トップページ - 路地裏見聞録出張所

路地裏見聞録出張所

西日本に幸あれ。瀬戸内を信じろ

路地裏見聞録出張所女子力向上イベント「クラフトクエスト」 2

20170528-1.jpg

久しぶりに月刊誌を朝イチで買いに行った。

これまで複数のメディアでちらほらと伏線(マザー事務員の写真、伝説のアイドル重戦車(豆タンク母)等)があったのでいつか回収されるのだろう、キャラの肉付けでまだ余地があるのは事務員しかおらんとは思ってはいたものの、存在がイレギュラーであり非攻略対象である事務員の過去話をやるというのは愈々765もヤバいということである。
 しかし、この話は現代の有象無象のアイドル達から見て例えると、この物語は松田聖子やおニャン子倶楽部に憧れたバブル世代の子供の時代の話。この肥大化したアイドルマスターの素地となる源流の話は物語を作っていく上で不可欠と言えるのである。
亦、事務員は何故事務員になったのか?という疑問もこの連載で解決されていくことだろう。
但し、その疑問が解決された時この連載は左上のかんなぎの如く完結のカウントダウンが始まっている。始まりには終わりがあるものだが、何だか時限爆弾のカウントダウンが始まってしまった気もする。

話貯まったらOVA事務員出してもいいぞ(こう書くとOA機器にしか見えん)。

【第262話】愛知県犬山市 明治村2丁目

262v.jpg

【第262話】出会ってしまった市電


前回の続き。
人ごみに嫌気がさしつつあった時、私を救ってくれたのはやっぱり鉄道車両だった。
なんとも気持ちの悪い男に成長したもんだ。

きらきらきら 輝きを見逃さないで

20170523-1.jpg

今月分の見聞録を終え遂に話数は290、愈々300へのカウントダウンに入った。
アチラでは何度か言っているが、この後10月下旬まではデカい(話数を稼ぐ)話もないので300話は秋パスの備後落合辺りになると思われる。
流石にそこらのノートに見聞録300話達成なんですよテヘなんて自分勝手で他人にはとってどうでもいい報告をするつもりはないが、せめてこのブログの中だけでも祝賀ムードに浸ろうかと思う。

因みにこれからの予定であるがこのようになっている。

20170523-1.jpg

これを作ったのが先月の終りから今月始めあたりであったような気がするが、今日に至るまで今後のネタとして「岐阜レトロ」「大垣市」「冬にもハイクラス旅館を」「蟹!蟹!蟹!」と色々と事情が変わってきているので今後どうなるか定かではない。
南海トラフが発動するかもしれないし通り魔に刺されるかもしれないし暴走老人に「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と言い訳されるかもしれないしミサイルが飛んでくるかもしれない。ようわからん。
確定なのは来年路地裏見聞録が10周年を迎えるということだけである。宜しくお願いします。

路地裏見聞録出張所女子力向上イベント「クラフトクエスト」

先日「そろそろ暑くなってくるしシーグラスを探す機会も増えてくるだろうから色々と加工したい」と思ってどないしたらエエねんとネットの海を彷徨っていたら、ダイソーでミニルーターが800円で売っとるからそれ使って穴を開けろなる記述を発見したので早速いつもの100均へ行った。

しかしそうはうまくいかない。
この日の100均はなにやら慌ただしい。棚の商品も少なく商品の位置も変わっている。
どうやら模様替えだかリニューアルだかするらしい。なんだっそら、耐えられない。
隣街まで行ってリニューアル工事を見せられるよりはマシだが、出端を挫かれるというのは良い気分ではない。
グルーガンの替え芯は置いてあるくせにグルーガン本体は置いてない店内、早々にミニルーターは置いてないなと察したので、

20170522-1.jpg

レジンアクセサリーに挑戦、女子力を向上させることにした(爆)。

20170515-3v.png

簡単なものだとミール皿にコラージュペーパーを貼りレジン液を繰り返し流しこみ厚みを増していくやり方があるそうだが、今回は星型ビーズとシェルフレークを使ったレジンアクセサリーを作っていきたいと思う。

