話】広島県竹原市 憧憬の路~三原市

257v.jpg

【第257話】情熱をからだに吹き込んで


2003年から始まった憧憬の路も今年で14回目となる。路地裏見聞録としての憧憬の路はこれで3回目となるが、年を重ねる毎に「携わる側の人間になりたい」という気持ちが強くなっている気がした。