20170515-3v.png

レジンは紫外線に当てることで硬化する。
慣れたお姉様方はUVランプを使って場所を選ばず素早く硬化させるそうだがクラフト童貞のおっさんは男らしく太陽光線を当てて硬化させる。

20170515-3v.png

重ね塗りをし適当な厚さになったら色に合ったスエード紐を付けて完成だが……安っぽい。
100均素材なので「安っぽい」というより「安い」なのだが、見た目からして安っぽさが滲み出ているのはよろしくない。

20170515-3v.png

紐を変えてみた。スエードよりは良くなったが肝心のレジンアクセが小学生レベルなので使い物にならない(爆)。

調べてみると上級になると海塗りや宇宙塗りなるものもあるらしく、奥が深い。





うまい人のを見て勉強しつつセリアとかユザワヤに立ち寄ってクラフトチャームやフレーク等を集めてからやったほうがよさそうだ。


レベルが 1 あがった!




レベル80ぐらい。

飛騨牛Tシャツ 1940円

P5200010.jpg

【3】飛騨牛Tシャツ 1940円 三川屋欅店にて購入

1年半ぶりの登場だ!忘れていたのではない!それっぽいところに行ってなかったのと「冬にシャツ買うのって……」と思っていたからだ!ホンマに!

いつも選ぶに当たって如何にも有りがちなダサT(言っちゃうとI NY系)は避け、加えてデザインがいいものを選ぶようにしている。
今回は「飛騨牛系がエエなあ……でもそないうまいこと見つかるもんかね……」とか思っていたら簡単に見つかった(爆)。
どちらかと言えばTシャツというより前垂れ(帆前掛、単に前掛けとも言われる)的なデザインが魅力的である。

全く関係ない話をすると豊橋は日本一(と言うよりは日本唯一)の前掛けの産地であり、日本唯一の前掛け織職人芳賀正人氏が住んでいる。三河ってすごいところじゃろ?

大事な物さえ変わらなきゃ 寝ても覚めても愉快なり

20160611-1.jpg

お嬢7位で声が出るようになってホンマよかったのう……
登場から来月で5年、5年前はワシもまだモバゲ現役でやっておった頃じゃった……新エリアで広島が出てきてどんな子が来るんや思てたら来たのはガッチガチの先入観アリアリのステレオタイプの広島少女。
最初はあーあー言うてたけど、その後キャラの色づけがされていく過程で義理堅く、真っ直ぐな性格に段々惹かれていったよね。

【第140話】神様のいない火曜日 で何当たるかわからんキーホルダー買って一発でお嬢出した時はこれが愛情じゃ!事務員ほっぽり出してガッツポーズしとった気がする。ええんかそれ。


ただ、頼むから広島にゆかりのある人であってほしい。大阪を捨てた(から逃げた)猫のようになってしまってはいけない。このキャラは広島あってのキャラである。

(今回の決定で糸崎のノートにお嬢を描くハメになったかもしれない)


20160611-1.jpg

最近旅も雑記も隙あらば広島なのでたまには三河国民らしい事を書こう。



6月が近づいてくると見聞録グループとしてはこれを言わないといけない。

20160611-1.jpg

去年はこんな感じやったね。
私は山を登るには他人の力を借りねばならんので多分今年も下の方でなんかやっとる気がする。CBCのアレに映らないように気を付けたい(爆)。
今年4月三河湾沿いの桜をやるつもりだったのに訳あって断念してしまった謝罪も兼ねて蒲郡線に金を落としてこようと思う。
にしがま線応援団の人がおったら序でに「ノート置かせ」言うてもええんじゃが、ワシにそんなパワーはない。私書箱でも置いてくれ!長文で書いてやるから!
やるなら西幡豆・東幡豆・こどもの国!置いたらワシが宣伝したる!お前にそんな力はない?仰る通り!やられた!

乗って残そう蒲郡線!描いて遺そう木造駅舎!

ありがとう尾道駅 また「ただいま」と言えるその日まで

20170515-1.jpg

→ 尾道駅舎感謝イベント「ありがとう尾道駅舎」の開催について

本日2017年5月15日、1891(明治24)年の完成以降増改築を繰り返しながら125年間地元の人たちに愛され続けた尾道駅舎が営業を終える。

【第261話】愛知県犬山市 明治村1丁目

261v.jpg

【第261話】いざ明治村!


前回の続き。
実に4年半ぶりの明治村。はいいのだが……何だか人がめっちゃおるぞ!?大丈夫か!?

魂ごと揺らせ揺らせ 生命辿るHeralder

20170508.jpg

名鉄は時代を先取りし過ぎたあまり、時代が読めなくなってしまった私鉄である。
昨今東国のほうで時代遅れのように座れる電車を推しているが、名鉄にはご存じの通り一部特別車がある。
その昔バブル景気に沸いた頃には名古屋本線にも全車特別車がガンガン走っており、知立通過の全車特別車8両なんてものもあった。
その後バブル崩壊、レジャーの多様化、モータリゼーションによって全車特別車は今や空港線だけになってしまったが、愛知は中部唯一の人口増加県となろうとしているのだから、知立駅高架化工事、名古屋駅ホーム拡張工事が終わり次第本線の全車特別車特急も復活させるべきなのではないかと思う。



全車指定席と言えばパノラマDXもあった。これは現在の程度とは違いはあるものの豪華列車の先駆けとも言える車両だったのではないだろうか。
主要機器の流用や通路を挟んだ6人掛け座席、最高速度110km/h等苦しい部分も多々あったが、こんな車両もあるんだ!と当時の小僧をワクワクさせたものだ。

尚、名鉄の傑作「パノラマカー」は運転席が2階にあったが、パノラマDXは運転席を1階に置くことで展望席をハイデッカーにした日本初の車両でもある。
このパノラマDXが出たのは1984年。パノラマsuperが出てきたのが1988年。色々言われてはいたがパノラマsuperはもとより、数々の前面展望車に影響を与えたすごい車両だったのだ。と言うよりも当時の名鉄が凄かったのだ。



亦、全車特別車で変わりダネと言えばブルーライナーであった。
1000系にラッピングを施しただけの特急標準運行だったが、その異端とも言えるラッピングと名鉄イメージソング「しなやかな風」をアレンジしたミュージックホーンは名鉄ユーザーに強烈な印象を残し、私の中でもこの車両は名鉄の中で5本指に入る名車だと思っている。

ブルーライナーやパノラマDXのような観光特急は昔からあった。その一つが北アルプスである。
1965年に準急たかやま号が神宮前~高山で走り始め、急行へ格上げと共に飛騨古川まで延伸、最終的に1970年の特急「北アルプス」格上げで立山まで運行されることになった。
停車駅は神宮前 新名古屋 下呂 高山 富山 立山。5時間半をかけてディーゼルが南から北へ縦断。
当時は国鉄という存在があったためロングラン列車は珍しくなかったが、今思えば名鉄が特急ディーゼル車を作ったり、地下駅にディーゼルが入ったりと色々とトンデモないことが起きていた。
地方私鉄が国鉄線を走り他社私鉄に乗り入れたという実績、これが名鉄の栄華を極めた絶頂期であったことは言うまでもないだろう。



尚、昨今騒音だのなんだのと言われるようになったからなのかよう知らんがあまり聞かれなくなってきたらしいミュージックホーンだが、知立駅では新旧問わず今も変わらず毎日のように聞くことができる。
産まれてからこの方、沿線にしか住んだことがないため鉄道の音というものは環境音であり騒音などと考えたことは一度もなく、たまに目にする「このホテルは線路から近いので五月蝿いのがウィークポイント」というのも「何言っとんじゃコイツあんなもんご褒美やし五月蝿いなら何でその宿予約したんじゃボケ」ぐらいにしか思わないだけにクレームを言う気持ちが全く理解できない。

昔の人たちのようにミュージックホーンを時報代わりにするぐらい(真偽不明)のおおらかさが現代人には必要である。

【第287話】愛知県 刈谷駅~知立市



【第287話】花車と交わる昼の交差点に…


刈谷である用事を済ませタダ帰るだけでは面白くないといつもと違うことをする。
最初は雑記程度に済ませようと思っていたが、ある出来事に遭遇し没ネタ昇格。書いていくうちに本編昇格の異端ネタ。

※先行配信、286話終了後加筆修正